警察官と出会いたい女性必見!出会った場所・上手な付き合い方を“元彼女”へアンケート調査

 


株式会社ネクストレベル(本社所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:田中大洋)が運営する『マッチングアプリ大学』(https://jsbs2012.jp/)では、警察官と付き合ったことがある20〜45歳の女性79名を対象にアンケート調査を行いました。

警察官と出会える場所や、出会いから交際に至るまでの経緯、付き合う上で大切なことなど、警察官と付き合いたい女性なら絶対に知っておきたい情報をお届けします。
 
  • 警察官の彼女79名が回答、警察官と出会った場所とは?
警察官と付き合った女性たちはどこで出会っているのか、また最初から「警察官と出会いたい」という気持ちで出会いを探していたのかについて、調査しました。

 ■ 70%以上の女性がもともと警察官狙いではなかった



「もともと警察官と付き合いたいと思っていましたか?」との質問に、「はい」と答えたのはたったの11.4%で、「どちらとも言えない(15.2%)」を含めると、警察官の彼女になった約90%の女性が、もとから警察官と付き合いたいと思っていたわけではなかったという結果になりました。
 
  • 警察官と出会った場所、もっとも多いのは「合コン・飲み会」!


警察官と出会った場所として一番多かったのが「合コン・飲み会(24人)」でした。2位は「友人・知人の紹介(19人)」、3位が「マッチングアプリ・婚活サイト(9人)」でした。

合コンや紹介で警察官と出会いたい女性は、友達が警察官という人脈が必要です。頼める友達が身近にいない場合は、マッチングアプリの利用も検討してみると良さそうです。

参考:プロが選んだおすすめ優良マッチングアプリランキング
https://jsbs2012.jp/matchingapp/review/mami0016.html

 
  • 警察官の彼女79名が回答、“警察官と付き合うまでのアプローチ”とは?
警察官と付き合った女性の10%しか警察官を狙っていたわけではないのに、出会った後はどのようにお付き合いへと発展していくのでしょうか。

 ■ 80%以上が警察官からのアプローチで付き合いに発展している


1位が「相手から(60.8%)」で、「どちらかといえば相手から(24%)」を足すと、84.8%もの女性が相手(警察官)からのアプローチを受けていることがわかりました。

警察官と付き合った女性の74.3%が『警察官狙いではない』ことと、84.8%の女性が『警察官からのアプローチで交際に発展』していること、さらに1番多い出会いの場が『飲み会・合コン』であることを考えると、警察官は肉食系男子が多いことが推測できます。

 ■ 「マメな連絡」や「愛情表現」などストレートなアプローチが恋愛発展の鍵
それでは具体的にどんなアプローチを受けているのでしょうか。
 


1位は23.6%で「マメな連絡(LINEや電話)」、2位が「会いたいなどの意思表示」、3位が「笑顔でいる・喜ぶ(15%)」でした。警察官との恋愛は、ストレートなアプローチ方法によって発展していくことがわかりました。

5位の「ボディータッチ(5.9%)」や「警察官であることを尊敬すると伝えた(5.9%)」などのような、男性心をくすぐるような言動も、恋愛発展に効果があるようです。

回答数の少ない「心理的駆け引き(2.3%)」ですが、内訳はこのようになっています。「あえてこちらの好意をみせず焦らした、焦らされた(0.5%)」「わざと異性の話をして嫉妬させる(0.9%)」「一度押して引く(0.9%)」

警察官は正義感の強い仕事をしているので、恋愛面でも不正な駆け引きなどのない、素直なアプローチを好む傾向にあるのかも知れません。​具体的にどのようなアプローチをした・受けたのか、詳しく聞いてみました。

 【相手(警察官)からのアプローチ】
積極的に連絡をくれ、好意も高頻度で伝えてくれました。アグレッシブな人だなと思っていました。(33歳・東京)
●出会い系アプリで知り合ったので、最初はLINEを頻繁に交換した。(45歳・東京)
●警察官の給料、福利厚生や安定していることをアピールされました。(31歳・東京)
●自分は警察官で貯金だけはあるんだと会うたび言われました。専業主婦でも支える経済力があるよということも付き合ってから言ってくれた。(28歳・茨城)
●いつ会えるかなどの連絡がよくきて、会った際には、お洒落な居酒屋に連れて行ってもらい、アプローチを受けた。(27歳・京都)
●初めて会った時から、職務質問のようにたくさん質問されました。(30歳・高知)

 

警察官からは積極的なアプローチがみられました。相手のことを知ろうとたくさん質問したり、連絡も相手のほうから頻繁にくるようでした。経済面のアピールをされたという声も目立ちました。

