ギャラクシーブックス著者、梶原千沙都さんが3月19日(木)「NHKラジオ深夜便」に出演決定!

誰でもすぐに弾けるヘルマンハープの魅力をお届けします。

ギャラクシーブックス(galaxy株式会社)(所在地:大阪市西区、代表取締役社長:加戸 昌哉)は出版社を運営、さまざまな専門分野の書籍をAmazonPODで発行、著者ブランディング支援を行っている。
3月19日(木)午前4時ごろから放送される「NHKラジオ深夜便」にギャラクシーブックス著者である梶原千沙都さんが出演されることが決定。番組内ではインタビューが行われた「ヘルマンハープと私の人生について約40分間にわたり語られる。

ドイツが贈る音楽のバリアフリー!
「夫の転勤でウィーンに住んでいた2003年に、私はこれまで見たことのない美しい、しかも誰でもすぐに弾けるヘルマンハープという弦楽器に出会いました」

ヘルマンハープとは?
ドイツ人の農場主ヘルマンさんが、ダウン症のある息子のために1987年に開発した愛の楽器。音符の球を書いたシートを弦の下に差し込み、線で結ばれたフレーズを指で辿っていくと、自然とメロディーを奏でられる仕組み。五線譜が読めなくても演奏できる弦楽器。


開発者のヘルマンさんから日本での普及を任されることになり、43歳から人生は一変し、音楽事業に携わることになる。

「これまで年間3000人以上の人を教えながら、世界で初めてのヘルマンハープのメソッドや本格的なソロ演奏を生み出してきました。教室は北海道から九州まで約150ヵ所あり、ヘルマンハープの自由なサークル活動も盛んです。今や約5000人が性別、年齢、障がいの有無を超えてヘルマンハープを愛好しています。よろしければぜひ私の数奇な人生の出会いをお聴きくださいね!」

【プロフィール】
梶原千沙都
奈良女子大学卒業。弾き歌いを得意とするヘルマンハープソロ奏者。日本ヘルマンハープ振興会を設立し、同振興会会長。15年以上にわたる障がい者の生涯教育支援活動が評価され、日本ヘルマンハープ振興会は令和元年度の文部科学大臣表彰を授与される。ヘルマンハープの奏法開発者。インストラクター養成講座主宰、NHK文化センター青山教室、梅田教室、池袋コミュニティカレッジ講師。
【CD】「会えるそのときまで」
「バリアフリーの花~ヘルマンハープサウンド~」
【著書】「ヘルマンハープの奏法<基礎編>」(2012音楽之友社刊)

ヘルマンハープものがたり~大切なものはなんでもないところで生まれるんだよ~
人の人生を変えるほどのヘルマンハープの音の力とは? ヨーロッパと日本を舞台に楽器の誕生からこれまでのヘルマンハープヒストリーをまとめた1冊になっています。
Amazonにて販売中:https://amzn.to/2JJA4ps

 

【galaxy株式会社】
mission:
助け合い(愛)で未来をつくる。
vision:
社会貢献を通じて人をつくる。

(お問い合わせはこちら)
galaxy株式会社
広報部 赤木
〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-2-19 AXIS西本町セントラルビル3F
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目3-18 ビラモデルナB棟302号
Osaka Tel:06-4390-4309
Mail:galaxyinfo@galaxyinc.co.jp
URL: https://galaxyinc.co.jp/
  1. プレスリリース >
  2. galaxy株式会社 >
  3. ギャラクシーブックス著者、梶原千沙都さんが3月19日(木)「NHKラジオ深夜便」に出演決定!