プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

渋谷スクランブルスクエア株式会社
会社概要

SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)「ALL QWS共創プロジェクト」始動!

企業・自治体・大学など総勢123のステークホルダーとの共創広告を渋谷駅構内に掲出/掲出期間:2023年3月20日(月)~3月26日(日)

渋谷スクランブルスクエア株式会社

「渋谷スクランブルスクエア」15階に位置する共創施設「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ/以下、QWS)」(本社:東京都渋谷区、運営会社:渋谷スクランブルスクエア株式会社)は、企業・自治体・大学など総勢123団体との共創広告を、渋谷駅構内の巨大広告スペースに2023年3月20日(月)~3月26日(日)に掲載します。
これは、QWSが当施設で活動する会員「株式会社GEKI(以下、GEKI)」との共同企画により、同じくQWS会員として活動する方々や連携パートナーなど、総勢123団体のステークホルダーと共創した「ALL QWS共創広告」です。123団体の中身も幅広く、企業、自治体、スタートアップ、学生、個人事業主、大学、NPO等、QWSという施設に関わる方々の多様さが表れています。
特設サイトURL:https://all-qws-ad.com ※3月20日(月)公開

 

 

広告には、123団体のロゴとQWSで取り組んでいる各団体の「問い」を掲載しており、各団体が現在取り組んでいるもしくはこれから取り組もうとしている多様な「問い」に触れることができます。さらに広告に記載しているQRコードを読むと特設サイトに遷移し、そこからQWSで活動する会員にアプローチすることができるなど、広告だけに留まらず、さらなる共創が生まれる仕組みになっています。

さらに、世の中に熱意を持ったチャレンジャーを増やすべく、採択されるとQWSを3カ月間無料で利用できる公募制プログラム「QWSチャレンジ」15期の募集を行っています。応募者向けの説明会を3月23日(木)にQWSおよびオンラインにて開催予定です。

【掲出イメージ】

▲掲載イメージ

▲メインコピー                                 ▲問いのイメージ
  • ALL QWS 共創プロジェクト(以下、本プロジェクト)実施内容
・2023年3月20日(月)~3月26日(日)の期間中、渋谷駅構内にQWSの巨大広告を掲載
・広告ビジュアルにQWS所属会員および連携パートナーのロゴ/問いの掲載
・QWSで問いを持っている会員にアプローチができる特設サイトを広告に合わせて開設
 
  • 本プロジェクト実施の目的
QWSは「渋谷から世界に問いかける、可能性の交差点」をコンセプトに、多様なバックグラウンドや活動領域の人たちが交差交流することで、“新しい社会価値につながる種”を生み出すことを目指す会員制の共創施設です。QWSではイノベーションを目的に置かず、まず問いや課題を起点に取り組むことが重要であると考えており、施設内では世代・領域を問わず多様なひとびとが混ざり合いながら、価値創造に向けて対話とコラボレーションを繰り広げています。
今回はそれを体現するために、QWSのコミュニティ「Scramble Society」に属する仲間がそれぞれの問いとともに集い、共創することで完成した屋外広告を掲出します。
この企画を通じて、QWSでは所属や立場が全く異なる会員が共創し新しい社会価値の創出に挑んでいることを届けるとともに、それぞれQWSで挑戦しているチャレンジ自体の露出も増やしていくことで、世の中に熱意を持ったチャレンジャーを増やすことを目的としています。

 

  •  今回の共創メンバー
企業(26)、自治体(9)、大学(7)、コモンズ会員(19)個人会員・プロジェクト会員(41)、その他連携パートナー(21) など 計123団体
 
  • チャレンジャー求む!QWSチャレンジ15期生募集中!
応募者向け説明会:3月23日(木)18:00~@SHIBUYA QWS クロスパーク&オンライン
申込URL:https://shibuya-qws.com/event/qws-challenge/20230323
QWSチャレンジはビジネス、アート、テクノロジー、デザインなど多様な領域のプロジェクトに応募いただける支援プログラムです。採択されたプロジェクトは3カ月間無料でQWSを活用でき、それぞれの「未知の価値」 を目指して活動します。必要となるのは自らの感性に基づいた自発的な「問い」のみです。
採択されると、下記の支援が受けられます。

※SHIBUYA QWSの価値に共感する支援者コミュニティ「QWSコモンズ」とのメンタリングや、各種プログラムの提供を含みます

【SHIBUYA QWS TOPICS】

SHIBUYA QWSはまだ世の中にない新しい社会価値の創出に挑戦するプロジェクトの支援を行ってきており、2019年11月の開業以来、その数は2023年2月末時点で220を超えました。現在は約70プロジェクトが活動しております。

<プロジェクト事例:プレーリーカード>

 

個人がいくつも肩書きを持ち、SNSや複数のコミュニティで自由に活動し、繋がり方が多様化する現代。「プレーリーカード」は従来の名刺の役割をアップデートし、個人のさまざまな側面を多面的に伝えることで、出会いを豊かにし、「はじめまして」のコミュニケーションをデザインします。スマートフォンをかざすだけで情報交換ができる「デジタル名刺」に加え、名刺には掲載しきれない情報をまとめるためのウェブアプリケーションを開発し、2023年2月7日(火)にサービスを正式リリースしました。

