ターキッシュ エアラインズ、サッカートルコガラタサライSK所属の長友佑都選手とスポンサー契約を締結

ターキッシュ エアラインズ(Turkish Airlines 本拠地:トルコ・イスタンブール 代表取締役:ビラル・エクシ)は、サッカートルコ1部リーグガラタサライSK所属の長友 佑都選手と1年間のスポンサー契約を2018年12月1日に締結しました。長友選手は、2018年4月にスポンサー契約を結んだプロゴルファーの谷原秀人選手とともに、今後ターキッシュ エアラインズのアンバサダーとして活動していきます。

 

長友選手は、Jリーグ、イタリアのサッカー1部リーグのセリエAと日本や世界の強豪チームで活躍した後、2018年1月より、トルコ・スュペル・リグのガラタサライSKへ期限付きで移籍、当シーズン終了後に完全移籍しました。5月の最終戦ではフル出場し、ガラタサライSKの3年ぶり21度目のリーグ優勝に貢献するなど、新たな挑戦の地で奮闘しています。

ターキッシュ エアラインズが就航する世界124カ国、306都市のうちの一つとして、日本は重要な役割を担っています。今年、ターキッシュ エアラインズは日本就航30周年を迎え、東京(成田)からヨーロッパとアジアが交差するイスタンブールへは毎日運航しており、日本とトルコ、そしてその先の国々を結んでいます。

今回の新たなスポンサーシップについて長友選手は、「このたびターキッシュ エアラインズ専属アンバサダーのお話をいただき大変嬉しく思っております。世界を転戦するときには移動が大切になりますが、世界一の就航国数および海外就航都市数を誇るターキッシュ エアラインズのサポートをいただけることを大変心強く思います。」とコメントしました。

ターキッシュ エアラインズ上席副社長のセダ・カリヨンジュ(コーポレートコミュニーケーション担当)は、「ターキッシュ エアラインズは、言語や文化の壁を越え、スポーツ、アートそしてエンターテインメントを通じて世界中の人々と交流を図っていきたいという思いから、さまざまな活動をスポンサーとして支援してまいりました。今年、プロゴルファーの谷原秀人選手に続き、サッカーのスター選手である長友選手を支援できることを大変喜ばしく思います。2019年は、ターキッシュ エアラインズが日本に就航を開始して30周年と節目の年でもあり、日本のお客様とさらなる関係を築きあげていきたいと思います」と述べています。

世界を舞台にビジネスで躍進するターキッシュ エアラインズは、不断の努力と飽くなき向上心で挑戦を続ける長友選手の海外渡航時の輸送面を中心にサポートしていきます。ターキッシュ エアラインズは、このスポンサーシップを通じてさらなる高みを目指し、よりお客様にご満足いただけるフライトサービスを追求し、成長し続ける世界のリーディングエアラインを目指してまいります。

ターキッシュ エアラインズには、国際的なトーナメントやワールドクラスのチームのスポンサーとして支援をしてきた輝かしい歴史があります。2010年、スターアライアンスのメンバーとして、バルセロナ、マンチェスターユナイテッドといったサッカークラブそして2016年のUEFAヨーロッパリーグのスポンサーを務めました。また、2010年から欧州で最も権威あるバスケットボールイベントであるユーロリーグのタイトルスポンサーも務めています。また、ゴルフもターキッシュ エアラインズのスポンサーシップのポートフォリオにおいて重要な位置を占めており、世界中のトッププレイヤーが参加し、トルコ随一のゴルフコースがあるアンタルヤにおいて6年連続で「ターキッシュ エアラインズ オープン」を開催しています。グローバル・エアラインとして、ターキッシュ エアラインズは欧州プロクラブラグビー、アメリカンフットボール、ダイビング、馬術、そしてアイスホッケーなどを含む世界中のスポーツ大会において、今後もスポンサーシップを推進してまいります。


【長友佑都選手について】
明治大学在学中の2006年に選出された全日本大学選抜にて注目を集め、プロ1年目となる2008年にはJリーグ優秀選手賞と優秀新人賞をダブル受賞。2010年6月南アフリカで開催されたFIFAワールドカップ大会後、7月からイタリア1部リーグ(セリエA)のチェゼーナに移籍、その後2011年1月、ミラノに本拠地を置くインテル・ミラノへの移籍が決まり、日本だけでなく世界のサッカーファンに衝撃を与えました。2018年にロシアで開催されたワールドカップでは、3大会連続となる日本代表メンバーに選出され、全4試合にフル出場し、チームの決勝トーナメント進出に貢献しました。2018年1月より、トルコ・スュペル・リグのガラタサライSKにレンタル移籍し、その後完全移籍となりました。

【ターキッシュ エアラインズについて】
ターキッシュ エアラインズは、1933年にトルコのフラッグキャリアとして設立されました。現在、330機(乗客用と貨物用)を所有しており、世界124ヶ国306都市、国際線258路線、国内線51路線の広範囲なネットワークで世界一の就航国数を誇る航空会社です。
ターキッシュ エアラインズ 公式 HP (日本語対応):https://www.turkishairlines.com/
公式 Facebook(日本版):https://www.facebook.com/turkishairlines.jp/
公式 Twitter アカウント(日本版):@thyjapan

【スターアライアンスについて】
スターアライアンスは、世界中の旅行者に多彩なサービスをシームレスに提供する世界初の航空連合として 1997 年に誕生。エア・トランスポート・ワールド・マーケット・リーダーシップ・アウォードを受賞したほか、『ビジネス・トラベラー・マガジン』とスカイトラックスから最優秀航空連合に選ばれる等、業界で高く評価されています。現在の加盟航空会社は、アドリア航空、エーゲ航空、エア・カナダ、中国国際航空、エアインディア、ニュージーランド航空、ANA、アシアナ航空、オーストリア航空、アビアンカ航空、アビアンカ ・ブラジル航空、ブリュッセル航空、コパ航空、クロアチア航空、エジプト航空、エチオピア航空、エバー航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザドイツ航空、スカンジナビア航空、シンセン航空、シンガポール航空、南アフリカ航空、スイス インターナショナル エアラインズ、TAP ポルトガル航空、ターキッシュ エアラインズ、タイ国際航空、ユナイテッド航空。世界190か国、1,300か所の空港に1日当たり1万8,450本以上のフライトが運航されています。スターアライアンスはさらに接続パートナーである上海吉祥(Juneyao)航空による接続便も提供しています。詳しくはwww.staralliance.com をご覧ください。

###

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Turkish Airlines >
  3. ターキッシュ エアラインズ、サッカートルコガラタサライSK所属の長友佑都選手とスポンサー契約を締結