MetaX、AIで不正広告の検出と削減を支援する「adChain Audits(アドチェーンオーディット)」提供開始

〜詐欺広告削減のためのメディア負担をブロックチェーンとAIで最適化〜

 BaseLayer株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 :競仁志、以下BaseLayer)が日本向けPR・マーケティングを担当している、トークンを使ったレジストリーシステムを史上初めて開発したプロジェクト<MetaX(メタエックス)>が、2019年2月25日より、AIを活用して詐欺広告を効果的に減らすサービス「adChain Audits(アドチェーンオーディット)」を提供開始いたしました。
■MetaX adChain Auditsとは :https://metax.io/ja/products/adchain_audits/

「adChain Audits」デモ画面 ※開発中のため、変更になる可能性があります「adChain Audits」デモ画面 ※開発中のため、変更になる可能性があります

■ライブフラウド検出機能で、不正広告をタイムリー検出

「adChain Audits」デモ画面 ※開発中のため、変更になる可能性があります「adChain Audits」デモ画面 ※開発中のため、変更になる可能性があります

 不正広告対策を専門とするブロックチェーンプロジェクト<MetaX>が、新サービスとして提供開始す「adChain Audits」。AIと人間の専門知識を活用してデジタル広告キャンペーンにおける詐欺を検出し無効化します。広告に対する各チャネルからのインプレッションの有効性と信頼性を測定することでサプライチェーンを最適化。各社マーケティング担当者が意図したターゲットへ、広告を通じて確実に対象者へリーチできるよう、「adChain Audits」がサポートします。ライブフラウド検出機能(Live fraud reduction)により、クライアントは自分で詐欺行為の存在を認識できるようになると、詐欺広告運用者が利用しているドメインやアプリを無効にすることができます。これは、キャンペーン後に詐欺行為の存在を知らされる場合と比較すると、ボットではなく、実際のユーザーから得られたインプレッションにより多くの資金を利用できるようになります。

 <AIと人間の専門知識の活用で、不正なボットトラフィックを20%から1%、
不正なサイトトラフィックを14%から3%に削減実績も!>

大手エンターテインメントスタジオに関する最近の調査によると、「adChain Audits」の手法を適用してから3週間以内にサプライチェーンが正常化され、顧客の不正なボットトラフィックを20%から1%、不正なサイトトラフィックを14%から3%に削減しました。

 ■「AdChain Audits」提供開始に期待の声集まる
<某化粧品会社 メディア担当兼副社長>
 世界的に有名な某化粧品会社のメディア担当を兼任する副社長は、次のように述べています。『アドフラウドを検出・善悪の判断を明確につけることが非常に困難なため、「AdChain Audits」でのキャンペーン管理は非常に有益であると思っています。トラフィックを購入して水増ししていたパブリッシャーを、否応なく採用していた時期もありました。そのパブリッシャーからのトラフィックが減ることを避けたかったからです。しかし、「AdChain Audits」を採用してトラフィックの流入元とその品質を分析することにより、メディアの広告を大きく改善できました。既存のアドフラウド検出技術では、ここまでの改善は不可能でした。』

■MetaX創業者兼CEO/Ken Brook氏コメント

<Ken Brook氏   MetaX ファウンダーCEO><Ken Brook氏 MetaX ファウンダーCEO>

 今回の「adChain Audits」サービス提供に際し、MetaXの創業者でありCEOのKen Brook氏は、『既存の不正広告検出技術だけでは顧客のデジタル広告キャンペーンの健全性を担保するのに十分ではありませんでした。「adChain Audits」の特徴である、AI 機能と人間の専門知識の組み合わせは、実際にデジタル広告キャンペーンに影響を及ぼしている隠された詐欺広告を見つけ、無効化するのを助けます。』とコメントを寄せました。






■MetaXとは

 MetaXはWeb2.0とブロックチェーン技術を活用してデジタルメディア品質の標準を底上げし、透明性のあるエコシステム確立を達成する広告ソリューションを開発しているプロジェクトです。広告業界は2090億ドルもの市場規模があるものの、詐欺広告により広告主は190億ドルもの損失を毎年出しているとの試算があります。「MetaX」は、史上初の分散型広告レジストリ『adChain レジストリ』を開発したことで知られており、イーサリアム上で運用されます。MetaXが発行しているadToken保有者は、コミュニティ内において、特定のドメインによる不正行為の有無やドメイン自体の品質を監査する役割を持ちます。adToken保有者は、承認、異議申し立て、投票によってadChain レジストリに登録される広告にまつわる意思決定に参画。ブロックチェーン技術が生み出す透明性を活かし、多くの目で監視し合うことで広告業界の正常化に繋げています。今回提供開始した「adChain Audits」は、詐欺広告を効果的に減らすサービスとしてMetaXの主力サービスの一つとして注目されています。

 ■「MetaX」関連サイト一覧
・公式サイト(英語     :https://www.metax.io/
・ホワイトペーパー(日本語):https://adtoken.com/uploads/white-paper-jp.pdf
・Facebook (英語)     :https://www.facebook.com/metaxchain
・Twitter(英語)        :https://twitter.com/metaxchain
・Telegram(英語)       :https://t.me/adChain
 
<プロジェクトに関するお問い合わせは、以下よりお願いいたします>
Mail(英語のみ):https://www.metax.io/contact/
 
この資料のご利用にあたっては配信会社HPに掲載されている【プレスリリースに関する当社方針】をご確認ください。
https://www.baselayer.asia/pr-policy/

 ■配信会社概要
会社名   : BaseLayer株式会社
所在地   : 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-14-5 第16スカイビル4階[福澤佑美1] 
代表者   : 代表取締役 競仁志
事業内容: 海外ブロックチェーンの日本向けPR・マーケティング・
      コミュニティマネジメントをワンストップで提供
TEL      :03-5775-1313
MAIL    :info@baselayer.asia
URL      : http://www.baselayer.asia/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BaseLayer株式会社 >
  3. MetaX、AIで不正広告の検出と削減を支援する「adChain Audits(アドチェーンオーディット)」提供開始