​スギ薬局が10月3日にオンライン内定式・内定者懇親会をバーチャル空間「oVice」で実施します

日本各地に住む約600名の内定者に社長が祝辞を送り、内定者同士がバーチャル空間上で親睦を深めます

oVice株式会社(本社:石川県七尾市、代表取締役:ジョン・セーヒョン)の開発・提供するバーチャル空間「oVice(オヴィス)」を使用し、スギ薬局が日本各地に住む内定者約600人を集め、10月3日にオンライン内定式・内定者懇親会を開催します。社長が内定者に向けて祝辞を送り、内定証書の授与を行うだけでなく、内定者同士がバーチャル空間上で交流を行い親睦を深めます。

◆今年の内定式・内定者懇親会の実施状況
マイナビが行った調査(マイナビ 2022年卒大学生 活動実態調査(8月))によると、今年8月末時点で、内定式の詳細が決まっている企業の中では、オンラインで実施予定である企業が半数以上であり、従業員規模が大きくなるほどオンラインが増える傾向にあることがわかりました。

◆スギ薬局内定式・内定者懇親会
新型コロナウイルスの感染状況が見通せず、多くの企業が内定式や内定者懇親会をオンラインで行うなか、スギ薬局も約600名の内定者を集めてオンライン内定式を行うこととなりました。
  • 実施日時:10月3日(日)13:00~
  • 参加人数:約650名(運営側含む)
  • 内容:日本各地にいる内定者がバーチャル空間oVice上にアクセスし、内定式・内定者懇親会を行います。社長から祝辞を送り、内定証書の授与が行われるだけでなく、役員からの質疑応答や内定者同士の交流も行われます。

オンライン内定式の会場レイアウト

◆オンライン内定式・内定者懇親会開催の経緯:スギ薬局 人事部採用課
新型コロナウイルス感染症の影響で、昨年もオンラインで内定式を実施しました。式典自体は内定者に満足して頂けるものでしたが、内定者同士で入社前に交流をしたいなど声もあり、横の関係性が構築できないことを課題に感じていました。
内定者と運営側がアバターを介して交流することで、オンラインでありながら対面に近いやり取りができ、トップメッセージはもちろん、少しでも会社の雰囲気を知ってもらい、内定者同士の相互理解を深めてもらいたいと考えています。

◆oViceとは?アバターを使い交流する2次元のバーチャル空間。利用実績9000件以上。
oViceはウェブサイト上で自分のアバターを自由に動かし、相手のアバターに近づけることで簡単に話しかけられる2次元のバーチャル空間です。昨年8月のサービス開始から9000件以上利用されました。テレワークにおけるバーチャルオフィスとしてのみならず、展示からネットワーキングまで自由にできるオンライン展示会、自由に席替えができるオンライン飲み会など、さまざまな場面での活用が進んでいます。
自分のアバターに近い声は大きく、遠い声は小さく聞こえ、まるで現実の空間で話しているような感覚を味わうことができます。偶然聞こえてきた会話に簡単に参加でき、会話する中で生まれた新たなアイデアを形にしやすい環境を整えています。


◆会社概要
「人々の生活から物理的制約をなくす」ことをミッションに掲げ作られた、自由に動いて自由に話しかけられるバーチャル空間「oVice(オヴィス)」を開発・提供しています。2021年には週刊東洋経済の「すごいベンチャー100」に選出されました。oViceはサービスリリースからこれまでに9000件以上利用されています。
◆本件の問い合わせ先
oVice株式会社広報担当:media@ovice.co
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. oVice株式会社 >
  3. ​スギ薬局が10月3日にオンライン内定式・内定者懇親会をバーチャル空間「oVice」で実施します