補助金ポータル、H.I.F、アカウティングプロの3社間共同プロジェクト「補助金前払いくん」実施に関する基本合意成立のお知らせ

~公的補助金の債権流動化により、企業の投資及び成長促進を実現~

株式会社補助金ポータル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:福井彰次 以下、補助金ポータル)は、H.I.F株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:東小薗光輝 以下、H.I.F.)及び株式会社アカウティングプロ(本社: 神奈川県横浜市、代表取締役会長:若杉拓弥 以下、アカウティングプロ)とH.I.F.のAI定性与信審査技術を活用し、補助金の交付決定を受けた企業に対し、当該交付決定債権の流動化によるブリッジファイナンススキーム「補助金前払いくん」※を実施するための基本合意をいたしました。
※「補助金前払いくん」は補助金ポータルにて出願中の商標です。

 


■本件基本合意の背景

補助金ポータルは、経営理念に「国策と民間企業を繋ぐプラットフォームになる。」を掲げ、補助金・助成金の情報をデータベース化し展開、さらに申請書の作成から支給までの活用支援を行う月間100万人のユーザーが活用する国内最大級の補助金・ 助成金専門の公的支援メディアを運営しています。

国の令和4年度予算は、一般会計の総額が107兆6000億円。 省庁、自治体を含めると10,000種類以上の公的支援策が存在しています。しかし、多くの企業が公的支援の存在すら知らず、機会損失が生まれている現状があります。

従来、補助金を活用する際は申請を行い、採択結果を経てから、一旦は事業者様が全額負担で設備投資等を行い、 補助金を受け取るまで、長いものでは1年以上の期間を要する補助金もあり、中小企業の資金繰りを圧迫している背景もありました。

本施策は、こうした事業者様の課題を解決するためのファイナンススキームとなります。
事業者様は補助金の交付決定がされた後、「補助金前払いくん」を活用することで、 将来的に受け取れる補助金を先に資金化することができ、またその資金をもとに設備投資を行えるため、今まで設備投資をしたくとも先に資金が用意できないことから補助金活用を諦めていた事業者様の課題の一助を担えるサービスとなっています。
※審査によってご要望に沿えない場合もございます。

■本件スキームの概要

本件スキームの対象となる補助金は以下の3種類で、スキーム概要は下図の通りです。
※対象となる補助金は現時点のものであり、順次追加予定
・事業再構築補助金
・ものづくり補助金
・IT導入補助金
 


なお、活用にあたっては補助金の申請にあたり、H.I.F.(経営革新等認定支援機関)または補助金ポータルあるいはアカウティングプロの支援を受け、補助金が交付決定していることが必要になります。
※採択の段階は不可
※債権流動化の実施にあたっては、各補助金を管轄する事務局の確認及び審査が入ります

今回、3社の持つ特長と、これまで培ってきたノウハウを連携させ、事業資金を必要とする全ての事業者の方々の事業の発展に貢献していきます。

■補助金ポータルについて
補助金・助成金などの最新公募情報などをわかりやすく説明し、またカテゴリ毎にまとめて情報を発信していく補助金・ 助成金専門の国内最大級の公的支援メディアです。
https://hojyokin-portal.jp/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社補助金ポータル >
  3. 補助金ポータル、H.I.F、アカウティングプロの3社間共同プロジェクト「補助金前払いくん」実施に関する基本合意成立のお知らせ