人形劇団プーク『わにがまちにやってきた/りんごかもしれない』が上演決定。カンフェティにてチケット販売。

『わにがまちにやってきた/りんごかもしれない』が人形劇団プーク(代表:井上幸子)によりプーク人形劇場(東京都渋谷区)にて4月29日 (木・祝) ~5月29日 (土)に上演されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 ⼤剛)にて販売中です。
カンフェティにてチケット販売中
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=60614&

■ 公式ホームページURL
https://puk.jp/repertory/waniringo/

■ YouTubeページURL
https://www.youtube.com/user/pukichi1929
 
■公式Twitter
@pukichichibi
 

 
■ 公演内容
「わにがまちにやってきた」
むかしロシアのペトログラード大通りに、突然ワニが歌を歌いながら現れたから大騒ぎ!
そのいでたちは洒落た服装に帽子をかぶり、葉巻をプカプカ。
勇ましいワーニャ坊やが立ち向かうと、ワニの言うことには・・・。

「りんごかもしれない」
目の前にあるこのりんご、もしかしたらりんごじゃないのかもしれない・・・。
ひとつのりんごから始まる、少年の想像の世界。
ヨシタケシンスケさんの大人気絵本が初の人形劇化!

■ 団体概要
1929年創立。
2019年には劇団創立90周年を迎えた。
東京・新宿には人形劇専門劇場「プーク人形劇場」があり、
年間を通して公演を行っている。プーク人形劇場は2021年に50周年を迎える。
劇場を拠点に、全国での公演のほか、時には海外でも上演。
映像部門の「スタジオ・ノーヴァ」ではテレビの人形劇製作に携わっている。

■ 出演者
原山幸子 / 柴崎喜彦 / 川尻麻美夏 / 小原美紗 / 山越美和

■ スタッフ
『わにがまちにやってきた』
原作:K・チュコフスキー(岩波書店刊『わにがまちにやってきた』より)、訳:内田莉莎子、脚色:安尾芳明、演出:栗原弘昌、美術デザイン:宮本忠夫、人形構造:斎藤英一、音楽:宮崎尚志、編曲:宮崎道、音響効果:吉川安志、照明:阿部千賀子
 
『りんごかもしれない』
原作・美術デザイン:ヨシタケシンスケ(ブロンズ新社刊)、脚色:西本勝毅、演出:柴崎喜彦、美術造形:坂上浩士、音楽:庄子智一、照明:芦辺靖、音響効果:川名武、振付:上田亮(音楽座ミュージカル)

 

 
共通スタッフ 舞台監督: 柴崎喜彦 / 制作: 渡辺萌

■ チケット料金
前売: 一般 3,190円(税込)
当日: 一般 3,190円(税込)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロングランプランニング株式会社 >
  3. 人形劇団プーク『わにがまちにやってきた/りんごかもしれない』が上演決定。カンフェティにてチケット販売。