オン・セミコンダクター、増加するIoTエンドポイントの電力要件をサポートする、新PoEソリューションを発表

IEEE802.3btに準拠し、スマートセンサ、ビルオートメーション、コネクテッド照明などのアプリケーションに90ワットの電力を供給

高効率エネルギーへのイノベーションを推進するオン・セミコンダクター(本社 米国アリゾナ州フェニックス、Nasdaq: ON)は、IEEE802.3bt規格に準拠する製品と技術のポートフォリオを拡大し、増加するIoTエンドポイントの電力要件をサポートする、新PoEソリューションを発表しました。これにより、新IEEE802.3bt規格を使用したLAN(Local Area Network)接続を介して、最大90Wの電力と高速コネクティビティを実現するPoE(Power Over Ethernet)をご利用いただけます。オン・セミコンダクターのソリューションは、新しい規格の電力制限に対応するだけでなく、テレコムやデジタルサイネージのようなシステムでは、さらに100Wまで対応します。

PoE向けの新しいIEEE802.3bt規格は、より大規模なネットワーク上で動作する、より高度なエンドポイントを可能にすることにより、IoTが直面するあらゆる垂直市場を変革する可能性を有しています。IEEE802.3bt規格は、PD(Powered Device)の特定の電力要件をPSE(Power Sourcing Equipment)に伝達可能にする、新しい「オートクラス」機能を通じて、エネルギー管理を最適化します。これにより、各PSEは、各PDに適切量の電力を割り当てることができ、利用可能なエネルギーと帯域幅の両方を最大化します。

IEEE802.at規格(PoE+)で規定されている30Wと比較して、最大90Wの電力を利用可能なIEEE802.3btは、一般的にはオフラインの専用電源を必要とする新しいアプリケーションに、電力とコネクティビティの両方を提供できます。PoEは、ネットワークトポロジを簡素化し、より堅牢な「プラグアンドプレイ」のユーザ経験を提供します。

ビジネス情報プロバイダーのIHS Markiで、パワー半導体の上級アナリストを務めるKevin Anderson氏は次のように述べています。「PoEは、今日パワー半導体市場で最も急速に成長している市場のひとつであり、2017年から2022年までの平均成長率は14%に達すると予測されています。IEEE802.3btで定義された追加の電力供給機能により、より高電力のコネクテッド照明、ネットワーク化された高解像度監視カメラ、高性能ワイヤレスアクセスポイントなどの新しいアプリケーションが可能になります」

オン・セミコンダクターのPoE-PDソリューションの基盤を形成する製品のNCP1095およびNCP1096インタフェースコントローラは、検出、自動分類、電流制限などのPoEインタフェースの実装に必要なすべての機能を組み込んでいます。コントローラは、外部(NCP1095)または内部(NCP1096)ホットスワップFETのいずれかを使用します。NCP1096に内蔵されたホットスワップFETは、Type 3またはType 4のPoEコントローラで利用可能な最も低いオン抵抗を特徴としています。これらのコントローラは、NCP1566 DC−DCコントローラ、FDMC8622シングルMOSFET、PoEアプリケーションにおけるダイオードブリッジのより効率的な代替品を提供するために開発された、FDMQ8203 および FDMQ8205A  GreenBridge™ クワッド MOSFETによって補完されています。これらのデバイスを組み合わせることで、規格の上限である最大90ワットの電力、またはより多くの電力が必要とされる場合には独自仕様の100Wのソリューションで、高い効率のPoEインタフェースを実現できます。

オン・セミコンダクターで、インダストリアル&オフラインパワーソリューション担当バイスプレジデントを務めるライアン・キャメロン(Ryan Cameron)は、次のように述べています。「当社は、エネルギー効率を重視する企業であり、PoEが最大のポテンシャルを発揮するためにサポートできることを大変嬉しく思います。当社は、IEEE802.3btに準拠したソリューションの完全なファミリーを提供することにより、この技術をすべての開発エンジニアにとってより利用しやすくし、相互接続性が保証されたより多くのコネクティッドデバイスの実現に貢献します」

本日発表した新PoEソリューションに関する詳細は、オン・セミコンダクターの正規販売代理店にお問い合わせください。

オン・セミコンダクターについて
オン・セミコンダクター(Nasdaq: ON)は、お客様にグローバルな省エネルギーを実現していただけるよう、高効率エネルギーへのイノベーションをリードしてまいります。オン・セミコンダクターは半導体をベースにしたソリューションのリーディング・サプライヤーで、エネルギー効率の高い、電力管理、アナログ、センサ、ロジック、タイミング、コネクティビティ、ディスクリート、SoCおよびカスタム・デバイスの包括的なポートフォリオを提供しています。オン・セミコンダクターの製品は、自動車、通信、コンピューティング、民生機器、産業用機器、医療機器、航空宇宙、防衛のアプリケーションにおける特有な設計上の課題を解決します。オン・セミコンダクターは、北米、ヨーロッパ、およびアジア太平洋地域の主要市場で、製造工場、営業所、デザイン・センターのネットワークを運営しています。迅速な対応、信頼性、世界クラスのサプライチェーンと品質保証プログラム、厳格な企業倫理とコンプライアンスを備え、お客様のご要望にお応えしていきます。詳細については、http://www.onsemi.jpをご覧ください。

• Twitterで @onsemi_jp をフォローしてください。

オン・セミコンダクターおよびオン・セミコンダクターのロゴは、Semiconductor Components Industries, LLCの登録商標です。本ドキュメントに記載されている、それ以外のブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。オン・セミコンダクターは、本ニュースリリースで同社Webサイトを参照していますが、Webサイト上の情報はここには記載されていません。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オン・セミコンダクター株式会社 >
  3. オン・セミコンダクター、増加するIoTエンドポイントの電力要件をサポートする、新PoEソリューションを発表