サッカー進路セミナー「進学先とのミスマッチを防ぐ方法」元日本代表年代別監督 吉武博文氏✕秀岳館高校監督 段原一詞氏 8/21開催(株式会社グリーンカード)

「ネットに転がっていない情報を伝える」進路セミナー第4弾は育成のプロによる対談でお届けします。

8月21日(日)20時から21時まで、進路の先でミスマッチが起きないようなサッカー部情報の集め方、進路に対する考え方などを、u-15~18世代の元日本代表年代別監督 吉武博文氏と、20年間でサッカー部人数を20倍にし、無名の高校生たちからJリーガーを輩出している秀岳館高校 段原一詞監督にお話を伺います。みなさんから寄せられた質問を元にしての対談なので、どのようなセミナーになるかは視聴者次第、シークレットセミナーと呼ばれているジュニアサッカーNEWS主催のオンラインセミナー第4弾です。

アマチュアサッカーにおける情報の地域格差、環境格差の不平等を改善するため、ジュニアサッカーNEWSは2021年4月から不定期にサッカーの進路についてのオンラインセミナーを開催しています。
第4弾は「進学先とミスマッチを起こさないために」というテーマで、学校の選び方、サッカー部に関する情報の集め方、注目点などを育成のプロである元日本代表年代別監督 吉武博文氏と、無名選手の中からJリーガーを輩出してきた熊本県の強豪校・秀岳館高校サッカー部 段原一詞氏のコラボレーションでお送りいたします。
  • セミナーテーマ
どんなにいい選手であっても、どんなにいいチームであっても、
そこで不幸な「ミスマッチ」がおきてしまと、サッカーをやめてしまう。
全国的に毎年何人も、そんな不幸なことが起きています。

生き生きとサッカーを続けるために、チームのどこを見たらいいのか?
高校生サッカー選手にとっての「文武両道」とは?

吉武監督と段原監督は
・自分に本当に合うチームの見分け方はある
・自分に合った環境で成長し、輝くことが一番大事
そのために知りたいことがあったら何でも答えるよ。とおっしゃっています。

情報過多な時代だからこそ、ネットに転がっていない情報を聞き出してお届けする。
ジュニアサッカーNEWSのシークレットセミナー第4弾です。

みなさまから事前にいただいた質問をもとに進めていきますので、「本当に知りたいことが聞ける」とご好評いただいています。
聞きたいことがある方は、お申し込みの際にご質問をお忘れなく。
  • 講師紹介

吉武 博文  2011~2014日本代表年代別監督

年代別日本監督として、現在日本代表を支えている冨安健洋選手・堂安律選手などを指導、世界大会ベスト8などの数々の実績を持つ。たくさんの中学・高校年代の有望選手を見てきた経験から、「真の育成ができる環境は?」を教えていただきます。

吉武 博文 〔Hirofumi Yoshitake〕
生年月日 1960年6月8日
取得資格 ・公財 日本サッカー協会公認 S級コーチ
・AFC Pro-Diploma
・公財 日本スポーツ協会公認 コーチ4
・中学校高等学校教諭専修免許
主な指導歴
・JFAエリートプログラムU-14監督
・JFAナショナルトレセン
・大分トリニータU-15
・U15/U16/U17/U18 日本代表監督
・JFAアカデミー福島U-15監督
・FC今治トップチーム監督
・東京ヴェルディヘッドコーチ
・アローズ長崎 GM
 

段原 一詞 秀岳館高校サッカー部監督(熊本県)

スカウトなしで入学してきた生徒たちの中からプロサッカー選手を育て上げる、育成力に定評のある監督。部員数20名前後、1回戦負け常連だったサッカー部を部員10倍、熊本4強の1つに育て上げた。「サッカー部に入ってから「違ったな」ってなるのが一番悲劇」という監督に、ミスマッチが起きないための方法について伺います。

