ストックマーク、11億円のSeriesC資金調達を実施

〜リサーチDXを推進し、製造業を中心に国内エンタープライズでの利活用が進む〜

世界中のあらゆるビジネステキストデータを最先端の自然言語処理技術で解析し、企業の顧客価値創造を支援するストックマーク株式会社(東京都港区)は、SeriesCラウンドにて総額11億円の資金調達を実施いたしました。累計資金調達額は30億円となり、ビジョン「AIとヒトのポテンシャルを最大化し、顧客価値経営を実現するプラットフォームを提供する」の実現に向けて、更に事業成長を加速させてまいります。

※その他金融機関からの借入を含む                             
​※最終クローズ前の投資家様も含む

ストックマークは、最先端の自然言語処理技術を用いて、国内外約3万5千サイトの膨大なビジネスニュースをAIによる分類でお届けする「Anews」、ニュースをもとにAIが自動で事業環境を端的に可視化する「Astrategy」の2つのサービスのご提供で、企業様のイノベーション創出のご支援をしております。主に製造業を中心に、リサーチ業務のDXを加速し、国内エンタープライズでの活用が急速に進んでいます。

【 SeriesCラウンドのポイント 】 
グロース市場の軟調な市況下において、既存投資家様の変わらぬご支援に、そして新たに強力なパートナー様を迎えることができ、心から嬉しく思います。本ラウンドにおけるポイントは以下の通りです。
  • 大和企業投資様を筆頭に、既存投資家の皆様が早期にフォローオン投資を決めてくださり、目標調達金額の大半を確保できました。これにより新規投資家様検討スピードが向上し、さらに大きく信頼感を高められました。
  • 自然言語処理及びナレッジグラフ(事象の関係性のデータベース)等、当社独自の高いAI技術が将来的に大きな差別化要素及び競争優位性となり、全ビジネスパーソンに展開可能な最大市場規模の実現可能性、ならびに日本発のBigtechに成長するポテンシャルを強く感じていただきました。特に東北大学ベンチャーパートナーズ様においては、東北大学乾研究室との共同研究のさらなる進展に期待していただきました。
  • 国内GDPの20%を占める最大産業である製造業を中心に国内エンタープライズ企業に広く深く浸透し強固な顧客基盤を築いている点を評価いただきました。そして、多くの企業における事業創出、ナレッジマネジメントにおいて、高いエンゲージメントを実現し、中長期的に高い成長率を実現できると評価していただきました。
  • 投資先行型ではなく、エンタープライズフォーカスによって理想的なNRR(売上継続率)を維持することで、適切にキャッシュフローをコントロールし、高い資本効率を実現できると評価いただきました。

【 ストックマークにおける事業成長の軌跡 】
2016年11月設立以降、自然言語処理技術のリーディングカンパニーとしてサービスの開発/向上に邁進してまいりました。その中でのハイライトをご紹介いたします。
製造業を中心にリサーチDXを実現するプロダクト
  • 当社は国内外3万5千サイト(現在日本語及び英語に対応)、年間数億ニュースの解析を実現する国内最大規模の情報活用プラットフォームに成長しました。
  • 新規事業/商品/技術開発における市場調査を、より早く、より安く、より深く実現する「Astrategy」、及び組織内にニュースを中心に顧客/技術/市場/トレンド等イノベーション情報を流通させ、全社員をマーケター化する「Anews」をご提供しています。
  • 単にニュースを見るだけではなく、ニュースから業務に直結する情報をご提供する事業環境レポートや将来年表などの機能を開発することで、多くのユーザー様より賞賛のお言葉をいただきました。

自然言語処理でお客様の情報収集・分析をサポート
  • 当社はニュース記事から重要な情報を自動的に抽出し整理する「構造化」の技術に強みを持ち、それを用いて、膨大なニュース記事からのビジネスにおける情報収集・分析を支援するためのサービスを開発してきました。
  • 2021年11月より日本の自然言語処理をリードする東北大学乾研究室との共同研究を開始し、当社のコア技術である構造化をより一層進化させるとともに、ビジネスシーンにおける「ナレッジグラフ」を構築する取り組みも行なっております。

