多摩美術大学が誰もが参加できる“デザインの大学”を期間限定開校。これからの時代に、必要なデザインとは何なのか?

東京ミッドタウン・デザインハブ第94回企画展「Tama Design University」12月1日〜26日開催

学校法人多摩美術大学(所在地:東京都世田谷区、理事長:青柳正規、多摩美術大学学長:建畠 晢)は、東京ミッドタウン・デザインハブにおいて第94回企画展「Tama Design University」を12月1日より開催します。
この企画では、デザインの先端領域および隣接する分野、社会的なテーマに着目し、それぞれに問いを立て、多彩なデザインについての講義を学内外のデザイナーや研究者などを招いて行います。会場ではヴァーチャル大学としてのデモンストレーションや展示を行い、教室を模したステージでは誰もが無料で聴講可能な講義を実施し、その模様はライブ配信もします。


◎企画概要
名称:東京ミッドタウン・デザインハブ第94回企画展「Tama Design University」
会期:12月1日(水)~ 12月26日(日) 11:00 ~ 19:00 会期中無休/入場無料
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:多摩美術大学 TUB  https://tub.tamabi.ac.jp/
 

 

デザインの最先端×ヴァーチャル大学×期間限定開校
2000年代になって、デザインは急速に社会に浸透していきました。ソーシャルデザイン、コミュニティーデザイン、デザイン思考、インクルーシブデザインのように、その対象はかたちあるものだけではなく、関係や考え方、社会的な制度までに及んでいます。我々は今、環境をはじめとした様々な課題や、テクノロジーによる急減な変化と向き合っています。その状況の中でどうデザインするかの前に、何をデザインしていくべきなのかを問い直していくことが重要ではと考えました。
多摩美術大学は、自らの枠にとどまらず、第一線で活躍されている研究者、実務家をお招きして、これから重要と思われるデザインについて伝え、共に考えるための場をつくることにしました。
デザイナーはもちろん、研究者、今までデザインに触れてこなかった方々まで、誰もが参加できる期間限定のヴァーチャル大学“Tama Design University”を東京ミッドタウン・デザインハブに開校します。

◎講義内容の一例
大学教員・研究者からデザイナーや編集者など多彩なジャンルの実務家を招いて講義を公開します。
「世界を変えるARのデザイン」石塚 尚之(Niantic Staff UX Designer)
「人を助ける音のデザイン」伊福部 達(東京大学先端科学技術研究センター 研究顧問/東京大学名誉教授)
「社会・環境への無関心を好奇心に変える教育デザインとは?」上田 壮一(一般社団法人シンク・ジ・アース理事)
「可逆デザイン — デザインにUndo機能を実装する(ことは可能か?)」久保田 晃弘(多摩美術大学教授)
「共創で社会をつなぐ、ソーシャルデザイン」田中 美帆(株式会社cocoroé/多摩美術大学非常勤講師)
「今後の交通・人流・物流のデザイン」西成 活裕(東京大学先端科学技術研究センター教授)
「みんなのデザイン - Design by Peopleの時代」長谷川 敦士(武蔵野美術大学教授/株式会社コンセント代表取締役社長)
「ウェルビーイングデザイン」前野 隆司(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)
「何を可視化するのか?」三澤 遥(日本デザインセンター 三澤デザイン研究室 室長/デザイナー)
「Future of Work のデザイン」山下 正太郎(コクヨ株式会社ワークスタイル研究所所長/WORKSIGHT 編集長)


◎会場イメージ

 


デザインハブの会場ではヴァーチャル大学として教室やアトリエの雰囲気を再現。作品展示、3Dプリンター、カッティングマシンなどデジタルファブリケーションを使ったデモンストレーション、来場者が制作体験できるワークショップの開催も予定しています
詳細はホームページ上で随時案内します。

 



■東京ミッドタウン・デザインハブについて
2007年4月に開設されたデザインネットワークの拠点です。デザインのプロモーション・職能・研究教育という異なる役割を担う機関が連携し、デザインによって 「人」「ビジネス」「知識」 を結びつけ、展覧会やセミナーの開催、出版などで情報を発信しています。(構成機関:公益財団法人 日本デザイン振興会、公益社団法人 日本グラフィックデザイン協会、多摩美術大学 TUB)
東京ミッドタウン・デザインハブ WEBサイト https://designhub.jp/

■多摩美術大学 TUB 基本情報
英語名称:Tama Art University Bureau
名 称:多摩美術大学 TUB
所在地:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F(デザインハブ内)
面 積:151.54平方メートル
ディレクター:和田達也教授、永井一史教授

■多摩美術⼤学 TUB について
2021年4⽉、東京ミッドタウン・デザインハブ(所在地:東京都港区)に、デザインやアートが持つ創造性と美意識を社会とつなぐ場として開所。“まじわる・うみだす・ひらく” をコンセプトに、多摩美術⼤学の様々なステークホルダーや企業、社会⼈と行うオープンイノベーションによる新しい価値の創出、学⽣だけでなく⼦どもから社会⼈まで幅広い層に向けたデザインやアートのプログラムの提供、学⽣作品の展⽰・発信を⾏います。 
https://tub.tamabi.ac.jp/

■学校法⼈多摩美術⼤学について 
理事⻑:⻘柳正規
多摩美術⼤学 学⻑:建畠 晢
所在地:〒158-8558 東京都世⽥⾕区上野⽑3-15-34
創 ⽴:1935年
⼤学概要:創立以来「もの派」を牽引した関根伸夫、菅木志雄ら、またデザイン界でも三宅一生や深澤直人、佐藤可士和など世界を舞台に活躍する才能を数多く輩出。東京都世田谷区と八王子市に2つのキャンパスを持ち、絵画、彫刻、工芸、デザイン、建築、映像、演劇、舞踊、芸術学などアート、デザインから身体表現までを網羅する10学科と大学院を設置する美術系総合大学です。 
https://www.tamabi.ac.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 多摩美術大学 >
  3. 多摩美術大学が誰もが参加できる“デザインの大学”を期間限定開校。これからの時代に、必要なデザインとは何なのか?