【ベトナム×再エネ】工業団地の屋根で1万kW超を発電!新会社「SOL Energy」設立

大阪ガスおよび双日の共同出資会社であるSojitz Osaka Gas Energy Company Ltd.(以下「SOGEC」)と、Looopは、10月21日に合弁会社SOL Energy Company Limited(以下「SOL Energy」)を設立しました。
今後、ベトナムにおいて産業用・商業用のお客さま向けに屋根置き太陽光発電事業を行います。

 

1万kW超の屋根置き太陽光発電設備の導入を予定しているロンドウック工業団地の一部1万kW超の屋根置き太陽光発電設備の導入を予定しているロンドウック工業団地の一部

 

  • お客さまは「初期投資ゼロ」の屋根置き太陽光発電事業
SOL Energyは、お客さまが所有する建物の屋根などに太陽光発電設備を設置し、発電した電力を長期間にわたりお客さまに供給。お客さまは、初期投資ゼロで再生可能エネルギー(再エネ)電力の供給を受けることができ、かつ電気代の削減も実現できます。

また、Daigasグループは、タイでも2019年から屋根置き太陽光発電事業に取り組んでいます。

 

  • 工業団地の屋根に1万kWを超える太陽光発電設備を設置
SOL Energyは、双日が運営するベトナム南部ドンナイ省のロンドウック工業団地において、お客さまの屋根に1万kWを超える太陽光発電設備を設置する予定。導入によるCO2の年間削減量は、同工業団地全体で約5,800tCO2を想定しています。
また、ロンドウック工業団地外にも取り組みを拡大する予定です。
  • ベトナムの持続的成長と低炭素社会の実現に貢献
ベトナムは2020年7月に、2030年までの二国間クレジット制度を含む国際支援を加えた温室効果ガス削減目標を27%(2014年比)に上方修正。
Daigasグループは、双日、SOGEC、Looopと、屋根置き太陽光発電事業による再エネ電力の普及を積極的に進めることで、ベトナムの持続的成長と低炭素社会の実現に貢献してまいります。


■ベトナムでの屋根置き太陽光発電事業への取り組みはこちら
https://www.osakagas.co.jp/company/press/pr2021/1300776_46443.html

■タイでの屋根置き太陽光発電事業への取り組みはこちら
https://www.osakagas.co.jp/company/press/pr_2019/1280825_40360.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大阪ガス株式会社 >
  3. 【ベトナム×再エネ】工業団地の屋根で1万kW超を発電!新会社「SOL Energy」設立