在日クルド人に、幸せな暮らしが約束されないのは、なぜ?「国を持たない世界最大の少数民族」クルド人の歴史と、在日クルド人社会がわかる、ヤングアダルト・ノンフィクション

合同出版株式会社では、2022年11月30日にAmazonや楽天ブックス、全国の書店等で『ぼくたちクルド人 日本で生まれても、住み続けられないのはなぜ?』を刊行いたします。

差別や迫害から逃れ、日本で暮らすクルド人は、90年代から増加し、現在は約2000人と言われています。そのうち半数が「在留資格がない」不法滞在の状態に置かれています。「在留資格」がないと、就労ができず、公的医療保険に入ったり、生活保護を受けることもできません。そんな状況の中で、在日クルド人の子どもやその家族は、どんな夢を持ち、どんな暮らしを送っているのでしょうか?


知らなかった在日クルド人社会がわかる、ヤングアダルト・ノンフィクション!




巻頭では、在日クルド人の暮らしが口絵で紹介されている


 
日本で「在留資格」などが認められず、「仮放免」の状態になると、日常のさまざまなことが制限される。「仮放免」が「屋根のない収容」と言われるのは、そのためだ。



進学や就職の適齢期を迎えた在日クルド人の子どもたち。「在留資格」がないため、さまざまな壁にぶつかっている

 
  • 目次
第1章 在留資格をください
第2章 国家なき悲劇の民族
第3章 一度だけの国家樹立
第4章 ワラビスタンに暮らすクルド人たち
第5章 11歳のハッサンが日本にやってきた
第6章 「難民鎖国」ニッポン
第7章 入管に収容されたクルド人
第8章 仮放免では生きていけない
第9章 クルド人の子どもたちの夢はどこにいくのか?
第10章 ハッサンの夢は叶うのか
 
  • 書籍情報
『ぼくたちクルド人  日本で生まれても、住み続けられないのはなぜ?』
https://www.godo-shuppan.co.jp/book/b613803.html

【著】野村 昌二

□定価=本体1,800円+税
□A5/160ページ
□ISBNコード:978-4-7726-1515-0

□Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4772615156?SubscriptionId=AKIAIBX3OSRN6HXD25SQ&tag=godoshuppan-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4772615156

□楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/search?sv=30&v=2&oid=000&f=A&g=001&p=0&s=0&e=0&sitem=9784772615150
 
  • 著者情報
●野村昌二
1964年、広島県生まれ。英文誌の出版社、ノンフィクションライターなどを経て、2010年からニュース週刊誌「AERA」(朝日新聞出版)記者。2011年の東日本大震災では現地で取材をする。難民、入管問題、格差、貧困、マイノリティの問題を中心に執筆。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同出版株式会社 >
  3. 在日クルド人に、幸せな暮らしが約束されないのは、なぜ?「国を持たない世界最大の少数民族」クルド人の歴史と、在日クルド人社会がわかる、ヤングアダルト・ノンフィクション