最先端の染色体工学技術をバイオ関連企業に提供するプラットフォーム事業を展開する株式会社chromocenterに出資

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(以下、「FVC」)は、神戸信用金庫と共同で設立したこうべしんきんステップアップ投資事業有限責任組合(以下、「こうべしんきんステップアップファンド」)より、最先端の染色体工学技術をバイオ関連企業に提供するプラットフォーム事業を展開する株式会社chromocenter(以下、「chromocenter」)(本社:鳥取県米子市、代表取締役社長:松岡 隆之)に出資しましたことをお知らせいたします。
【chromocenterについて】
chromocenterは、「最先端のセル・プロダクション技術によって健康と医療の発展に貢献します」をミッションに掲げ、人工染色体ベクター技術、染色体解析(信頼性保証体制)サービス、オリジナルCHO細胞による物質生産技術をバイオ関連企業へ提供するバイオテクノロジーカンパニーです。

■オリジナルCHO細胞の特徴
2018年にオリジナルCHO細胞の樹立に成功しました。
本細胞は、これまで大腸菌や酵母では、生産が困難であったタンパク質を高収量・低コストで生産する特徴を有しており、医薬品原料のみならず機能性食品や化粧品、化成品など幅広い分野におけるタンパク質原料の製造も可能になります。

■細胞評価(染色体解析)の特徴
アカデミア、製薬企業等から委託を受け細胞品質評価を実施しています。同社が提供する細胞品質評価は、再生医療分野など細胞の医薬技術進歩に重要な技術と位置付けられ、日本国内だけでなく、海外からの依頼も多数引き受けています。また、医薬品の当局申請に対応した、日本で唯一の受託試験企業として信頼性保証試験を提供しています。

 

 

 

【こうべしんきんステップアップファンドについて】

こうべしんきんステップアップファンドは地域に雇用を生み出す事業計画を後押しすることにより、地域の活性化を促し、地域経済の発展に貢献することを目的として、神戸信用金庫とFVCが出資し、設立されたファンドです。
神戸信用金庫の営業対象地域に本社又は営業所を置く株式会社を出資対象としており、神戸信用金庫の支援専門部署であるお客様サポート部が中心となり、地域に根差した深いネットワークを活用し、企業課題に応じて、地域内で活動する企業の伴走支援を行っています。

【FVCについて】
京都に本社を置く独立系ベンチャーキャピタル。ものづくり・SDGs等の「テーマファンド」、地域のベンチャー企業を支援するための「地方創生ファンド」、事業会社のオープンイノベーションを促進するための「CVC ファンド」を軸とした複数のファンドを運営しています。また、資金を投入するだけでなく、長期的な事業継続に向け、事業育成・人材育成・事業コンサルティングなどの支援を行っています。

【出資先概要】
会社名 :株式会社chromocenter
WEB   :http://chromocenter.com/
設⽴⽇ :2005年6月
所在地 :鳥取県米子市加茂町2丁目180番地
拠点    :(米子研究所)  鳥取県米子市上福原5-14-23
     (神戸研究所)  兵庫県神戸市中央区港島南町6-7-4 神戸健康産業開発センター
     (東京オフィス) 東京都中央区日本橋小舟町8-6
代表者 :代表取締役社長 松岡 隆之

【会社情報】
会社名 :フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
WEB   :https://www.fvc.co.jp/
設⽴⽇ :1998年9月
所在地 :京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町 659 番地 烏丸中央ビル
代表者 :代表取締役社長  松本 直人
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 >
  3. 最先端の染色体工学技術をバイオ関連企業に提供するプラットフォーム事業を展開する株式会社chromocenterに出資