「リージャスエクスプレス羽田空港第1ターミナル」5月31日(水)オープン!

~羽田空港から新たなワークスタイルを提案~

 

世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループの日本法人、日本リージャス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役カントリーマネージャー:西岡 真吾)は、レンタルオフィス、会議室、ビジネスラウンジとしてご利用いただける「リージャスエクスプレス羽田空港第1ターミナル」を羽田空港国内線第1旅客ターミナルのマーケットプレイス5階にオープンします。

レンタルオフィス、会議室、ビジネスラウンジはいずれも1時間単位でご利用いただけ、レンタルオフィスについては1カ月単位でのご契約も可能です。羽田空港という世界各国、日本全国を往来するすべてのビジネスマンにとって最高のビジネスロケーションにありますので、搭乗までの待ち時間や到着後すぐのご商談、会議等にぜひお役立てください。羽田空港国内線旅客ターミナルを管理・運営する日本空港ビルデング株式会社は、第1旅客ターミナル5階エリアに、ビジネスパーソンをターゲットとした複合商業施設を開発するビジネスモールプロジェクトを進めており、リージャスエクスプレス羽田空港第1ターミナルは、このプロジェクトの第1フェーズとしてオープンするものです。今後、2018年夏のグランドオープンに向けて『羽田で過ごしていただく』ための多様なニーズに応じた施設を順次展開していく予定です。

【施設概要(予定)】
・オープン日 2017年5月31日(水)
・所在地 羽田空港国内線第1旅客ターミナル マーケットプレイス5階
・名称 リージャスエクスプレス羽田空港第1ターミナル
・面積 約490㎡
・営業時間 8:00~20:00
・基本設備 オフィス部屋(37室)、ワークステーション(87席)、会議室(5室)、高速インターネット回線、WiFi ほか
※写真はイメージです。

リージャス・グループについて
リージャス・グループは柔軟なワークスペースを提供する世界最大の企業で、そのネットワークは世界100カ国以上1,000都市超える地域、3,000拠点に及びます。会員数は230万人で、業界で成功を収める大小様々な企業や起業家の方々にご利用いただいています。
リージャスでは、多彩なオフィスプラン、近年需要が高まるモバイルワークやバーチャルオフィス、障害復旧サービスの提供を通じ、予算やワークスタイルに合わせて仕事を行うことができます。
リージャスは1989年にベルギーのブリュッセルで創設され、スイスに本社を置き、ロンドン証券取引所(LSE:RGU)に上場しています。詳細については、www.regus.comをご覧ください。

日本におけるリージャス・グループ
日本法人の日本リージャス株式会社、オープンオフィス株式会社は、それぞれ高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国に運営しています。さらに2016年には、プロフェッショナルな人材や成長企業が新しい発想を生み出すためのビジネススペース「SPACES」も立ち上げ、より多くの皆様に快適なビジネス環境を提供してまいります。現在、全国24都市、約110拠点※1にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。
※1オープンが決定している拠点数は全国24都市、112拠点となります。(当リリース配信日現在)
最新の国内拠点住所情報一覧はhttps://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_02PR/を参照下さい。
センターについてのお問い合わせについても、https://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_02PR/の送信フォームからお送りください。
リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. リージャス・グループ
  3. 「リージャスエクスプレス羽田空港第1ターミナル」5月31日(水)オープン!