AWAがショーン・メンデスにインタビュー。「プレイリストを作るなら、Drakeの曲をたくさんいれるよ!」


音楽ストリーミングサービス「AWA」が、来日中のシンガーソングライター「ショーン・メンデス」にインタビューを行い、2017年4月16日(日)、その模様をオリジナル動画として公開した。

今回公開された動画は、「最新作『Illuminate』は、6人の人と制作したんだけど。皆でニューヨーク北部の小屋にこもって作ったんだ。ガヤガヤした街から離れて書くことができたよ。それも早いペースで完成したんだ。前作との違いで言えば、大分成長したね。音楽的にも、歌詞の内容やコンセプトも全ての点において成長したと思う。(中略)プレイリストを作るなら、Drakeの曲を沢山いれるよ!『Too Good』、『One Dance』、『Control』など、良い曲ばかりだ。彼の新作「More Life」に収録されている『Blem』って曲が好き。それからカントリーミュージックも加えるね」(ショーン・メンデス)など、アルバム作りについてや、ツアー生活、おすすめの音楽について触れる内容となっている。

 


また、同時に、プレゼントキャンペーンも実施。2017年5月16日(火)までに、AWA公式ツイッターをフォローし、指定の投稿をリツイートした方の中から抽選で1名様に、ショーン・メンデスのサイン入りAWAオリジナルキャップをプレゼントする。


 

■ショーン・メンデスとは
1998年8月8日生まれのシンガー・ソングライター。カナダのトロント出身。2013年Vineでヒット曲のカヴァー・ヴァージョンを公開しミュージシャン3位のフォロワー数を獲得。2014年6月ファースト・シングル「Life of the Party」が全米TOP 25入り、男性ソロアーティストとして史上最年少記録に(当時15歳)。デビューEP「Life of the Party」は全米を含む13の国と地域のiTunesで1位を獲得、全米ビルボード・アルバム・チャート5位。2015年4月デビュー・アルバム『Handwritten』リリース、全米初登場1位を獲得。シングルとなった「スティッチズ」は全米4位、全英2週連続1位を獲得した。2014年と2015年には2年連続でTIME誌“最も影響力のあるティーン25人”、そしてForbes誌“2016年に注目の30歳以下の30人”に選ばれた。2015年11月、フィフス・ハーモニーのメンバー、カミラ・カベロとのデュエット曲「I Know What You Did Last Summer” (Shawn Mendes & Camila Cabello)」をリリース。2016年3月、ニューヨークのRadio City Music Hallを皮切りにワールド・ツアーが開始。6月ニュー・シングル「Treat You Better」リリース。9月にはセカンド・アルバムがリリースされる。これまでにオースティン・マホーンやテイラー・スウィフト“1989ツアー”の北米ツアーのオープニング・アクトを務めている。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AWA株式会社 >
  3. AWAがショーン・メンデスにインタビュー。「プレイリストを作るなら、Drakeの曲をたくさんいれるよ!」