 【自分からのアプローチ】
ねぎらいの言葉は必ず言い、ヨイショした発言をたくさんしました(29歳・大分)
●あまりグイグイいかず陰ながら応援する姿勢をみせたことだとおもいます。(30歳・埼玉)
●LINE通話をビデオでやったことで一番距離が縮まった気がします。グループでの会話から2人きりの会話になったため。ナチュラルメイクでジェラートピケのルームウェアがカギです。(34歳・静岡)
●やってくれることに対して大袈裟にリアクションを取って喜ぶようにしていた。奢ってくれる時もオーバーリアクションを心がけた。(26歳・埼玉)
●あまり「THE女性」みたいな服装やしぐさ、言動が苦手と聞いていたので、パーソナルスペースを守りつつ褒めれるところは褒めて常に笑顔でいる事を意識していた。(29歳・埼玉)
●こまめに連絡をすることを心がけた。職場内で会えば、笑顔で接した。(35歳・福島)

 

女性からのアプローチは積極的に行動を仕掛けるというより、受け身でありながらも、応援する姿勢・笑顔・大袈裟に喜ぶ・褒めることが大切と言えます。
 
  • 警察官の彼女になるには「仕事を尊重し、予定を相手に合わせること」が大切


付き合う前に気をつけたことは「警察官という仕事を尊重し、無理を言わないようにした」が34.2%でダントツ1位でした。2位は「時間や日程だけは相手にできるだけ合わせるように心がけた(22.8%)」でした。
警察官は夜勤など不規則な勤務体系であり、プライベートの時間でも、事件・事故で昼夜問わずに呼び出しがかかることがあるため、時間を相手に合わせられるかどうかが、お付き合いの鍵になるようです。

「仕事を尊重してムリを言わない」というのは、具体的にどのような行動・態度なのか、詳しく聞いてみました。

 ■ 警察官と付き合う前に気をつけたこと

 

●相手からアピールしてきたので付き合う前に気を付けたことは特にない。(35歳・東京)
●連絡はこまめな方がいいし、なるべく会いたかったが、無理をしないようになるべく我慢した。(26歳・大阪)
女の子らしさを必ず出していました。男っぽい人は嫌だろうなと思ったから。(25歳・大阪)
●不規則な仕事ですし、前日の仕事内容によってはひどく疲れているときもありましたので、こちらから変な時間に連絡することはできるだけ控えていました。(37歳・茨城)
好きな女性のタイプを聞いて、それに近づけるように早い段階から探りを入れました。(30歳・東京)
●警察官なので秘密情報などもあると思い、相手が仕事の話をしない限りは一切お仕事のことについて聞かないように心がけました。(37歳・沖縄)
●付き合いたいという気持ちを前面に押し出し過ぎないように気を付けた。(45歳・東京)
●プライドは高かったので、なるべく下手なことは言わないようにしてました。(25歳・神奈川)

 

必要以上に聞かず・言わず、会いたい気持ちや付き合いたい気持ちも出さないように我慢するなど、慎ましくあるように気をつけていたという声が多くみられました。また「警察官からのアプローチだったのでこちらは自然体でいただけ」という声もありました。ムリして違う性格を演じたりアピールしなくても、相性が合うケースもあるようです。

 ■ まとめ|警察官と付き合うための行動

 

●基本的に彼からのアプローチを待つ
●会いたい・付き合いたい気持ちを出しすぎない
●相手の好みを聞き、近づける努力をする
●不必要なことを言わず、聞かず、慎ましくいる
●時間を相手に合わせてる

 

警察官という職業を理解するためには、一歩引いて彼を見守れるような“大和撫子”タイプが良いと言えそうです。しかし好みのタイプには個人差があるので、彼の好みを聞いて近づけることがお付き合いに繋がるかもしれません。
 
  • “警察官男性から告白された”が80%以上!



次は、告白についてです。告白は「相手から」が82.3%と、相手の警察官男性からが圧倒的に多かったです。「どちらともなく」自然にお付き合いの流れになった人たちを含めると95%の女性が、受け身の状態でお付き合いに発展しています。

いま気になる警察官男性がいたり、これからお付き合いしたいと思っている女性は、流れに任せて告白してもらえるのを待つという戦略が良さそうです。

 ■ 警察官からの告白の言葉、シチュエーション

 【相手(警察官)からの告白】
●4回目のデートの後の帰り道でストレートに付き合ってくださいと言われました。(30歳・東京)
●3回目のデートで居酒屋で二人で飲んでいるとき正式に告白を受けた。その前からキスはしていたのでシンプルに「正式に付き合ってください」との言葉のみ。(26歳・和歌山)
●何回目かのデートの時に、泊りで旅行に行きたいねという話になって、「これは付き合ってるってことでいいんだよね」とお互いに確認しあった。(45歳・東京)
●最初はLINEのやり取りしている中で自然に好きだと言われ、その後に会って改めて付き合ってほしいと言われました。(33歳・神奈川)
●ほぼ毎週あってでかけて、一ヶ月がたったときに、それまではお互い名字にさん付けだったのですが、帰りに「これからは下の名前で読んでいい?」といわれて、それって付き合うってことなのかなと思い、それがキッカケだったと思います。(28歳・茨城)

