WATCH NAVI初の写真展【四巨匠が見続けてきたファインダー越しの小宇宙】が12月1日より ISHIDA表参道にて開催

4名の “時計カメラマン” の作品16点を、ISHIDA表参道に並ぶ腕時計の数々とともに楽しめる企画展

株式会社 ワン・パブリッシング(東京・台東区/代表取締役社長:廣瀬有二)が発行する、読者の時計選びをサポートする上質な腕時計専門誌「WATCH NAVI」は、初の写真展「四巨匠が見続けてきたファインダー越しの小宇宙」を12月1日(火)〜13日(日)、ISHIDA表参道店内(東京都渋谷区神宮前4-25-15 B1F)にて開催します。
​本誌にて好評連載中の写真作品連載「ファインダー越しの小宇宙」で掲載してきた4名の“時計カメラマン”による作品計16点を、迫力あるサイズで鑑賞いただける写真展です。
期間中の編集長やカメラマンの在廊スケジュールなどの詳細については、WATCH NAVIの公式Facebookページにて最新状況を随時更新していきます。
◎WATCH NAVIの公式Facebookページ https://www.facebook.com/WATCHNAVI
◎WATCH NAVI Salon: https://watchnavi.getnavi.jp/

▲11月21日(土)に発売した最新号WATCHNAVI 2021Winter (Vol.80)(特別価格:本体864円+税)

WATCHNAVI写真展では、1990年代からの機械式時計の発展に写真を通じて貢献してきた4名の“時計カメラマン”の作品が共演。▼写真は「ゴールド」をテーマに岸田克法氏が撮影した、モリッツ・グロスマン「パワーリザーブ ヴィンテージ」



 
  • 4名の“時計カメラマン”と、編集長のコメント

・嶋田敦之氏
「素晴らしい企画に参加できて光栄です。WATCHNAVI編集部やBEST ISHIDAの方々、その他関係者の皆さんに深く感謝します。今後も精一杯いい写真を撮り続けるのでヨロシクお願いします」

・山口雅則氏
「今後の時計業界に、一石を投じる展示会になるかと思います。是非ご来店ください」

・岸田克法氏
「40年近くカメラマンをさせて頂いて、初めて自分の思い通りに撮影出来る1ページを頂き一年が経ちました。私にとってご褒美の様な企画です! 是非お時間が許す限り実際のプリントを見にいらしゃって下さい。4人の個性と出会える、雑誌とはまた違う体験になると思います。よろしくお願い致します」

・高橋和幸氏
「写真を通して時計の魅力を伝えたい。撮る方も楽しんで撮っているので、観る人も楽しんで観ていただきたいです」

・WATCHNAVI編集長 水藤大輔
「本誌の制作に関わって15年以上、私が駆け出しの頃からお世話になってきた時計界の大御所カメラマン4名による作品の共演となります。今回の写真展は私の編集長就任時からの念願でした。腕時計は、実物以上に大きく印刷されることで美しさがさらに際立つ稀有な存在。その奥深い魅力を、巨匠たちがファインダー越しに見続けてきた世界とともにみなさんと共有できたら幸いです」
 
  • イベント概要
WATCHNAVI写真展「ファインダー越しの小宇宙」
□開催期間:2020年12月1日(火)~13日(日)
□開催場所:ISHIDA表参道店内
https://ishida-watch.com/store/post/?entry=ishida-omotesando
(東京都渋谷区神宮前4-25-15エスポワール表参道ビル B1F)
□入場料:無料
◎WATCH NAVI Salon: https://watchnavi.getnavi.jp/




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ワン・パブリッシング >
  3. WATCH NAVI初の写真展【四巨匠が見続けてきたファインダー越しの小宇宙】が12月1日より ISHIDA表参道にて開催