【建築業界初!】CLTに特化した構造計算ソフトを開発!

時間・コスト・経験の課題を解決!CLT建築を思いのままに。

現在日本でトップクラスのCLT建築を手がけるライフデザイン・カバヤ株式会社(代表取締役:野津基弘)は、業界初のルート3まで対応可能なCLTパネル工法の構造計算ソフトを開発。運用を開始した。(財)日本建築センターの工法評定(評定番号:BCJ評定-LW0074-01)も取得済みだ。
 


今回開発した構造計算ソフトでは、時間・コスト・経験などの点から難しいとされてきたCLT建築の構造計算をトータルでサポートする業界初のソフトとなっている。ルート1は仕様規定により比較的多くの壁量が必要となるが、ルート3までに対応した構造計算システムとオリジナルCLT金物によりCLTのポテンシャルを活かし、ルート1の半分程度の壁量とした設計も可能となる。

 

 

新建材であるCLTの構造計算ソフトについては業界内で前例がなく、これまでは手計算、もしくは既存ソフトを複数駆使しての計算が必要とされていた中、本ソフトでは応力計算から断面算定までトータルの計算が可能。簡易構造計算、実施構造計算など、一般のCLT建築で必要な計算日数の約半分で解析ができ、クライアントへの提案もよりスピーディーに行うことが出来るようになった。

また、構造計算書の出力だけでなく、接合金物の干渉チェックに加え構造図の出力も対応している。金物の数やCLTパネルの厚さ・長さ・材積まで出力するので、積算や発注も容易。今まで実績のない設計者でも構造計算を容易に行うことが出来る。木造住宅中心の設計者が住宅以外の学校や老人ホームなどの非住宅設計へ、逆に非住宅中心の設計者が、これまでの物件設計にてCLT工法へ参入できる可能性を広げてくれる。

この度弊社はCLTを利用した日本初の工法評定も取得した。確認申請と構造計算適合性判定の審査もスムーズに行うことができるようになり、本構造計算ソフトは8月に開発済みで、10月から運用を開始している。実績としてはすでに建築確認申請が一件下り、さらに二件目が申請中となっている。

○ライフデザイン・カバヤ株式会社 企業紹介
ライフデザイン・カバヤは岡山県や広島県を中心に2017年度には765棟の注文住宅・分譲住宅を展開。
売上高も187億円規模となり、今年度には広島市内、香川県高松市にも進出。中長期経営計画を基にエリア拡大戦略を推し進めています。

○会社概要
ライフデザイン・カバヤ株式会社 https://lifedesign-kabaya.co.jp/
代表者:野津 基弘
設立:昭和47年12月
所在地:岡山県岡山市北区中仙道二丁目9-11
事業内容:
1. 建築工事の請負及び施工に関する事業
2. 上記事業に関するフランチャイズチェーン事業
3. 建築物の設計及び工事監理に関する事業
4. 土木工事の設計、請負、施工及び監理に関する事業
5. リフォーム及びエクステリア等の設計、請負、施工及び監理に関する事業
6. 不動産の売買及び仲介に関する事業
7. 不動産の管理及びコンサルタントに関する事業
8. 風力・太陽光・地熱の利用等による発電並びに電気・熱の供給に関する事業
9. 清掃事業
10. 警備事業
11. 損害保険代理店事業及び生命保険の募集に関する業務
12. 前各号に付帯関連する一切の事業
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ライフデザイン・カバヤ株式会社 >
  3. 【建築業界初!】CLTに特化した構造計算ソフトを開発!