 

 【自分から告白した人】
普段の会話からの方が、相手も緊張しないで素直に答えてくれるだろうと思ったので、普段一緒に通る廊下で短く「好きです。」とだけ言いました。相手は突然だったので、驚いていましたが、笑って「自分も」と答えてくれました。その時の会話はそれだけで終わらせ、具体的に付き合いたいという話は、相手の職務を邪魔しないようにメールのやりとりで進めました。(40歳・東京)

 

アンケート結果を見ていると、平均的に2〜4回目のデートで告白されているという声がかなり目立ちました。警察官の男性は気に入った女性に対し、わりと早い段階でストレートな言葉で告白してくれる傾向にあるようです。
 
  • 警察官の彼女79名が回答、“警察官との付き合いで注意すべきこと”
ここからは、警察官と交際を始めたあとの「付き合い方」「付き合っている時に気をつけたこと」「結婚や今後」などについてお伝えしていきます。

 ■ 警察官とのお付き合いは「仕事を尊重し、一緒の時は楽しく過ごすこと」が大切


「付き合っている時に一番気をつけたことを教えてください」と聞いたところ、「警察官という仕事を尊重し、無理を言わないようにした」が35.4%で1位でした。付き合う前に気をつけるべきことと同じ結果でした。
2位は「一緒にいる時は出来るだけ楽しく過ごせるように心がけた(18.9%)」でした。具体的にはどのような努力をしてきたのか、詳しく聞いてみました。

 【警察官と交際中に気をつけたことエピソード】
●休日でもケータイの電源をオフにできないと言っていたので、映画館・美術館デートは提案しないようにした。(35歳・東京)
●会うペースや時間帯は絶対に無理のないようにしました。(36歳・東京)
●警察官という仕事を理解し、無理を言わないことは当然で、とくに気をつけたのは一緒にいる時にリラックスできる環境や時間作りです。彼が食べたいと言ったものはすべて練習して作りましたし、マッサージもしましたし、何でもワガママを聞いてあげるようにしました。仕事を自然とまた頑張ろうと思えるような時間を作れるようにと努力しました。彼は甘いものでストレスを発散できるようだったので、ケーキやクッキーもよく作りました。(33歳・大阪)
●一緒にいる時でも仕事の電話がかかってくることもよくあったが仕事の電話や対応を優先出来る雰囲気を作るようにしていた。(36歳・群馬)
●突然デートがキャンセルになったり、休みがなかなか合わず長期間会えなかったりしても、不満や愚痴を言わないように気を付けた。(45歳・東京)
●居酒屋などに行くと周りの目が気になることもあるみたいなので、人が多い場所にはいかないようにしました。(30歳・高知)

 

普段仕事でストレスを抱えている警察官の彼が、自分といる間はリラックスしてもらえるようにと努力していた女性が多いことが分かりました。また急な呼び出しのことを考慮し、電話が取れる場所でのデートや、市民の目の少ないところでのデートを提案できるような気遣いが、交際していくうえで大切なようです。
 
  • 警察官との交際期間は、44%が「半年未満」と比較的短め


「半年未満」が32.9%と一番多く、それより短い「1ヶ月未満(1.3%)」、「3ヶ月未満(10.1%)」を足すと、44.3%と約半分のカップルが半年未満でお別れてしていることがわかりました。警察官とお付き合いする大変さを実感し、短い期間でお別れすることが多いのかもしれません。

2位は「半年〜1年(22.8%)」、3位が「1〜2年(19%)」、「2〜3年(8.9%)」と、交際期間が長くなるにつれ、破局率も上がるという結果でした。

 ■ 21.5%の女性が現在も警察官とお付き合い中


今回アンケートを実施した79名のうち、78.5%の女性は既に警察官の彼と「別れる」という結論に至っていました。現在も継続してお付き合いをしている21.5%の方に、結婚の可能性について聞いてみました。

 ■ 長く付き合っている女性の88.2%は、「結婚した」または「結婚を考えている」



現在も警察官とお付き合いをしていると答えた女性21.5%のうち、約半数の47.1%が「結婚した」と回答しました。「結婚を考えている(29.4%)」「たぶんすると思う(11.7%)」という結婚に対して前向きな回答を含めると、合計88.2%という結果でした。

お付き合いを続けている方は、結婚まで視野に入れた良い関係を継続できていることがわかりました。
 
  • 警察官の彼女79名が回答、“警察官に合う女性像”とは?