 
  • 本プロジェクト発足経緯や今後について
今回のプロジェクトが生まれたのはQWSの運営者とQWSで活動する会員が出会ったことがきっかけです。出会いの場はQWSが提供するメンタリングプログラム「スクランブルミーティング」。本プロジェクト発足経緯やプロジェクトに込めた想い、今後についてを対談形式でお届けします。
サイトURL:https://shibuya-qws.com/movement/co-creativeadvertising2023

スクランブルミーティングとは:

15分のセッションを計5回繰り返すメンタリングプログラムです。
フィードバックを受けながらプロジェクトで生まれた「問い」を磨く機会を提供しています。
「自分とは全く違う視点を面白がること」を重要視しており「Scramble Society」の多様な領域のプロフェッショナルにメンターを務めていただきます。
https://shibuya-qws.com/program/scramble-meeting
  • 越境支援者コミュニティ「QWSコモンズ」からのコメント
※QWSコモンズ:QWS会員の一種。各分野で活躍しているリーディングプレイヤーなど、QWS の価値に共感し会員を⽀援するコミュニティ

 

  • QWSチャレンジ15期生応募について
詳細URL:https://shibuya-qws.com/qwschallenge15
【応募資格】
1.プロジェクト実施期間中は、SHIBUYA QWSを主要拠点として活動できること
2.3名以上のグループであること ※プロジェクトメンバーの上限は10名とします

【採択基準】
1.可能性:未知の価値を創発する、可能性のある「問い」か?
2.自発性:自らの感性に基づいた、自発性のある「問い」か?
3.具体性:「問い」に応答する、具体性のあるプロジェクトか?

【採択スケジュール】
募集期間     : ~2023年3月31日(金)23:59(日本時間)
採択結果通知   : 2023年4月上旬予定
入会説明会    : 2023年4月13日(木)
無料活動期間   : 2023年5月1日(月)~7月31日(月)
QWSステージ : 2023 年7月27日(木)

【審査員】敬称略、順不同
・阿座上 陽平(株式会社Zebras and Company 共同創業者  代表取締役)
・麻生 要一(株式会社アルファドライブ 代表取締役 兼 CEO)
・石川 直宏(元サッカー日本代表/FC東京クラブコミュニケーター/NAO's FARM 農場長見習い)
・榊原 潤(明治大学 理工学部教授)
・近藤 洋子(一般社団法人日本女性起業家支援協会 代表理事/日本ママ起業家大学 学長)
・新 和博(W株式会社 代表パートナー)
・Daniel Harris Rosen(アート・エイジェンシーTokyoDex クリエイティブディレクター  代表)
・丹下 健(東京大学副学長・社会連携本部副本部長)
・永見 世央(ラクスル株式会社 取締役CFO)
  • About SHIBUYA QWS
SHIBUYA QWSは多様な人たちが交差・交流し、社会価値につながるアイデアや新規事業を生み出すことを目指した共創施設です。2019年11月の開業以来、QWS独自のプログラムを提供し、まだ世の中にない新しい社会価値の創出に挑戦する220を超えるプロジェクトを支援してきました。既に社会実装をして複数のエンジェル投資家やベンチャーキャピタルからの資金調達を得たスタートアップやプロジェクトも出てきています。

<施設概要>
名称 : 渋谷スクランブルスクエア/SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE
事業主体 : 東急㈱、東日本旅客鉄道㈱、東京地下鉄㈱
所在 : 東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号
用途 : 事務所、店舗、展望施設、駐車場など
延床面積 : 第Ⅰ期(東棟)約181,000㎡、第Ⅱ期(中央棟・西棟)約96,000㎡
階数 : 第Ⅰ期(東棟)地上47階 地下7階、
第Ⅱ期(中央棟)地上10階 地下2階、(西棟)地上13階 地下5階
高さ : 第Ⅰ期(東棟)約229.7m、第Ⅱ期(中央棟)約61m、(西棟)約76m
設計者 : 渋谷駅周辺整備計画共同企業体
※㈱日建設計、㈱東急設計コンサルタント、㈱JR東日本建築設計、
メトロ開発㈱
デザインアーキテクト : ㈱日建設計、㈱隈研吾建築都市設計事務所、㈲SANAA事務所
運営会社 : 渋谷スクランブルスクエア㈱
※東急㈱、東日本旅客鉄道㈱、東京地下鉄㈱の3社共同出資
開業 : 第Ⅰ期(東棟)2019年11月1日 第Ⅱ期(中央棟・西棟)2027年度
URL : https://www.shibuya-scramble-square.com

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
位置情報
東京都渋谷区イベント会場
関連リンク
https://shibuya-qws.com/qwschallenge15
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

渋谷スクランブルスクエア株式会社

12フォロワー

RSS
URL
https://www.shibuya-scramble-square.com/
業種
商業(卸売業、小売業)
本社所在地
東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア17階
電話番号
03-4221-4280
代表者名
山中淳郎
上場
未上場
資本金
1000万円
設立
2015年07月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード