セールスフォース・ドットコム、武田薬品工業によるパーキンソン病患者を対象とした臨床研究へ技術提供

〜患者情報を包括的に管理・分析できる「Salesforce Health Cloud」を武田薬品工業へ提供〜

株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)はこのたび、地域医療課題解決に向け、武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 CEO クリストフ・ウェバー、以下「武田薬品工業」)が主導する、パーキンソン病患者における一気通貫のオンライン診療・服薬指導・処方薬配送の実現に向けた臨床研究に技術提供いたします。具体的には、患者情報を包括的に管理・分析できる機能を含む「Salesforce Health Cloud」を武田薬品工業へ提供いたします。なお、国内企業向けに「Salesforce Health Cloud」を提供するのは初めてです。
本臨床研究は、神奈川県におけるパーキンソン病患者に対するデジタルデバイスを用いた在宅モニタリングを含む診療、服薬指導および処方薬搬送をオンラインで実施する研究です。本臨床研究は、オンラインプラットフォームの実装に向け、患者、介護者、医師、医療機関、薬剤師の満足度、および実装に向けた課題を検討することを目的として本年7月より実施される予定です。臨床研究は、神奈川県内の複数の医療機関が参画予定です。(本プロジェクト詳細については、武田薬品工業が発表したプレスリリース(https://www.takeda.com/ja-jp/announcements/2020/collaboration-with-kanagawa/)をご覧ください。

このたびセールスフォース・ドットコムは、「Salesforce Health Cloud」を中心とした様々なプラットフォームを活用し、患者情報を包括的に管理・分析する役割として本臨床研究へ技術提供いたします。「Salesforce Health Cloud」は、医療、保険、製薬、医療機器業界向けに患者を中心に捉えたプラットフォームで、2015年に米国で提供開始されて以来、米国をはじめグローバルで多くの採用実績があります。このたび、武田薬品工業の「Salesforce Health Cloud」導入にあたり、当社パートナー会社であるデロイト トーマツ コンサルティング合同会社がシステム設計・開発を担います。

セールスフォース・ドットコムは、このたびの技術提供を通して、国内における一気通貫のオンライン診療・服薬指導・処方薬配送の実現が加速化するよう様々な支援を続けていきます。また、新型コロナウイルスがもたらした新しい日常において、今後とも患者情報と医療現場の情報連携を通じて、患者さんやご家族の負担が少しでも軽減するための支援ができるよう、医療業界におけるオンライン診療の取り組みを支援していきます。


セールスフォース・ドットコムについて
セールスフォース・ドットコムは、顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、デジタル時代において企業と顧客を近づけるお手伝いをしています。1999年に設立されたセールスフォース・ドットコムは、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソーシャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供します。セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボル CRM で取引されています。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社セールスフォース・ドットコム >
  3. セールスフォース・ドットコム、武田薬品工業によるパーキンソン病患者を対象とした臨床研究へ技術提供