最後に、警察官男性と合う女性像について質問してみました。

 【性格】
●守られるだけのか弱いタイプの女性ではなく、どんなシチュエーションにもドンと構えていられる肝っ玉の座った女性のほうが警察官の彼に合うと思う。(35歳・東京)
●生真面目で、一歩下がってついていくような大和なでしこタイプの女性。(45歳・大阪)
●キレイで可愛らしく、家庭的な女性。警察官はモテる為、飽きられないように素敵な女性でなければ合わないと思う。(33歳・神奈川)
●とりあえず物静かな大和撫子のような方がいいと思います。意見を主張しすぎるとぶつかります!(31歳・大阪)
●仕事上、話せないことも多いので、あまり好奇心旺盛でない女性のほうがいいと思う。また、警察官というだけで敵視してくる人も社会には一定数いるので、彼氏が警察官だと言いふらすようなタイプは、トラブルの元になりかねない。(35歳・京都)

 

 【振る舞い】
●彼の仕事を理解できること。彼のタイミングに合わせてあげることが大事かなと思いました。(32歳・埼玉)
●支えてあげられる心の広さと余裕を持っている方。警察官ということにステータスを感じられる方。
年収600万で満足できる方。(31歳・三重)
●警察官に頑張ってなったという気持ちと仕事に誇りを持っているので、バリバリキャリアウーマンで自分もすごいんだぞというタイプの女性より、彼を立てて認めて褒めてくれる人がいいのかなと思いました。(28歳・茨城)

 

 【その他】
●結婚も視野に入れるなら身内に犯罪者がいないということが大前提だと思います。(30歳・東京)
●飲み会や、先輩との付き合いに寛容な女性が合うと思います。あと、休みが不規則なのでもし結婚して子供ができたらワンオペになりかねないのでそういう覚悟ができる人です。(37歳・茨城)
合う合わないとか関係ないなと思います。この人がいいと思えばこの人って思いました!(25歳・大阪)

 

警察官という不規則で重みのある仕事をしている彼を、一歩下がって彼を見守ることができる、家庭的なやまとなでしこタイプの女性が合うという意見が多かったです。結婚・出産を考えるなら、ワンオペ育児になる可能性を覚悟できる方が良いという意見も見逃せないポイントかも知れませんね。

中にはどんな女性でも「結局大切なのは相性」という希望の持てる意見もありました。当たり前ですが、性格やタイプはさまざまですので、自然体の自分と相性のピッタリの彼が見つかるかどうかも大切です。
 
  • 警察官の彼女も夢じゃない!まずは出会いを増やしてみよう
今回は普段なかなか出会う機会のない職業「警察官男性」とのお付き合いについて、一緒にお勉強してきました。アンケートで警察官との交際の実態が浮き彫りになりましたね!警察官は、大変な仕事をしているということを理解してくれ、安心して帰る場所を提供できるような慎ましい女性を好むことがわかりました。

今回の記事を読んで「自分は警察官の彼女には向いてないかも」と同じように自信を無くしてしまった方も、自分と相性の良い警察官と男性との出会いがあるかもしれないので、友達の紹介やマッチングアプリを利用して出会いを増やしてみてください。

【調査概要】
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:20歳〜45歳の女性(全国)
アンケート母数:計79名
実施日または時期:2021年01月05日~2021年01月19日
調査実施主体:マッチングアプリ大学(https://jsbs2012.jp/
調査会社:株式会社ネクストレベル



■マッチングアプリ大学はこんなメディアです■

【運営会社】
株式会社ネクストレベル
https://next-level.biz/
横浜・福岡にてWebメディア運営とシステム開発事業を展開。
『最新のマーケティング技術を用いて社会発展を目指す』をミッションとし、2008年の設立より婚活関連のマーケティングを始め、常に最新のマーケティングを取り入れ、多くの情報を発信。

【運営メディア】
マッチングアプリ大学
https://jsbs2012.jp/
派遣BOOK
https://jobseek.ne.jp/
脱毛ピース
https://arts-center.gr.jp/

【年代別のマッチングアプリを探したいなら・・】
30代向きおすすめマッチングアプリ5選
https://jsbs2012.jp/matchingapp/review/okyo0001.html
アラフォーのための婚活アプリ&マッチングアプリ
https://jsbs2012.jp/love/meeting/marry40.html









 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ネクストレベル >
  3. 警察官と出会いたい女性必見!出会った場所・上手な付き合い方を“元彼女”へアンケート調査