DXを推進するBtoB受発注システム「CO-NECT」発注済み商品をカレンダー形式で確認できる納品カレンダー機能を実装!

〜発注漏れを防ぎ受発注企業双方の売上機会損失を防ぐ機能を実装〜

BtoB受発注システム「CO-NECT」を提供するCO-NECT株式会社(東京都千代田区、代表取締役:⽥⼝ 雄介)は、発注CO-NECT上でカレンダーから発注商品の確認を行える納品カレンダー機能の提供を開始しました。
・発注した商品が届く日を知りたい
・いつ届くように発注したか忘れてしまった
・カレンダーで納品日を確認したい


本機能は上記のような発注ユーザー様からカレンダー形式で納品予定日や納品希望日を管理したいという
要望にお応えし、実装いたしました。

本機能の実装により今まで発生していた発注漏れや誤発注の削減、
それに伴う受注企業様の売上機会の損失や、仕入れ忘れによる発注企業様の売上機会の損失を防ぐ効果を
見込めます。

■納品カレンダー機能とは

今まで発注履歴や発注レポートで管理を行っていた発注済み商品の入荷予定をカレンダーで確認できる
機能です。*1

*1
お取引先(仕入れ先)が受注CO-NECTを導入済みでCO-NECTを通しての注文のみ確認可能です。
また卸、メーカー、商社といった受注企業様側のオプション機能となっております。
CO-NECT導入済み企業様や、導入をご検討中の企業様は発注企業様のご要望の多い本機能を
是非お試しください。
 

発注企業の欠品を防ぐ事により受注企業側も売上機会の損失を防げます発注企業の欠品を防ぐ事により受注企業側も売上機会の損失を防げます


■今後の展望
ユーザー要望の多い機能拡充に留まらずIoT機器との連携による自動発注や自動在庫連携、受発注時の利便性を高めるクレジットカードやコンビニ決済機能の拡充を予定しています。
今後も、受注・発注両方のユーザーにとって使いやすく、双方の業務に浸透する受発注DXサービスになるよう努めてまいります。

■BtoB受発注システム「CO-NECT」とは
FAXや電話といった従来のアナログな受発注業務を簡単にデジタルに置き換えられる受発注システムです。発注側はスマホやPCで数クリックで発注可能、受注側もインターネットが繋がる環境であればどこでも注⽂を受けることができます。導入費用対効果が高い企業様では年間1万時間の業務時間削減効果も実現しています。

■会社概要
CO-NECT株式会社は、「やさしいテクノロジーで社会をアップデートする」をミッションに、ユーザーのITリテラシーの⾼低に左右されず使えるBtoB受発注システム「CO-NECT」を運営しています。

2020年11⽉には、ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2020にて「ニュービジネスモデル賞」を受賞しました。
また、昨年ダブルシャープ・パートナーズ株式会社、及び事業会社2社より2億1,000万円の資⾦調達を実施。
今年、中国電⼒株式会社よりシリーズAの資⾦調達を実施いたしました。


会社名:CO-NECT株式会社
本社所在地:東京都千代⽥区内幸町1-1-6 NTT⽇⽐⾕ビルB2F A12号
代表取締役:⽥⼝ 雄介
事業内容:BtoB受発注システム「CO-NECT」、ウイスキーコミュニティアプリ「HIDEOUT CLUB」
コーポレートサイトURL:https://conct.co.jp/「CO-NECT」サービスサイト:https://biz.conct.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CO-NECT株式会社 >
  3. DXを推進するBtoB受発注システム「CO-NECT」発注済み商品をカレンダー形式で確認できる納品カレンダー機能を実装!