朝日新聞社、銀座6丁目に新ビル建設 ラグジュアリーホテルを誘致 2017年秋竣工

 朝日新聞社(渡辺雅隆社長)は、東京都中央区銀座6丁目の所有地に、地下2階地上12階建ての新ビル「銀座朝日ビル(仮称)」を建設します。3~12階をラグジュアリーホテル、1、2階は商業施設で構成し、2017年秋に竣工する予定です。計画地(約1,800平方㍍)は、大阪で創刊した朝日新聞が、1888(明治21)年に取得し拠点を置いた、東京創業の地です。ホテル部分は国際級のラグジュアリーホテルを誘致する予定で、ブランド名など詳細は決まり次第発表します。

現状のイメージ図で、今後、変更の可能性があります。現状のイメージ図で、今後、変更の可能性があります。

【並木通りにふさわしい店舗】
  計画地は、ブランドショップや老舗が並ぶ並木通りに面し、東京メトロ銀座駅から徒歩3分の銀座の中心部にあります。建物の延べ床面積は約16,000平方㍍。1~2階には並木通りにふさわしい店舗を誘致し、3~12階のホテル部分は国際級のラグジュアリーホテルを展開する予定です。
 ファサード(建物外観)は、「100年の灯」~次代をてらす灯、宿る思い~をコンセプトとし、銀座の街並みと調和した、品格と格調のあるデザインを実現します。

 【東京創業の地 啄木の歌碑も】
 大阪で誕生した朝日新聞は1888(明治21)年、めさまし新聞を買収して東京での創刊を果たし、その2か月後に計画地(当時、京橋区滝山町)に建物を取得。以来、1927(昭和2)年に有楽町(現有楽町マリオン)に本社を移転するまでの間、この地を東京の拠点として新聞を発行しました。この時代、『三四郎』『こころ』『それから』といった連載小説を生んだ夏目漱石のほか、石川啄木も社員として働いていました。計画地前の歩道には、啄木の歌碑 「京橋の瀧山町の 新聞社 灯ともる頃のいそがしさかな」が設置されています。

 ~工事の概要~
 計画地にある旧ビル(1964〈昭和39〉年竣工)はすでに解体工事に入っており、解体が終了する2016年2月に新築工事に着手、17年秋に竣工する予定です。実施設計、解体、新築工事は鹿島建設(中村満義社長)が請け負います。総事業費は解体費等を含め約130億円です。

 

所在地 東京都中央区銀座6丁目6-7

 

交通手段 東京メトロ日比谷・丸の内・銀座線銀座駅から徒歩3分

 

敷地面積 1,765.27㎡

 

建築面積 1,660.00㎡

 

延べ床面積(容積対象面積) 15,887.00㎡

 

階数 地下2階、地上12階、塔屋1階

 

建物高さ 48m (※最高部高さ58m)

 

構造 鉄骨造

 

主な用途 ホテル・物販店舗
 

設計施工 鹿島建設株式会社

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞社 >
  3. 朝日新聞社、銀座6丁目に新ビル建設 ラグジュアリーホテルを誘致 2017年秋竣工