段原 一詞 [Kazushi Danbara]
1997年 高知県明徳義塾高校サッカー部監督
2001年 熊本県秀岳館高校サッカー部監督
明徳義塾高校監督時代に1度、秀岳館高校監督時代に1度(2020年現在)、全国大会にサッカー部を導いている。※
輩出したJリーガーは2021シーズンロアッソ熊本加入のターレス選手、ケンタ選手で11人目になる。
秀岳館高校校長補佐、英語科教諭。

※明徳義塾 全国選手権1度(初出場)インターハイ1度(初出場)四国大会3度
秀岳館 全国選手権1度(初出場)九州大会3度

  • セミナー詳細
日時:2021年8月21日(日)20:00~21:00
申し込み締め切り:8月15日予定
オンラインにて開催
料金:通常3000円のところ、夏休み特別企画のため500円

セミナー申し込みはこちらから
https://green-card-event04.peatix.com/

ジュニアサッカーNEWSはこちら
https://www.juniorsoccer-news.com

お申し込みの際にご質問を自由にお寄せください。
お待ちしています。

なお、チケットの売り上げからシステム使用料と運営費用を除いた収益はすべて、秀岳館高校サッカー部の活動費にあてられます。

【ネットに転がっていないシークレットセミナー第4弾】、ご期待下さい。
  • 株式会社グリーンカードとは
「アマチュアサッカーに革命を起こす」をミッションに掲げ、情報の透明性・即時性を追求している会社です。
メインメディアであるジュニアサッカーNEWSは2020年11月に月間1200万超PVを達成。
4年間にわたる少年サッカー応援団の運営を通して得た「本当に保護者に喜ばれるチームホームページ」のノウハウを活かしてサポートしているチームは京都橘サッカー部、矢板中央サッカー部、福岡大学サッカー部など全国50に上ります。

コロナのためにインターハイがなくなった去年、全国に先駆けて佐賀のSSP杯で1回戦から全試合のライブ配信と特設サイトで新しい生活様式のサッカーの楽しみ方を提示し、その後、こうした取り組みに共感をいただいた各県のインターハイ予選(2020年度 佐賀、徳島、富山、沖縄、2021年度 福岡、沖縄、佐賀、大分、宮崎、熊本、徳島、福島(最終日のみ)、京都(最終日のみ))、全国U-18クラブユース選手権(男女)、サニックス杯(男女)、などをライブ配信して参りました。
地理的デメリットなく誰もがサッカーを楽しめる世の中を目指し、各種クラウドファンディングも成功させてきました。
2021年3月からは「ネットに転がっていない情報をお届けするシークレットセミナーシリーズ」として、強豪校の監督たちをゲストに限定セミナーを行っています。
  • 会社概要 
会社名 : 株式会社グリーンカード
オフィス : 〒810-0001 福岡市中央区天神2-11-1 福岡PARCO新館5階
代表者 : 羽生博樹
設立 : 2015年1月
URL:https://www.green-card.co.jp/
 事業内容・メディア運営
・チーム・スクール・大会HP制作、運営
・運営・集客コンサルティング
・クラウドファンディング型チーム支援サイト運営
・ECサイト運営
・イベント企画・運営
・ライブ配信サービス
 
主な運営サイト
・月間170万人が訪問 - 「ジュニアサッカーNEWS」
https://www.juniorsoccer-news.com/
・地域密着サッカーポータル - 「全国少年サッカー応援団」
http://www.junior-soccer.jp/
・チーム専用HP制作サイト - 「グリーンカードWEB」
https://soccer-hp.com/
・スポーツキュレーションメディア - 「グリーンカードニュース」
https://green-card-news.com/
・アマチュアスポーツ動画配信サイト - 「グリーンカードLIVE」
https://gc-movies.net/
・チーム専用クラウドファンディング - 「グリーンカードサポーター」
https://gc-support.net/
・次世代型大会運営サービス - 「グリーンカードモデル」
https://gc-model.com/
・ニューノーマルなイベント配信 - 「グリーンカード イベントLIVE配信」
http://gc-livevideo.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グリーンカード >
  3. サッカー進路セミナー「進学先とのミスマッチを防ぐ方法」元日本代表年代別監督 吉武博文氏✕秀岳館高校監督 段原一詞氏 8/21開催(株式会社グリーンカード)