『食べチョク』運営のビビッドガーデンが6億円を調達。ヤマト運輸との連携をはじめ、調達資金でサービスを強化予定。

こだわり生産者が集うオンライン直売所『食べチョク』を運営する株式会社ビビッドガーデン(本社:東京都港区 代表取締役社長:秋元里奈)は、株式会社ジャフコをリードインベスターとして、既存株主であるマネックスベンチャーズ、VOYAGE VENTURES、デライト・ベンチャーズ、NOWから総額6億円の第三者割当増資を実施しました。

調達した資金は『食べチョク』をより一層強化するためのマーケティング・人材採用・物流構築に充てる予定です。なお食べチョク物流構想の第一弾として9月頃からヤマト運輸と連携を開始し、生産者や購入者に対し新たな価値の創出を目指していきます。

【上段左から】デライト・ベンチャーズ 南場智子、NOW 梶谷 亮介、NOW 中島 弘貴、デライト・ベンチャーズ 永原健太郎
【下段左から】 VOYAGE VENTURES 高田絹子、ビビッドガーデン 秋元里奈、ジャフコ 小沼晴義、マネックスベンチャーズ 和田誠一郎


■今回の引受先 *敬称略、順不同
・(新規)株式会社ジャフコ
・(既存)マネックスベンチャーズ株式会社
・(既存)株式会社VOYAGE VENTURES
・(既存)株式会社デライト・ベンチャーズ
・(既存)株式会社NOW


■資金調達の背景・目的
農業従事者の平均年齢は67歳。農業従事者数は減少の一途をたどっています。こうしている間にも廃業を決める生産者がいます。一次生産者の販路を広げる「食べチョク」の仕組みをより早く、多くの生産者さんに使っていただくため に、この度シリーズBの資金調達を行いました。『食べチョク』のサービスを一層強化するべく、今回調達した資金は主に以下の用途に充ててまいります。
・新規顧客獲得のためのマーケティング強化
・開発人材、幹部人材の採用強化
(求人はこちら:https://www.wantedly.com/companies/vivid-garden/projects )
・物流サービスレベルの向上(食べチョク物流構想への投資)※詳細は後述。


■食べチョクについて
『食べチョク』は、こだわり生産者から直接食材や花きを購入できるオンラインマルシェです。野菜・果物をはじめ、米・肉・魚・飲料といった食材全般と、花き類を取り扱っています。また好みに合う生産者を選んでくれる野菜定期便「食べチョクコンシェルジュ」や旬の果物が届く定期便「食べチョクフルーツセレクト」があり、定期的なお取り寄せができるのが特徴です。また、友達と分けあえる「共同購入」の機能や販売前に商品を取り置きできる予約機能などもあり、ライフスタイルに合わせた様々な買い方を提供しています。2020年7月に登録生産者数2,200軒を突破し、8,000品を超えるこだわりの逸品が出品されています。
・WebサイトURL:https://www.tabechoku.com/
・iOS版アプリ:https://apps.apple.com/jp/app/id1517340079


■各投資家からのコメント​
・小沼晴義(株式会社ジャフコ プリンシパル)

ビビッドガーデン社が運営する『食べチョク』は、全国のこだわりの生産者から、自分が食べたい・家族に食べさせてあげたい、新鮮な野菜、果物、肉、魚、を手軽に購入できる、旬の食材を楽しめる、世の中に無くてはならない存在です。創業者の秋元さんをはじめとして、運営に関わる方々の『想い』が込められているサービスと感じています。
これからも、生産者と消費者との双方の満足度を高める努力を惜しまない会社として、また消費者から繰り返し繰り返し利用される『食』のマーケットプレイスとしてのさらなる成長を期待していますし、ジャフコとしても全力で応援していきます。


・和田 誠一郎(マネックスベンチャーズ株式会社 代表取締役)

