厚労省老健局 講演『地域包括ケアシステム構築セミナー』開催 「認知症介助士」「サービス介助士」資格等を手掛ける 日本ケアフィット共育機構 共催

2017年8月4日(金)14:00~16:20、AP新橋虎ノ門で開催 ~地域包括ケアシステム構築に向けた公的保険外サービスの活用と事業化事例のご紹介~

BCC株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:伊藤 一彦、以下当社)の社内カンパニーで、レクリエーション介護士制度*1を手掛けるスマイル・プラスカンパニー(本社:大阪市西区、代表取締役社長:伊藤 一彦)は、公益財団法人日本ケアフィット共育機構(所在地:東京都千代田区、代表理事:畑中 稔)と共催で、地域包括ケアシステム構築と公的保険外サービスの活用推進について語る「地域包括ケアシステム構築セミナー」を2017年8月4日(金)14時より、AP新橋虎ノ門にて開催いたします。
BCC株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:伊藤 一彦、以下当社)の社内カンパニーで、レクリエーション介護士制度*1を手掛けるスマイル・プラスカンパニー(本社:大阪市西区、代表取締役社長:伊藤 一彦)は、公益財団法人日本ケアフィット共育機構(所在地:東京都千代田区、代表理事:畑中 稔)と共催で、地域包括ケアシステム構築と公的保険外サービスの活用推進について語る「地域包括ケアシステム構築セミナー」を2017年8月4日(金)14時より、AP新橋虎ノ門にて開催いたします。

団塊の世代が75歳以上となる 2025 年を目途に構築される「地域包括ケアシステム」を充実していくためには、公的介護保険の活用に留まらず、公的保険外サービスを拡充させる必要がありますが、高齢者の多様なニーズに必ずしも対応できていないという課題や、保険外サービス活用事例が少ないため、活用を躊躇している事業者及び自治体の担当者は多く存在します。こうした課題を解決するため、2016年3月末に厚生労働省、経済産業省、農林水産省が連名で「地域包括ケアシステム構築に向けた公的介護保険外サービスの参考事例集」(保険外サービス活用ガイドブック)を策定しました。

本セミナーでは、厚生労働省 老健局 振興課 課長補佐 山口基氏をお招きし、地域包括ケアシステム構築と公的保険外サービスの活用推進についてご講演頂きます。また、具体的な公的保険外サービスの取組みをおこなう事例について、公益財団法人日本ケアフィット共育機構 認知症介助士インストラクター 冨樫正義氏、合同会社福祉クリエーションジャパン代表 一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会講師 藤井寿和氏、BCC株式会社スマイル・プラスカンパニー執行役員 小出契太が講演いたします。

*1介護や高齢者に対する基礎知識を学び、自分の趣味や特技を活かした介護レクリエーションを提供できる人財です。当社が受諾した2013年の経済産業省「多様な『人活』支援サービス創出事業」における成果をもとに創設した認定資格制度を通じて、介護や高齢者に対する基礎知識と、介護レクリエーションを企画・提案・実施するための知識や技術を学びます。2017年5月時点で同資格の受講者は2万人、合格者1万6千人を突破しております


■開催概要
タイトル :「事例に学ぶ!地域包括ケアシステム構築セミナー~地域での展開と高齢者支援~」
主催   :BCC株式会社スマイル・プラスカンパニー
開催日時 :2017年8月4日(金)14:00~16:20 (受付13:30〜)
開催場所 :AP新橋虎ノ門(東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル)

■プログラム
基調講演 (開催時間14:00~14:30)
登壇者 :厚生労働省 老健局 振興課 課長補佐 山口基 氏
テーマ :「地域包括ケアシステムの構築と公的保険外サービスの活用推進」
内 容 :
団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けて、なぜ、地域包括ケアシステムの構築が求められるのか、介護保険をとりまく状況、近年の制度改正の解説を中心に、公的介護保険外サービスに求められる役割・可能性および、今後の推進策について説明頂きます。

