セイコーアスリート 福島千里選手現役引退、「セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)」就任に関するお知らせ

セイコーホールディングス株式会社(代表取締役会長 兼 グループCEO 兼 グループCCO: 服部真二、東京都中央区、以下、セイコー)は、セイコーアスリートの福島千里選手が、2022年1月29日付で現役を引退することをお知らせいたします。これまで温かいご声援、ご支援をいただきありがとうございました。

引退後は、当社とアンバサダー契約を新たに結び、「セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)」として、子どもたちにスポーツの楽しさや感動を伝える「セイコーわくわくスポーツ教室」などを通じて次世代育成に貢献していきます。今後の「セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)」としての福島選手の活躍に、どうぞご期待ください。

【福島選手コメント】
この度、現役を引退することを決めました。これまで支えてくださった、指導者の方、トレーナーさん、家族、友人、チームメイト、会社の方々、スポンサーさん、ライバルのみんな、そして応援してくださったすべての方々に感謝申し上げます。
小学4年生から陸上競技を始め、昨年で23年の時が経ちました。夢であった五輪に3度出場することができました。4度目となる東京五輪を目指す数年間は苦しいシーズンもありましたが、日々、新しい感覚との出会いや、課題と向き合い、充実した競技生活を送ることができました。
今後も陸上競技を通して様々な活動を行っていきたいと思います。走るということはたくさんのスポーツに関わることなので、競技の枠を越え、私自身が今まで培ってきた経験などで次世代のアスリートのお役にたてるとうれしいです。
競技生活は終わりますが、これから始まるセカンドキャリアも私らしく走っていきたいと思います。お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

【福島千里選手プロフィール】
1988年6月27日 北海道生まれ
北海道帯広南商業高校卒業後、北海道ハイテクACを経て2018年セイコー入社

<主な戦歴>
日本選手権 100m 優勝8回(2008年, 2010年~2016年)
日本選手権 200m 優勝8回(2009年, 2011~2016年,2018年)
2008年 北京五輪 日本代表 (100m)
2009年 ベルリン世界陸上 日本代表 (100m, 200m)
2010年 広州アジア大会 100m・200m金メダル (100m, 200m) ※日本女子初の二冠達成
2011年 大邱世界陸上 日本代表 (100m, 200m)
2012年 ロンドン五輪 日本代表 (100m, 200m)
2013年 モスクワ世界陸上 日本代表 (100m)
2014年 仁川アジア大会 100m銀メダル・200m銅メダル (100m, 200m)
2015年 北京世界陸上 日本代表 (100m, 200m)
2016年 リオデジャネイロ五輪 日本代表 (100m, 200m)
2018年 ジャカルタアジア大会 日本代表(100m,200m,4×100mR)

 

<自己記録>
100m          11秒21 (2010年 織田幹雄記念国際陸上競技大会)  日本記録
200m          22秒88 (2016年 日本陸上競技選手権大会)  日本記録
4×100mR    43秒39 (2011年セイコーゴールデングランプリ陸上)  日本記録


「福島千里選手引退」特設サイトURL:
https://www.seiko.co.jp/thanks_fukushima/

「セイコーわくわくスポーツ教室」サイトURL:
https://www.seiko.co.jp/csr/society/community/school/sports/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. セイコーホールディングス株式会社 >
  3. セイコーアスリート 福島千里選手現役引退、「セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)」就任に関するお知らせ