新型コロナウイルス関連肺炎の影響による中国短期留学プログラムの中止について

東洋学園大学(学校法人東洋学園 本部:文京区本郷 理事長:愛知太郎)では、新型コロナウイルスの感染拡大により、春期に予定していた2019年度「海外文化演習I・中国プログラム」(短期留学生の派遣)の中止を1月24日に決定しました。
本学では、2月23日~3月6日の13日間、中国の浙江旅游職業学院へ11人の学生を派遣する予定でしたが、外務省の「感染症危険情報」によると、中国湖北省全域はレベル3(渡航中止勧告)、それ以外の地域はレベル1(十分注意する)となっており、感染はさらに拡大すると予想されるため、派遣の中止を決定しました。

 学生へは、1月27日に、プログラム中止について説明を行い、中止にかかる費用は大学側が負担することを伝えました。

 <「海外文化演習I・中国プログラム」について>

中国、浙江旅游職業学院で行われる短期留学プログラム。中国語の授業だけでなく現地の学生との交流、中国文化講座、西湖・龍井村と河坊街の観光などが含まれ、本学の学生に非常に人気が高い。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東洋学園大学 >
  3. 新型コロナウイルス関連肺炎の影響による中国短期留学プログラムの中止について