事例発表①(開催時間14:30~15:10)
登壇者 :公益財団法人日本ケアフィット共育機構 認知症介助士インストラクター 冨樫正義氏
テーマ :「地域で支える認知症の基礎知識~認知症介助士の学びから~」
内 容 :
日本ケアフィット共育機構は、誰もが暮らしやすい共生社会をめざして、サービス介助士、防災介助士、認知症介助士の普及に取組む公益財団法人です。刻々と変化する社会のニーズに対応するために生まれたこれらの資格を軸に、様々な社会貢献事業を営んでいます。講演では、超高齢化社会の現状や、認知症の基礎知識、介助が必要な方への接し方のポイント、応対事例等について幅広くお話し頂きます。

事例発表②(開催時間15:20~16:00)
登壇者 :合同会社福祉クリエーションジャパン代表 一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会講師 藤井寿和氏
テーマ :「レクリエーションが変える施設経営~地域包括ケアシステムの一員として~」
内 容 :
合同会社福祉クリエーションジャパンは、レクリエーション介護士の公認講師が代表を務める、福祉・介護業界での独立開業支援等を行う民間企業です。レクリエーションを活かした人材育成、離職防止につながる仕掛け作りや、稼働率向上のポイント、保険外収益の創出のための着眼点等についてお話し頂きます。

事例発表③(開催時間16:00~16:20)
登壇者 :BCC株式会社スマイル・プラスカンパニー 執行役員 小出契太
テーマ :「地域包括ケアシステム構築の取組事例とレクリエーション介護士の役割 
~介護現場で求められる、レクリエーション介護士の活躍事例 ~」
内 容 :
資格誕生からわずか2年半で資格取得者が1万6千人を超えた、注目の資格制度「レクリエーション介護士」(保険外サービス活用ガイドブック/厚生労働省 発行にも掲載)。その概要と活躍事例、今後の取組みについて紹介をさせていただきます。

■公益財団法人日本ケアフィット共育機構 概要
・代表理事   :畑中 稔
・所在地    :東京都千代田区三崎町2-2-6
・事業内容   :サービス介助士、防災介助士、認知症介助士の普及に関する事業
・ホームページ :https://www.carefit.org/ 

■BCC株式会社 概要
・代表取締役社長 :伊藤 一彦
・所在地     :大阪府大阪市西区京町堀1-8-5  明星ビル12F(大阪オフィス)
          東京都千代田区外神田6-15-9 明治安田生命末広町ビル9F(東京オフィス)
・事業内容    :営業創造カンパニー(IT営業アウトソーシング事業)
          スマイル・プラスカンパニー(介護レクリエーション事業)
・資本金等    :2 億5,600 万円
・ホームページ  :https://www.e-bcc.jp/

■スマイル・プラスカンパニー 概要
“「人を支える人」を支える”の企業理念のもと、介護レクリエーションを通じて、介護に携わる方々の支えとなるサービスを提供しています。下記3つの事業を軸に、介護業界と企業を繋ぎ、高齢者と介護に携わる方々が心豊かに生活できる社会の実現を目指します。

1) 介護保険外サービス「レクリエーション介護士」制度の運営
2) 日本No.1の介護レク素材のプラットフォーム「介護レク広場」の運営
3) レクリエーション介護士によるレクリエーション代行サービス「介護レクサポーター」

・代表取締役社長 :伊藤 一彦
・所在地     :大阪府大阪市西区京町堀1-8-5  明星ビル12F(大阪オフィス)
          東京都千代田区外神田6-15-9 明治安田生命末広町ビル9F(東京オフィス)
・ホームページ  :http://smile-plus.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BCC株式会社 >
  3. 厚労省老健局 講演『地域包括ケアシステム構築セミナー』開催 「認知症介助士」「サービス介助士」資格等を手掛ける 日本ケアフィット共育機構 共催