補正予算案を提出・総額50億4千万円分のプレミアム付商品券事業を提案

豊中市は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響をうけた地域経済再生のため、消費喚起策を盛り込んだ補正予算案を市議会臨時会(7/29招集・8/5開催予定)に提出します。市内店舗で使用できる紙とデジタルの商品券を発行するプレミアム付商品券事業として提案します。


〇プレミアム付商品券事業
内容:規模を問わず登録された全店舗で使用できる商品券と中小店舗でのみ使用できる商品券を総額504千万円(6,000円×84万冊《紙:64万冊、デジタル20万口)分発行。

使用可能期間:令和3年12月1日から令和4年2月28日まで(予定)

対象者:豊中市民

購入上限:紙各4冊まで・デジタル(中小店舗券のみ)2口まで 合計10口

商品券の種類
《全店舗券》
・紙:6,000円分(500円券×12枚)を5,000円で販売(プレミアム率20%)

《中小店舗券》
・紙:6,000円分(500円券×12枚)を4,500円で販売(プレミアム率約33%)
・デジタル:6,000円分を4,500円で販売(プレミアム率約33%)
※購入上限10冊で1万3千円のメリット(商品券6万円分を4万7千円で購入可能)

予算額:13億8千万円
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 豊中市 >
  3. 補正予算案を提出・総額50億4千万円分のプレミアム付商品券事業を提案