アマナのプロトタイピング・ラボラトリーFIGLAB「DESIGNART TOKYO 2019」に参加

〜日本最大級のデザイン&アートの祭典期間中、3つのプロジェクトにてデジタルアート作品を開発〜

さまざまなビジュアルコミュニケーション事業を展開するアマナグループの株式会社アマナデザイン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:澤 幸宏)にて、ビジュアルコミュニケーション・テクノロジーを追求するプロトタイピング・ラボラトリー「FIGLAB(フィグラボ)」はこの度、日本最大級のデザイン&アートフェスティバル「DESIGNART TOKYO 2019(デザイナート・トーキョー2019)」期間中、FIGLABが誇るビジュアルコミュニケーション・テクノロジーと共に、3つの企業展示に協力します。
 


FIGLAB」は、2013年に始動して以来、テクノロジー、デザイン、エンジニアリングを通して表現を拡張する試みを行ってきました。そのアプローチはドローンやロボティクス、ディープラーニングなど領域を問わず広がり続けています。活動の根底にあるのは、視覚表現を用いてアイディアやコンセプトを形にする「ビジュアルコミュニケーションを実現する」という考え方。近年では、ラボラトリーとしての技術拡張に留まらず、アイディア実現の手法を異なるフィールドの企業・集団との〈ビジュアル表現とテクノロジーを基軸とする共創関係〉の中で追及し、さらなる表現の深化と新たなビジネス創出の可能性を広げています。

「ビジュアル」を核としながら、組織の垣根を超えて互いに思考し、画像、映像、インスタレーション、プロダクトといった多様な形態でそのアウトプットを発信している「FIGLAB」が誇る多面的なアプローチによるビジュアル表現の可能性を、3つの展示エリアでご体験下さい。
 
  • DESIGNART TOKYO 2019概要
http://designart.jp/designarttokyo2019/

会 期 : 2019年10月18日(金)~10月27日(日) ※会期中無休
会 場 : 表参道・原宿・渋谷・代官山・六本木などをメインに都内100会場超
入場料 : 無料
主 催 : DESIGNART実行員会
助 成 : 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
 
  • FIGLAB展示ベニュー

(1) 海外初進出『エルサレム・デザイン・ウィーク(JDW)』×『DESIGNART TOKYO 2019』
http://jp.jdw.co.il/ja/info/
http://designart.jp/designarttokyo2019/exhibitor/garden-of-eden-at-spiral-garden/

※イスラエルのアーティストとFIGLABとの共作


4台の電子ペーパーモニターを使った、イスラエルのアーティスト4名の作品を制作。今年6月に開催されたエルサレム・デザイン・ウィークへの出展、その後7月に開催した「FIG OUT」展で電子ペーパーがイスラエル大使館の目にとまり、今回の出展となりました。 

紙の長所とされる視認性を保ちながら、表示内容を電気的に書き換えられる電子ペーパーを作品の新たな支持体と捉え、電子ペーパーにおける表現の可能性を探った作品。現在も発展途上にある本メディアを用いて、その特徴を引き出すコンテンツを「FIGLAB」にて制作・展示しています。

時 間 : 11:00~20:00
会 場 : スパイラルガーデン(東京都港区南青山5-6-23 スパイラルガーデン1F)
協 賛 : 多数
協 力 : AMAN KYOTO、MOIWA RESORTS OPERATION GK、 MATSUMIDORI BREWERY CO., LTD、株式会社アマナデザイン
後 援 : イスラエル大使館

事務局 : エルサレム・デザイン・ウィークPR事務局(SivansS株式会社内)
TEL/03-6812-9495、E-mail/press@sivans.jp(担当:森山様)
 
(2)New Communication Lab
~参加者の方々のリアクションが空間演出に転換されるプロトタイプを展示する空間~
http://www.nomlab.jp/jp/news/detail/21

※詳細は下記リリースをご参照ください。
https://www.nomurakougei.co.jp/uploads/news/attachments/1/b19d8549a336d6eb8033d43cf94a519757d8d364812b8201e1a701d959c6c834.pdf

MATERIAL VISION
※株式会社 乃村工藝社との共作

「デジタルイノベーション×場づくり」をテーマに新しい集客創造を目指す乃村工藝社グループのイノベーション・ラボラトリー「NOMLAB(ノムラボ)」と共同制作した素材を使って表現する、映像と空間の新たな関わり方を模索するプロトタイプ。温度で色の変わるインクを表面に塗装し、その背面から温度を制御することで様々な色を映し出します。
 


時 間 : 10:00~19:00 ※18日のみ16:00まで、18:00以降レセプション(招待制)
会 場 : dotcom space Tokyo(東京都渋谷区神宮前1-19-19 エリンデール神宮前B1F)

企画・ デザイン: 株式会社 乃村工藝社 NOMLAB
http://www.nomlab.jp/jp/

(3)GLASSMART展
~「GLASS x SMART x ART」で実現する未来空間~
http://designart.jp/designarttokyo2019/exhibitor/2019_glassmart-exhibition-at-agc-studio/
※コンテンツ制作での協力

「ガラスで魅せるちょっと先の未来」
GLASSMART展はGLASS(ガラス)× SMART(テクノロジー)× ART(空間デザイン・演出)を掛け合わせたコンセプトを打ち出し、国内ガラスメーカー最大手のAGCと空間デザイン内装最大手の乃村工藝社が協業を通してコラボレーションした展示イベントです。 
 


時 間 : 10:00~18:00
会 場 : AGC Studio
主 催 : AGC株式会社、株式会社 乃村工藝社
協 賛 : オンキヨー株式会社、凸版印刷株式会社、株式会社日本の窓、FIGLAB、株式会社アマナデザイン

企画・ デザイン: 株式会社 乃村工藝社
 
  • エイチ(H)メディア主催トークセッション
https://h-media.jp/event/20191025/

期間中、スパイラルガーデンでは、アマナが運営するコミュニケーションプラットフォーム「H(エイチ)」との共同企画として、イスラエルアート作品の中で行なわれるトークセッションを行います。展示作品の見所を紹介するとともに、魅惑的なイスラエルのアートと文化を解き明かします。

タイトル:
「謎に包まれた、イスラエルのアート&カルチャーに迫る」

日 時: 2019年10月25日(金) 19:00〜20:30(18:30開場)

登壇者: 
・アナット・サフラン氏(エルサレム・デザイン・ウィーク/アートディレクター)
・アリエ・ロゼン氏(駐日イスラエル大使館/文化・科学担当官)
・新村 卓宏(FIGLABテクニカルディレクター/マネジャー)
・横山 徹(FIGLABテクニカルディレクター/プログラマー)

料 金: 1,000円
申込み: https://peatix.com/event/1349902/view
 


▼「FIGLAB」とは
http://figlab.jp/

新しい技術を使い、「手を動かしながら考える」ことで、アイディアを即座に具現化・視覚化し、より高いレベルでの課題解決を目指すアマナのビジュアル・コミュニケーション・テクノロジーを追求するプロトタイピング・ラボラトリー。オープンイノベーションの場として、映像/グラフィック/エンジニアリングなど多様な分野とコラボレーションし、あらたな表現と価値を生み出している。主にイベント・広告領域で活動。


  ~「ビジュアルコミュニケーションで世界を豊かにする。」アマナは今年、40周年を迎えました~
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アマナ >
  3. アマナのプロトタイピング・ラボラトリーFIGLAB「DESIGNART TOKYO 2019」に参加