世の中のあらゆる環境は大きく変化しました。この環境変化を冷静に見極め、「農家のこだわりが正当に評価される世界」の実現に向けて、我々が何をするべきか。課題に真摯に向き合い、一つ一つ実現してきた秋元さん率いるチームメンバー全員を心から尊敬します。生産者様、購入者様を始めとする多くの人々に支えられて、大きく飛躍したビビッドガーデン。新しい株主、新しい仲間を迎え入れ、社会に不可欠なサービスとなるべく、さらなる拡大に向けて、チームメンバー全員と共に邁進してまいります。


・高田 絹子(株式会社VOYAGE VENTURES インベストメントマネージャー)

既存株主としてこの一年、数々のアライアンス、キャンペーン施策を遂行させてきたビビッドガーデン社に伴走でき、喜ばしく思います。多様な企画力、関係各所との調整力に裏打ちされた数多の施策の積み重ねがあるからこそ、今回コロナ禍においても、生産者向けに、どこよりも機動的に、全方位、全力での支援体制を敷くことができたといえます。各種施策を通じ、社員の方々の個々の経験と実行力が増し、ビビッドガーデン社は、より有機的で力強い組織体へと進化しています。今回新たな株主としてジャフコ社がジョインすることで、各方面とのアライアンス強化も期待できます。ビビッドガーデン社が生産者にとって必須のインフラの一つとして役割を果たせるよう、“チーム食べチョク”で共に力を合わせていきたいと思います。


・南場 智子(株式会社デライト・ベンチャーズ マネージングパートナー)

チーム秋元は見事順調に前進を続けています。農家や顧客の声を聞き、トレンドを捉え、組織体制を強化し、そして明るさと勢いを失わずに、積極的な事業展開を推進中。DeNA時代からずっと秋元さんを見ている私にとっては、嬉しくて、眩しくて、最高です!
農家、消費者、そして日本を元気にするビビッドガーデンの更なる発展に向けて、デライトベンチャーズは全力でチーム秋元を支えて行きます。


・永原 健太郎(株式会社デライト・ベンチャーズ プリンシパル)

ビビッドガーデン社にはちょうど一年前、ファンドが立ち上がって間もないタイミングで投資をさせて頂きました。当時から秋元さんは生産者さんにどう貢献するか、そしてユーザーさんに美味しい野菜を届け素晴らしい体験をいかにしてもらうかを第一に、事業に邁進されていました。
コロナという誰も予想しなかった情勢の中、ブレることなく湧き出る秋元さんの熱量に感化され、素晴らしいメンバーも集い、強力な株主も加わりますます楽しみになってきました。デライト・ベンチャーズとして引き続き応援できることを楽しみにしています。


・家入 一真(株式会社NOW 共同代表取締役)

 

コロナという全世界を襲う未曾有の災害に、たくさんの方々が今、困難を強いられています。こういった時にこそ動けずに、何がスタートアップだ、何がプラットフォームだ、と個人的に思います。今こそビビッドガーデンにできること。それは、これまで愚直に全国の生産者さんと向き合ってきたビビッドガーデンだからこそできる、生産者さんの物語や哲学といったオフラインアセットのオンライン化なのだと思います。株主として、そしていち起業家として、秋元さん率いるビビッドガーデンを引き続き応援していきます。


・梶谷 亮介(株式会社NOW 共同代表取締役)

最初の投資から約2年、僭越ながら、ビビッドガーデンと代表の秋元さんの素晴らしい成長ぶりは目を見張るものがあると感じております。一方、この間、秋元さんとお会いした際(季節問わず笑)、「食べチョクTシャツ」以外を着ている姿を見たことはなく、これは2年前となんら変わりません。
一般に、農業×ITという領域で成功することは想像以上に難しいことだと思いますが、秋元さんは生産者様や消費者様への深い愛情をベースに、上記の通り成長され、初志を貫くこと(Tシャツに代表されるように笑)でブレイクスルーしようとされています。
この度、NOWとして改めてではありますが、秋元さんを始めとしたビビッドガーデンの皆様のこの思いを応援させて頂きたく、追加投資をさせて頂きました。数年後に「食べチョクTシャツ」を着た皆様が東証の鐘を鳴らす姿を楽しみにしております。


・中島 弘貴(株式会社NOW キャピタリスト)

