不動産マッチングサイト「JIBANGOO(R)」新たに空き家の物件情報を掲載!

~地方の人口減少により増え続ける空き家問題の解決へ~

“生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指す地盤ネットホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:山本 強、以下地盤ネット HD)は、子会社の地盤ネット総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役:山本 強)が開発した、スマートフォン端末対応のウェブサービス 「JIBANGOO(ジバングー)(R)」にて、「空き家バンク」の物件情報を2018年01月より掲載を開始いたしました。
※「空き家バンク」:
 国土交通省及び地方自治体が取り組んでいる、空き家の所有者と移住希望者を結びつける制度。人口減少に伴い今後も増加が予想される「空き家」について、購入希望者がインターネット上で条件にあった物件を見つけやすくすることで、不動産ビジネスの拡大とともに、地方移住の促進にもつながる。

 「JIBANGOO(ジバングー)(R)」では地盤ネットHDの子会社の地盤ネット株式会社が提供する「地盤安心マップPRO(R)」による地盤情報により、空き家物件の地盤情報も可視化され、自然災害や地震に対し、安心・安全な場所の空き家物件を探すことが可能で、安心・安全な場所への住み替えや移住促進に貢献します。

<JIBANGOO概要>

 現在の不動産価値は、路線価、立地、利便性などにより決まっており、都市部の人気の街に人口が集中する傾向です。その価値基準に、地盤の安全性は考慮されておらず、また消費者に積極的に知らされていないのが現状です。
 「JIBANGOO(ジバングー)(R)」は、地盤の安全性を見える化し、従来の不動産選びに「安全な場所に住み替える」という全く新しい価値基準を提案する不動産マッチングサイトです。
2017 年 2月 28日リリース後、約1年で利用ユーザーが6千人を突破、累計掲載物件数は1,300 件を超えるなど急増しています。

<ジバングー件数>

 ジバングー件数とは サイト内に掲載した物件(安全な場所)への住み替えが完了した
件数を表示しています。2018 年 02月 05日現在のジバングー件数は 426件となっております。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 地盤ネットホールディングス株式会社 >
  3. 不動産マッチングサイト「JIBANGOO(R)」新たに空き家の物件情報を掲載!