ペン入力タブレットによるクレジットカード入会申し込み受付開始について

当行は、グループ会社の株式会社アプラス(東京都千代田区、代表取締役社長 渡部 晃、以下「アプラス」)が発行するクレジットカードについて、すべての個人のお客さま向け店舗における入会手続きについて、ペン入力タブレットでの対応を2017年12月18日より開始いたしました。
当行では、リテール店舗での事務の最適化のため、2016年7月から口座開設などの業務にペン入力タブレットを導入しております※。今般、ペン入力タブレットでの対応業務を、当行が媒介を行うアプラス発行のクレジットカードの入会受付に拡大するもので、これにより、お客さまの入会申し込みの負担を軽減するとともに、店舗での事務処理を削減し、資産運用コンサルティングサービスの強化を目指します。

 お客さまが店頭でアプラス発行のクレジットカードの入会を希望される場合、住所などの申込み情報の一部は当行が保有する情報を利用すること、口座振替手続も自動化されることから、お客さまの入力の負担が軽減されます。また、アプラスと当行の間でも書類の受け渡しがなくなることから、お申し込みからカード発行までの日数も短縮することができます。

当行では、第三次中期経営計画に沿って、リテールバンキング業務の事務の最適化を進めております。今後とも、グループ会社との連携を強化し、お客さまのご負担の軽減と迅速な業務対応によるお客さまへのサービスのさらなる向上に取り組んでまいります。

※2017年12月までにペン入力タブレットで取り扱っている業務は、口座開設、マイナンバー申請、氏名住所変更、印鑑サイン変更、投信口座開設となります。

【導入イメージ】


                                                 以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新生銀行 >
  3. ペン入力タブレットによるクレジットカード入会申し込み受付開始について