オーストラリアとカンボジアが難民移送で合意

難民の権利を無視した協定

9月26日、オーストラリア政府とカンボジア政府の間で、ひとつの協定が結ばれた。オーストラリアにやって来た難民をカンボジアに移送するというものだ。自国民の人権も守れていないカンボジアに、安全を求めて自分の国を逃れてきた人びとを移すというのだ。オーストラリア政府が難民の保護より目先の政治的利益を優先させたことの現れである。
main image
オーストラリアは、難民認定の審査を自国ではなくパプアニューギニアやナウルで行っており、収容施設もこうした国にある。その環境は劣悪で、国際社会から非難を浴びている。アムネスティもこの政策が人権侵害と虐待の温床になっていることを訴えてきた。難民と認定されでも、定住地は収容されていた国だ。

今回の協定で移送されることになる難民の多くは、すでにこうした収容施設で過酷な毎日を過ごしてきた。その人たちを、人権状況に問題があるカンボジアに移送することには、大きな懸念がある。

例えば、治安部隊がこの1月、ストライキ中の労働者と活動家を暴力的に弾圧した事件があった。また、土地に関わる強制立ち退きや係争、強奪などで何千人もの住民が被害者となっている。

弾圧事件のあったまさにその月、人権に関する国連の聴聞会の場でオーストラリア政府はカンボジアのこれまでの人権侵害を厳しく非難した。その同じ政府が、弱者である難民をカンボジアに移送しようとしている。子どもも対象になるかもしれない。

難民が新しい土地できちんと定住するには、受入国側の十分なサポートを必要とする。それには高度な知識を持つ専門家との連携が不可欠だが、そのようなサポートがカンボジアで可能だとは思えない。

協定の文面に透明性が欠けていることに対して、両国内には懸念の声があがっている。市民社会には、国際的人権基準の視点から議論に参画する機会も、反対意見を述べる機会も与えられなかった。

この協定によりカンボジアも、オーストラリアの非人道的な難民政策に加担することになる。

国際的な難民保護基準では、オーストラリア政府は庇護希望者に対し国際基準を満たした保護を提供する義務がある。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本 >
  3. オーストラリアとカンボジアが難民移送で合意