オンライン診療サービス「Oops(ウープス)」を展開するSQUIZ(スクイズ)へ出資

プレミアアンチエイジング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松浦 清、以下「当社」)は、アンチエイジング事業におけるサービス領域を拡大するため、オンライン診療サービスにて実績を持つ株式会社SQUIZ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:平野 巴章、以下「SQUIZ社」)への出資を完了いたしましたのでここにお知らせいたします。
当社は現在化粧品の開発・販売を中心に事業展開を行っておりますが、今後アンチエイジングにおけるリーディングカンパニーを目指しており、これまでも他社との協業に関する出資を行ってきました。このたびの出資により、他社と協業するオープンイノベーションによる事業シナジー効果で、さらに競争優位性の高い新規事業開発を推進してまいります。
■出資の背景
当社においてはアンチエイジング領域にかかわる新規事業展開を推進しています。今後ますますICT技術の進化が見通される中、アンチエイジングにまつわるオンライン診療についても事業領域拡大を検討しております。

このたび当社が出資を行ったSQUIZ社は、ED*¹のオンライン診療サービス『Oops(ウープス)』と、AGA*²のオンライン診療サービス『Oops HAIR(ウープス ヘアー)』の二つのサービスを提供しております。双方とも医師による診療から処方薬のポスト投函まですべてオンラインで完結させ、医療機関受診のハードルを下げるサービスです。こうしたセンシティブな悩みに寄り添うSQUIZ社の取り組みに共感し、今後アンチエイジングにまつわるオンライン診療領域において当社とSQUIZ社の知見がシナジー効果を生むものと考え、出資を決定、完了いたしました。
*¹ 勃起不全 *² 男性型脱毛症


■SQUIZ社について
株式会社SQUIZはオンライン診療サービス・メンズウェルネスブランド「Oops(ウープス)」の運営会社です。「Oops(ウープス)」は、2021年4月に開始したオンライン診療で、第1弾はED(https://oops-jp.com/love/)、第2弾はAGA(https://oops-jp.com/hair/)で事業を展開。男性特有のセンシティブな悩みに対してデザインやデジタルコミュニケーションの力で、もっと相談しやすい場所つくりを行います。また、コンプレックス市場と呼ばれるネガティブなイメージも変革していくための情報発信や教育も行い、新しい価値観を世の中に提案しています。
 



■今後の取り組み
当社は、アンチエイジング事業における新規事業開発に取り組んでおり、化粧品事業で培った、「肌を美しく健やかに育む知見」を軸足に、美容・健康分野を中心にパートナー企業と連携を行っております。このオープンイノベーションは今後、業務提携、業務資本提携だけでなく、M&Aといった積極的な活動も視野に取り組んでまいります。
 

【株式会社SQUIZ 会社概要】
本社 東京都目黒区駒場1−5−2−401
設立日 2020年11月
事業内容 オンライン診療サービス提供業務
サービスHP https://oops-jp.com/

 



【プレミアアンチエイジング株式会社 会社概要】
本社 東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー8階
設立日 2009年12月
事業内容 化粧品・健康食品の企画、開発、輸出入、通信販売、卸及び小売り業務
企業HP https://www.p-antiaging.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. プレミアアンチエイジング株式会社 >
  3. オンライン診療サービス「Oops(ウープス)」を展開するSQUIZ(スクイズ)へ出資