製造業/研究開発部門を中心にエンタープライズの強固な顧客基盤を構築
  • 国内大手製造業企業を中心に活用が進んでおり、日経225にノミネートされる企業様の約25%が当社プロダクトをご利用いただいております。
  • 研究開発部門を中心に、コーポレート全体、事業部、営業部署へと全社展開が始まっており、エンタープライズ企業を中心にした強固な顧客基盤を保有しております。

【 今後の事業展開と皆様にお届けしたい価値 】
日々の業務に溶け込み、データドリブンな意思決定をサポートするパートナーへ進化
  • 人類の情報活用を進化させるプロダクトを生み出していきます。現在の情報活用はまだまだ原始的だと感じています。料理に例えるなら、自分で山や海に入って素材から集めて調理することを誰もがやっている状態です。当社のプロダクトは、情報活用を必要な料理が瞬時にデリバリーされる現代の生活スタイルに押し上げるものです。
  • 高速かつ複雑に変化する現在において、新しい価値を生み出すために、最適な形で情報が加工、整理されて、意思決定に必要な情報にいつでも瞬時にアクセスできる世界を作ります。
  • それは1つのプロダクトにとどまらず、ビジネスパーソン個人のあらゆる業務を支援するパートナーとして存在し、個々の情報活用が組み合わさって企業の意思決定を支えるインフラとしても機能する世界を目指します。

独自ナレッジグラフを構築し、説明可能性の高い汎用ビジネスAIを開発
  • 世界中のオープンデータからビジネスドメインの知識のデータベースであるナレッジグラフを構築し、それを活用することでお客様の情報収集・分析・レポート作成の業務を自動化することを目指します。 
  • 社内データから各社ごとに最適化されたビジネスナレッジグラフを構築する技術を開発し、ビジネスシーンにおける意思決定を担えるAIの開発を目指します。

製造業における全社的な活用から他業界展開と、全サービスへのインフラ化
  • 世界中の非構造データとヒトの嗜好をAIで構造化し、AIがナレッジを生み出すことで、新規事業や既存事業に関わらずビジネスにおける「意思決定」のあり方を革新し、Saasサービスとして全ビジネスパーソンが活用するサービスとなっていきます。 
  • ビジネスにおける「意思決定」は、人類の思考として万国共通であるため、国内からグローバルへの展開を実施します。 
  • 上記過程で実現する、検索とレコメンドエンジン、あらゆる非構造データを構造化するナレッジグラフをPaas化し、国内サービスのインフラとしても展開を行います。
  • 販路を大きく拡大し、全国の代理店網においても、イノベーション支援をしている体制を作ります。

異能を惹きつけ、顧客価値経営を体現する組織への進化
  • ビジョンである顧客価値経営を体現するために、個人の最大の権限を移譲し、自律分散型、そしてアジリティの高いの組織へと進化して参ります。
  • そのために、更に採用を加速し、国内外の異能を集結させていきます。トップランナーと自負している自然言語処理技術を高める機械学習リサーチャー、あらゆるデータを活用できるようにしていくためのエンジニア、お客様の未だ満たされていないニーズをプロダクト化するためのカスタマーサクセス及びプロダクトマネージャー等、異なるケイパビリティを持ったスペシャリストが融合する高度な企業文化を構築します。

【 投資家からのコメント 】
大和企業投資株式会社 代表取締役社長 平野 清久様 
ストックマークの力強い成長と進化を目の当たりにし、前回に引き続き出資を決めました。 弊社でも「Anews」「Astrategy」を導入してから組織内での情報取集、ナレッジ共有、コミュニケーションが大いに活性化していると実感しています。 高い自然言語処理技術、抜群のチームワークで企業のイノベーションを支援し、人類をよりスピーディーに、創造的にしてゆくストックマークの未来に期待しています。 弊社も引き続き全力で支援して参ります。

東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社 代表取締役社長 樋口 哲朗様
ビジネス分野に特化した当社の自然言語処理技術による革新的情報収集が、国内産業のイノベーション創出強化に繋がることが期待でき、東北大学の先端研究との共同研究成果が、プロダクトの競争力強化に大いに貢献できると判断をし、投資を決定しました。今後も国立大学発の革新的技術の社会実装に向けて、大学発ベンチャーに対する積極的な支援を進めて参ります。

HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND 
株式会社博報堂DYベンチャーズ パートナー 漆山 乃介様

ストックマーク社は、顕在化された情報の整理だけでなく、感じてはいるがどう活かしていけば良いかわからない情報を、手触り感のある知に落とし込むプロダクトを擁しています。それは同社の高度なエンジニアリングと人間中心の着想の掛け算によってなし得るものだと感じています。今後は、博報堂DYグループが有する生活者発想とクリエイティビティも掛け合わせ、企業の新たなイノベーションの創出に向けてともに取り組んでいければと思います。

Bonds Investment Group株式会社 代表パートナー 野内 敦様
前回に続き出資させていただきました。決め手は経営チーム、前回よりもさらにバランス良くハイレベルになっています。事業面も主力の2プロダクトの相乗効果が出始めたこと、顧客ニーズの明確化によって着実な事業成長をしてきました。今後は、一層AI技術による強みの発揮に期待しています。

ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 早川 与規様
ストックマークは一人一人の生産性向上を実現しながら、チームの組織力強化にも寄与する素晴らしいプロダクトを提供しています。ユナイテッドでも企業のDX化を支援する事業を複数展開しており、本プロダクトに大変価値を感じています。今後、企業および産業の成長に欠かせないサービスになることを期待するとともに、一緒に企業のDX化支援の領域を盛り上げていきたいと考え、この度出資をいたしました。

三菱UFJキャピタル株式会社 代表取締役社長 坂本 信介様
企業の各社員が欲する情報を、AIを駆使して適時適切に届けるというユーザーニーズに付加価値を高めて応えるサービスに共鳴して投資させて頂きました。
ストックマーク様の一層の成長と、ユーザー様への高付加価値提供の実現に向け、全力で応援して参ります。

【お知らせ】
テックカンパニーとして加速していくため8/31にイベントを開催
今回、シリーズCよりご参画いただく東北大学ベンチャーパートナーズ 常務取締役 山下 翔氏、日本の大企業と日米のベンチャーの架け橋として活躍されるWiL パートナー 久保田  雅也氏、ストックマークからはCTOの有馬 幸介の3名で、「いま注目のAI!自然言語処理の実社会活用と未来構想」と言うテーマでディスカッション形式のイベントを開催致します。 
アカデミック、ベンチャーキャピタル、海外動向、スタートアップの4つの視点から、今自然言語処理の技術はビジネスでどこまで活かされていて、これからどのように発展していくのか、自然言語処理が持つその魅力&ポテンシャルを皆さんに分かりやすく楽しくお伝えできるコンテンツとなっております。
申込ページ(無料):https://stockmark.co.jp/news/20220808

採用サイトが新設オープン
ストックマーク関連の記事や動画、イベント情報などを中心に、採用しているポジションの紹介などを行っています。
採用サイト:https://stockmark.wraptas.site/

【 ストックマーク株式会社 会社概要 】
ストックマークは「価値創造の仕組みを再発明し、人類を前進させる」をミッションに掲げ、最先端の自然言語処理技術を活用したSaaSを提供し、企業様の攻めのDXと事業創造活動を支援しております。
国内外約3万5千サイトの膨大なビジネスニュースを自然言語処理により分類。業務に直結する情報をAIが届けることで、組織の情報収集能力と感度を高め、事業アイディアの着想と組織内での発展を促す「Anews」、市場分析から将来予測までを端的に可視化し、事業機会と活動事例の分析をサポートする「Astrategy」によって企業様の新たな価値創造をサポートしています。

会社名:ストックマーク株式会社
所在地:東京都港区南青山一丁目12番3号  LIFORK MINAMI AOYAMA S209
設立:2016年11月15日
代表者:代表取締役CEO 林 達
事業内容:自然言語処理を活用した、事業機会の探索と意思決定の支援を行うサービスの開発・運営
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ストックマーク >
  3. ストックマーク、11億円のSeriesC資金調達を実施