本誌編集部が、今、伝えたいこと。「介護未満の高齢者」の住まいは、科学されていない。

~ 2/22(木)発刊 介護情報誌「あいらいふ 3月号」~

急増する独居高齢者。乱立する高齢者住宅と、その種類…。こうした「介護未満の高齢者」の住居を科学したテキストは、国内にありませんでした。今号では、特集取材班が徹底取材を敢行。今後の、高齢期の住まいについて、詳しくまとめました。


【おすすめコンテンツ】

  • 『介護未満の高齢者』の快適を考える!3つの住まいから探る『自立型ホーム』の選び方

独居高齢者の住替えパターンを3つに分類。さらに現在の住まいを売却するスムーズな方法も併せて解説。

 

  • 「介護奮闘記。母に手を上げる瞬間…」

『日経ビジネス』山中浩之副編集長が、『母さん、ごめん。』の制作秘話を披露。
 

  • 「川越・小江戸では、小中学生もサポーター」

全国初の「オレンジカフェ」創設を川越市福祉部の佐藤八重子さんが語る。
 

  • 「僕は安い家賃で暮らせるところ」

蛭子能収さんが、老人ホームと死生観を語りつくします。

 

本誌の無料お取り寄せは、
「あいらいふ入居相談室サイト」
https://i-life.net/es/st01/
またはフリーダイヤル
0120-007-097
にて承ります。

月刊介護情報誌
『あいらいふ』編集部

【誌名】『あいらいふ 2018年3月号』
【発行部数】5万部
【配布場所】市区役所高齢者介護担当窓口・社会福祉協議会・地域包括支援センター・居宅介護支援事業所・訪問看護ステーション・病院・薬局など1万か所

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ザップ >
  3. 本誌編集部が、今、伝えたいこと。「介護未満の高齢者」の住まいは、科学されていない。