トライアンフモーターサイクルズジャパン「リコール発表」のお知らせ

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン株式会社(本社:東京都港区海岸 代表取締役:野田一夫)は、次の内容をセーフティーリコールとして国土交通省へリコール届出をしました。

トライアンフモーターサイクルのクーラントリザーバーホースの組み付けが不適切なため、マフラーと接触しているものがあります。そのため、そのホースがマフラーの熱により損傷し、冷却水が漏れ、最悪の場合、後輪タイヤに付着し、転倒するおそれがあります。

対象のモーターサイクルにはトライアンフ正規販売店にてクーラントリザーバーホースの組み付けの状態を点検し、不適切な場合は適切に組み付け直します。なお、そのホースが損傷しているものは新品に交換いたします。作業時間は約5分間です。

トライアンフにとってライダーの安全が最も重要と考え、今般のリコールを発表いたしました。

トライアンフは全てのリコール対象のお客様へこのお知らせと最寄りのトライアンフ正規販売店に連絡していただくためのダイレクトメールを発信いたします。

 
【リコール届出番号  外-2879】
対象モデルおよび車台番号の範囲

 

型 式 通称名 リコール対象車の車台番号の範囲、及び製作期間 リコール対象車の台数
2BL-DHJ1200 スピードツイン SMTDAD85H4K947694
      ~ SMTDAD85H4K951252

平成31年3月6日~平成31年3月16日
3
    合計 3

 

リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合があります。
お客様お問合せ先:トライアンフコール       TEL03-6809-5233
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社 >
  3. トライアンフモーターサイクルズジャパン「リコール発表」のお知らせ