4夜限定企画「AKIRA ART OF WALL - INVISIBLE ART IN PUBLIC -」

AR技術を活用し「AKIRA ART WALL」が期間限定で息を吹き返す

VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( http://styly.cc )」を提供する株式会社Psychic VR Lab(本社:東京都新宿区 代表取締役:山口征浩)と、渋谷エンタメテックプロジェクト(一般財団法人渋谷区観光協会・一般社団法人渋谷未来デザイン・KDDI株式会社)は、株式会社パルコ(本社所在地:東京都渋谷区)が実施のデジタルパブリックアート展「AKIRA ART OF WALL - INVISIBLE ART IN PUBLIC -」の制作協力をしました。

※AR鑑賞イメージ※AR鑑賞イメージ

2019年11月開業までの約3年におよぶ渋谷PARCO建替え工事の期間、工事用仮囲いに美術演出をおこなった「AKIRA ART WALL」の一部を専用のスマートフォンアプリを通じて、展示されていた際の姿で鑑賞することができます。本企画は「AKIRA ART OF WALL」の会期末となる12月13日から16日の4日間の期間限定で開催いたします。

■概要
日時:12月13日(金)~16日(月) 各日17:00~21:00
会場:渋谷PARCO(東京都渋谷区宇田川町15-1)1F店頭 敷地内
         ※屋外のため荒天の場合中止する可能性がございます。
体験方法:お客さまのお持ちのスマートフォン/タブレットでご体験いただけます。会場にて掲出されたマーカー(QRコード)をアプリで読み込むことにより、空間上に浮かび上がるアートをお楽しみいただけます。
 


主催:株式会社パルコ
協力:渋谷エンタメテックプロジェクト(渋谷区観光協会/渋谷未来デザイン/KDDI株式会社)
株式会社Psychic VR Lab

※スマートフォンアプリ「STYLY」
Google Play | https://play.google.com/store/apps/details?id=com.psychicvrlab.stylymr
App Store | https://itunes.apple.com/jp/app/id1477168256?mt=8


■AKIRA ART WALLについて

 

撮影:TAKAMURADAISUKE撮影:TAKAMURADAISUKE

2019年11月開業までの約3年におよぶ渋谷PARCOの建替え工事の期間、日本を代表する漫画家・映画監督である大友克洋氏が氏の代表作である『AKIRA(アキラ)』をコラージュアーティストの河村康輔氏と共同で再構築し、建替え工事用仮囲いに美術演出をおこないました。工事期間も情報発信行い、公園通り・スペイン坂エリアのにぎわい創出と来街者増加に貢献を目指し、国内のみならず海外の著名人が訪れるなど話題のスポットとなりました。2018年度グッドデザイン賞受賞。

■AKIRA ART OF WALLについて
渋谷PARCOにオープンしたパルコのカルチャー発信拠点である「PARCO MUSEUM TOKYO」(4F)、「GALLERY X」(B1F)のオープニングを飾るエキシビジョンとして、「ART WALL」を再度巨大コラージュ作品として展示する「AKIRA ART OF WALL Katsuhiro Otomo × Kosuke Kawamura AKIRA ART EXHIBITION」を開催。※GALLERY Xの展示については12月8日に終了しております。

(1)会場・会期 ※GALLERY Xの展示については12月8日に終了しております。
PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷PARCO 4F) 2019年11月22日〜2019年12月16日10:00〜21:00
GALLERY X(渋谷PARCO B1F) 2019年11月22日〜2019年12月8日11:00〜21:00
※両会場、最終日は18:00閉場 ※PARCO MUSEUM TOKYOの入場は各日閉場の30分前まで

(2)入場料
1,000円 ※高校生以下800円・未就学児無料

(3)主催  
パルコ
展覧会公式Webサイト:https://art.parco.jp/museumtokyo/detail/?id=299
©MASH・ROOM/KODANSHA ©Kosuke Kawamura ©︎AKIRA ART OF WALL EXHIBITION
※記載されているその他の会社名および製品などは、各社の登録商標または商標です。

本展示は、渋谷エンタメテックプロジェクト及び株式会社Psychic VR Labの技術協力により実現しております。パルコ・渋谷エンタメテック推進プロジェクト・Psychic VR Labの3社が相互の取り組みに共感したことにより本取り組みの実施に至りました。


■「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」(https://shibuya5g.org)について

来たる5G時代を見据えてKDDI、渋谷区観光協会、渋谷未来デザインの三者で立ち上げた、主にエンターテインメントに特化したテクノロジーを駆使し、渋谷の街をより面白くしていくためのプロジェクト。音楽・アートといったエンターテインメント領域を中心に、新たな文化の創出や、観光面での魅力的な街づくりを推進していきます。

■「INVISIBLE ART IN PUBLIC」について
INVISIBLE ART IN PUBLICは「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」が展開する”あらゆる人が作品を自由に鑑賞・評価・支援できるARアートプラットフォーム”です。テクノロジーとオープンイノベーションを組み合わせることで、渋谷の街をエンターテインメントとテクノロジーでアップデートしていきます。
・2019年9月に行われた「渋谷5Gエンタメテック会議 Vol.1」で生まれた“渋谷の街自体を美術館にできたら”という構想のもと実現したARで楽しむアート展。「見えないを価値に。」をコンセプトに、2019年11月1日より開催されるWHITE NIGHT WEEK SHIBUYAに合わせて開催。
・SHIBUYA CAST.敷地内に貼られたマーカー(QRコード)をスマートフォンやタブレットで読み込むことでアート作品が登場。日常とアートが融合する。
・今後、あらゆる人が作品を自由に観賞・評価・支援できるプラットフォームを目指し定期的に展示会を開催予定。

■株式会社Psychic VR Lab・STYLYについて
本コンテンツの配信プラットフォームは株式会社Psychic VR Labが提供するVR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc/ )」を採用しております。ARコンテンツの制作はPhotogrammetrist「藤原 龍」氏とPsychic VR Lab所属のアーティスト「haquxx」による共同制作です。STYLYは、アーティストに空間表現の場を提供するVR/AR/MRクリエイティブプラットフォームです。2020年春には、VR制作ツールとして現在提供中の「STYLY Studio」でAR向けにコンテンツを制作・配信することが可能になります。

■本件に関するお問い合わせ
パルコ及びAKIRA ART OF WALLについて
 株式会社パルコ 広報/IR担当 吉田 03-3477-5710

渋谷エンタメテック推進プロジェクトについて
 渋谷エンタメテック推進プロジェクト info@fds.or.jp

STYLYについて
 株式会社Psychic VR Lab 渡邊 info@psychic-vr-lab.com




 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Psychic VR Lab >
  3. 4夜限定企画「AKIRA ART OF WALL - INVISIBLE ART IN PUBLIC -」