トレンダーズ、小説家とイラストレーターを繋ぐクリエイターマッチングプラットフォーム「たいあっぷ」の提供を開始

マーケティング事業を展開するトレンダーズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:黒川涼子、東証マザーズ上場:証券コード 6069)は、小説家とイラストレーターがオンラインで繋がることで共同での創作活動を可能とするマッチングプラットフォーム「たいあっぷ」の正式版の提供を2021年8月13日(金)より開始いたしました。
たいあっぷ公式HP:https://tieupnovels.com/
 


インターネットやSNSの普及に伴い、主にオンラインで活動する小説家やイラストレーターが急増しており、そこから生まれた作品を原作とした書籍や漫画・アニメが幅広い人気を集めています。一方で作品が書籍化されるまでのハードルは高く、そこから収益を得られるのはごく一部のクリエイターに留まっています。また、作品化には文章とイラストの双方での表現が不可欠ですが、出版前の編集者がつかない段階ではその実現が難しいのが現状です。

このような背景を踏まえトレンダーズは、強みであるインフルエンサープロデュースやSNSマーケティングのノウハウを活かし、小説家とイラストレーターがオンラインで出会い、共同での創作活動および書籍化を可能とするマッチングプラットフォーム「たいあっぷ」の正式版の提供を開始いたしました。これにより個人の表現力と発信力を最大限に引き出し、日本が誇るライトノベルの文化を世界に発信、クリエイターをより「夢ある職業」へと導くことを目指します。

なお「たいあっぷ」は2021年4月よりβ版の提供を開始しており、既に380件以上のマッチングが成立、200作品以上が公開されています。8月11日時点で、登録している小説家は1037名、イラストレーターは470名となっており、サイトオープン記念のコンテストには198作品の応募がありました。そして本日、コンテストの結果と、入賞及び佳作に選ばれた計9作品をサイト上で発表いたします。入賞及び佳作作品の続巻は、電子書籍として発売予定です。


▼入賞作品の一部



■「たいあっぷ」の主な機能
・作品(小説やイラスト)をクリエイター自身のポートフォリオとして登録
・他のクリエイターが登録した作品を閲覧して相手に「たいあっぷ申請」を送ることができ、受理されるとたいあっぷが成立
・たいあっぷが成立した後の共作作業を支えるチャットや共有メモ、キャラクターリストなどの「サポート機能」も充実
・作品の閲覧はPC・スマートフォンから可能で縦書き横スクロールで挿絵を透し絵にできるユニークなUXを提供。無料ながらKindle等の電子書籍と同等のクオリティを実現
・読者向けの閲覧者ページでは「買いたい」ボタンやレビュー機能により読者がリアクションすることでクリエイター支援が可能に


■今後の機能搭載と事業展開
今後はさらなるユーザビリティの向上と発信強化を目指し、コミュニティ機能や、リコメンド機能の搭載を予定しています。
2021年11月には電子書籍の販売開始を予定しており、その他にもキャラクターグッズの販売や漫画の制作など、マッチングプラットフォームをベースとした様々な事業展開を計画しております。


※Amazon、Kindle および Kindle Fire はAmazon.com,Inc.またはその関連会社の登録商標です。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トレンダーズ株式会社 >
  3. トレンダーズ、小説家とイラストレーターを繋ぐクリエイターマッチングプラットフォーム「たいあっぷ」の提供を開始