GLMがIT重説の実証実験業者として登録完了

~ITを活用した不動産売買の重要事項説明に係る社会実験に参画~

投資用不動産を扱うグローバル・リンク・マネジメント(本社:渋谷区、以下「GLM」)は、国土交通省が不動産取引における対面原則の見直しを目的に推進する「個人を含む売買取引におけるIT重説の社会実験」の実証実験事業者として登録が決定したことをお知らせします。これをもちましてGLMは2020年6月(予定)より個人向けIT重説を開始し、対面が前提とされる不動産売買手続きの非対面化およびオンライン化を目指してまいります。


【概要】
 通常は対面で行う不動産売買取引における重要事項説明を、社会実験としてテレビ会議システム等を用いて実施します。本件は、国土交通省が実施する社会実験であるため、重要事項説明が録画・録音されるとともに、事後に説明対象者に対してアンケート回答のご協力を依頼します。

・実施期間             2020年6月~2020年9月30日(予定)
・対象取引             主に投資用不動産売買における取引
・活用ツール          ビデオ会議システムまたは、テレビ電話システム
・実施方法    ITを活用した重要事項説明に係る社会実験のためのガイドライン(国土交通省)を遵守

 不動産の売買取引において、現行の法令上では宅地建物取引士による対面での重要事項説明が義務付けられております。しかし、生産年齢人口の減少や社会のデジタル化において、テレビ会議システム等を用いて重要事項を説明する「IT重説」が国土交通省により推進されており、不動産業界で注目されています。GLMでは2020年4月より投資用不動産オンラインセミナーを毎日開催しており、資金確定は非対面でのオンライン手続きが可能な金融機関を中心に対応しております。「IT重説」実施により、販売フローのオンライン化を実現します。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されてもなお、公表された新しい生活様式の実践のためにも今後その需要はさらに伸びていくと予想されます。
 GLMはIT重説およびITによる不動産ソリューションを推進し、世界においても価値が高い「東京都心の不動産」を通じて豊かな社会を実現してまいります。

【GLM 会社概要】
社名:     株式会社グローバル・リンク・マネジメント
設立:     2005年 3月
資本金: 500百万円(2019年 12月末)
代表取締役:金 大仲(きむ てじゅん)
本社:     東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティウエスト 21F
事業内容:不動産ソリューション事業(投資用不動産の開発、販売、マンション管理 等)、プロパティマネジメント事業
会社HP:https://www.global-link-m.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバル・リンク・マネジメント >
  3. GLMがIT重説の実証実験業者として登録完了