【ピープル農場】玩具メーカー「ピープル」の農場で田んぼの稲刈りが行われました!

2020年8月29日、ピープル株式会社(本社:東京都中央区、取締役兼代表執行役:桐渕 真人)のベビー玩具「お米のおもちゃ」シリーズの原料である「お米」の産地、新潟県南魚沼市のピープル農場にて、お米の収穫が行われました。

ピープル農場(新潟県魚沼市)ピープル農場(新潟県魚沼市)


2020年5月、「お米のおもちゃ」シリーズの原料である「お米」についてもっと知りたいという思いから誕生した「ピープル農場」。その農場に植えられた稲たちは、約4か月をかけて大きく立派に成長しました。そして、その稲たちを刈り取る季節がいよいよやってきました。

実際の稲刈りの様子実際の稲刈りの様子


ピープル農場があるのは、新潟県南魚沼市、八海山の麓。澄んだ水と空気、お米作りに適した環境です。
そこで育ち、今回刈り取りが行われたのは「新潟次郎」という品種。
8月末、青空の下、農家の方々によって稲刈りが行われました。


今回、稲刈りの様子をピープル社員が直接見に行くことはできませんでしたが、われわれの代わりにピープル農場に足を運んだのが、、

「お米のおもちゃ」シリーズのシンボルキャラクター「コメちゃん」です!

ピープル農場の実現にご協力いただき、さらには「お米のおもちゃ」の材料であるライスレジンを生産している「株式会社バイオマスレジン南魚沼」の皆様に、今回稲刈りの撮影をお願いし、その撮影にコメちゃんも同行させていただきました。そんなコメちゃんがお伝えする稲刈りの様子を動画でご覧ください。

コメちゃんはこの後、籾摺り、袋入れの作業まで見学させていただきました。

作業を見学するコメちゃん作業を見学するコメちゃん


今回、収穫の一部始終を目の当たりにし、「お米のおもちゃ」の原料である「お米」への理解がよりいっそう深まりました。
「お米のおもちゃ」ができるまで、その間には様々な人の思いや仕事が存在することを改めて知ることができました。

今後も南魚沼の農家の方々にご協力をいただきつつ、ピープル農場からいろいろなニュースを発信していけたらと考えております。
コメちゃんにはこれからも、新潟からピープル農場に関するニュースをお届けしてもらおうと思います!




■「お米のおもちゃ」とは 
何でも口に入れてなめる赤ちゃんに安心な「お米のおもちゃ」シリーズ。原料は契約農家で作られた国産米、製造も日本国内で行っている「純国産」の安心感は、出産祝いやお誕生日祝いの贈り物として、累計80万人以上のお客様に選ばれ、今年で10周年を迎えました。 

お米のおもちゃ~こだわり4点セット~¥5,000(税抜)・お米のボール¥1,600(税抜)お米のおもちゃ~こだわり4点セット~¥5,000(税抜)・お米のボール¥1,600(税抜)


出産祝いや、1歳の初めてのお誕生日プレゼントに。 
詳しくは公式HPをご確認ください。 
https://www.people-kk.co.jp/toys/okome/main.html

■一般のお客様からのお問い合わせ: 
ピープル株式会社 
お客様相談係 TEL.03(3862)3739 
月~金曜日(祝日を除く)10:00~12:00・13:00~16:00 

■発売元:ピープル株式会社 
HP:https://www.people-kk.co.jp/toys/ 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ピープル株式会社 >
  3. 【ピープル農場】玩具メーカー「ピープル」の農場で田んぼの稲刈りが行われました!