健診業務のペーパーレス化が在宅勤務・遠隔社員のヘルスケア向上に役立った理由【株式会社プラチナゲームズの導入事例を公開】

〜業務全般の効率化で管理部門もクリエイティブへ〜

クラウド健康管理システム「Carely(ケアリィ)」の開発・提供を行う、株式会社iCARE(https://www.icare.jpn.com)は、プラチナゲームズ株式会社のCarely導入事例インタビューを公開しました。
部門を問わず全社でクリエティブな働き方を目指すプラチナゲームズでは、健診業務の効率化を目的にCarelyを導入しました。感染対策で増えた在宅・リモート勤務などに対応できる包括的な健康管理体制を構築し、社員のケアの質向上に繋げています。これに続き、管理部門の業務全般の効率化に向けて動き始めています。
 

▲ヒューマンマネジメントグループ 人事労務チーム 森下氏
  • 内容
・本社・支社問わず遠隔でも包括的に把握できる健康管理体制の構築に成功
・情報把握の時間短縮化で、ケアが必要な社員へのアプローチの質向上
・健康相談窓口の有効活用で社員のヘルスケアサポートの実践
・健康管理の業務削減に続き、管理部門全体の業務改善推進へ
 
  • 導入事例インタビュー
当初の目的だった健診業務の効率化に加えて、その先の健康サポートに着手できるように

ーCarelyの導入背景としては、第一に健康診断の効率化だったと伺っています。詳しく教えていただけますか。

森下氏:
健康診断の効率化はずっとやりたいと思っていました。従業員も増えていく中、アナログな業務がすごく多いことに課題を感じていました。物量的にもさばくだけで精一杯になり、それこそクリエイティブな仕事ができていませんでした。
そこにコロナがやってきて在宅勤務になることで、そもそも紙のやりとりができなくなるので、急ぎツールを探し始めました。

ー他社サービスとの比較検討もされたかと思いますが、決め手を教えてください。

森下氏:
健診代行サービスは他にも様々ありますが、ただ業務の外部委託に終始するものばかりでした。そんな中、健診業務の効率化に加えて、受診した結果をデータとして社員の健康向上に活用できるシステム設計がなされているはCarelyだけでした。
その他にも、産業医とのやりとりやオンラインでの健康相談窓口など、健康管理を横串しで行えるところが決め手となりました。

ーありがとうございます!それではより具体的な部分を伺えればと思いますが、健診業務は導入前とどのように変わりましたか?

森下氏:
これまでは事務的な作業にかなり時間がかかっていました。例えば、受診案内に対して未回答の社員をリストでチェックして個別に回答を催促したり、紙で来た健診結果を配布する際も、机に置きっぱなしというわけにもいかないので対面で渡すために社員を探し歩いたりと、事務的な作業が多くて時間を取られることが課題でした。
Carelyではそれらを全て一括管理できるようになりましたし、結果がデータで見られることでやっとクリエイティブな業務に時間が使えるようになったと実感しています。

ーちなみに空いた時間で取り掛かれるようになった業務はありますか?

森下氏:
現在はCarelyでの健康管理の業務削減に続いて、管理部門全体の業務改善を進める準備をしています。今後継続的に業務削減できるようになれば、働き方改革の施策や人事研修などにも取り組んでいきたいと思っています。


何かがあったときの相談窓口として、人事を介さず第三者的な活用ができるのが魅力

ーまた導入理由にも上げられていた健康相談窓口ですが、御社は従業員様の利用率も高く、しっかり活用いただけている印象です。

森下氏:
これまでは何かあったときのかけ込み寺として、労務チームと産業医というリソースしかなかったので、なかなか産業医面談をメインに活用するのが難しいという実情がありました。Carelyの相談窓口だと、オンライン上のチャットということで従業員にとっても心理的ハードルも低いですし、人事を介さずに利用できる、第三者的な立ち位置ができるのがすごくよかったです。

ー森下さん自身も使っていただけたんですよね?

森下氏:
社員に周知するにあたって、実際にどんなものなのか私も使ってみました。私自身は元々健康に悩みがないタイプなので何を相談しようか悩んだんですが、本当に小さな質問にも丁寧に答えていただいて、回答の中に新しい発見があったりと、自信をもって社員に紹介することができました。

続きはこちらからご覧ください。
プラチナゲームズ導入事例
https://www.carely.jp/case/platinumgames-cojp-s/
 



【Carelyについて】

従業員の健康を守る労務管理を効率化するクラウドサービスです。バラバラに保管されている健康診断やストレスチェック、過重労働、面談記録などの健康情報をクラウドで一元管理し、人事労務担当者の業務効率化と健康管理の法令遵守を両立します。

Carelyの詳細はこちら:https://www.carely.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社iCARE 広報
TEL: 03-6416-1904
E-mail: info@icare.jpn.com
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社iCARE >
  3. 健診業務のペーパーレス化が在宅勤務・遠隔社員のヘルスケア向上に役立った理由【株式会社プラチナゲームズの導入事例を公開】