生産者のこだわりが正当に評価される世界を実現する"と強い信念を持った秋元さんのもとに優秀な仲間が集まり、これまで以上に「食べチョク」チームのパワーを感じています。世の中が大きく変化している中で、「食べチョク」が生産者様とユーザー様を繋ぎ、多くの人に食を通して幸せを届けて欲しいと思います。NOWも「食べチョク」の成長を全力で応援していきたいと思っております。


■ビビッドガーデン 代表秋元のコメント

食べチョクがスタートして間も無く3年。創業から一貫して「生産者のこだわりが正当に評価される世界」を目指し走ってきました。月に1,479万円を売り上げる方が出てくるなど、少しずつ食べチョクが貢献できることは増えていますが、まだまだ進捗は1%程度。生産者さんにとってより価値のあるサービスにするために、今回の資金調達を実施しました。調達した資金は購入者・生産者さんの利便性向上、物流強化に充てて参ります。新規株主としてジャフコ社に参加いただき、また多くの既存投資家の皆様が追加出資を決めてくださったことは大変嬉しく、心強いです。サービスや資金だけでなく組織も強化し、さらなるスピードで生産者さんに貢献していきます。今後の食べチョクにご期待ください。


■食べチョク物流構想について
・概要
食べチョク物流構想の第一弾として、9月頃からヤマト運輸とシステム連携を開始します。これにより、生産者は今までより簡単に発送作業をすることができるようになります。
更に、食べチョク特別送料の提供を開始いたします。

・メリット
【1】煩雑な受注・出荷業務の効率化
食べチョクサイトとヤマト運輸のシステム連携により生産者は、出荷指示の取得から伝票発行、配達状況確認までをワンストップで行うことが可能となります。煩雑な受注・出荷業務の効率化し、今後さらなる事業拡大を支援していきます。なお、伝票発行は以下2つの方法から選択可能となります。発送作業が効率的になり、記入ミスを防ぐことができます。
・ヤマト運輸が印字済みのピッキング・出荷用の伝票を生産者へお届け
・生産者自身でデータ入力済みのピッキング・出荷用の伝票を印刷

【2】食べチョク特別送料の提供で通常配送料金から最大47%OFF
各種出荷効率化に取り組むことにより、食べチョク特別送料の提供が可能となりました。通常料金よりもお得な料金で購入・発送が可能です。
例:関東発・関東着60サイズの場合、食べチョク特別送料なら550円(税別)で配送が可能(通常送料は845円程度)


■生産者の皆さま
食べチョクに登録希望のこだわり生産者を募集しています。ぜひご応募ください。
・ご応募はこちら:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfmDX2jVYsMyXNHMrH9zD5SoFJBXqBdX8DzHVbC82bruMjD_w/viewform
・お問い合わせはこちら:farmer@vivid-garden.co.jp


■会社概要
会社名:株式会社ビビッドガーデン
代表者:代表取締役社長 秋元里奈
本社所在:東京都港区白金台2-16-8
設立日:2016年11月29日
事業内容:こだわり食材のマーケットプレイス『食べチョク』、飲食店向け仕入れサービス『食べチョクPro』の開発・運営
会社HP:https://vivid-garden.co.jp/


■沿革
2016.11 株式会社ビビッドガーデン 設立
2017.08 「食べチョク」正式版リリース
2018.02 シードとして4000万円を資金調達、おまかせ野菜定期便「食べチョクコンシェルジュ」リリース
2018.11 法人向け仕入れサービス「食べチョクPro」リリース
2019.07 「肉チョク」「魚チョク」リリース
2019.09 神明ホールディングスと資本提携、「酒チョク」リリース
2019.10 シリーズAとして2億円を資金調達、旬の果物定期便「食べチョクフルーツセレクト」リリース
2020.06  「花チョク」リリース
2020.07 iOSアプリリリース、初のテレビCMを開始

食べチョクのプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/25043
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)ビビッドガーデン/食べチョク >
  3. 『食べチョク』運営のビビッドガーデンが6億円を調達。ヤマト運輸との連携をはじめ、調達資金でサービスを強化予定。