HTC NIPPON、複数のVR端末をタブレットなどで一斉にコントロールする『VIVEセントラルコントロールプラットフォーム(VCCP)』を、いよいよ商用向けにリリース!

複数端末の管理や一斉リモートコンテンツ配信などで、複数台を利用するようなケースでのセットアップが一気に簡単になります

HTC NIPPON株式会社(東京都港区、代表取締役社長:児島 全克、以下HTC)は、複数台(マックス300台)のVIVE FocusやFocus Plusをコントロールできる操作端末(TOCS)、コンテンツ配信や同期をするコンテンツ管理(CCMS)、デバイスのモニタリングなどを行うデータ管理(DMS)に加え、VRコンテンツ作成をサポートする開発ツール(SDK)を含むソフトウェア『VIVEセントラルコントロールプラットフォーム(VCCP)』をリリースします。

 

 
  • VIVEセントラルコントロールプラットフォームについて
VIVEセントラルコントロールプラットフォーム(VCCP)は、商品紹介、教育分野、社内・社外トレーニングなどで、すでに海外で実績のあるソフトウェアです。最大300台までのVIVE Focus, VIVE Focus Plusを1つの端末からワイヤレスでリモートコントロールできます。

 

 

 


VIVEセントラルコントロールプラットフォームには4つの機能があります。

1.コントロールコンソール:TOCS(端末操作コントロールシステム)
最大300台までのVIVE Focus、VIVE Focus Plusを1つのコントロールシステムにワイヤレスで接続できます。コントロールコンソールは、Android タブレットやスマホで動作し、接続しているすべてのヘッドセットが一目でわかるようになっており、1つのヘッドセットを選択することによりそのヘッドセットから見えているVR画面がリアルタイムでコンソール上でも確認できるため、効率的にユーザーが見ている場面の説明をしたり、見てほしいものに誘導したりすることができます。またユーザーが操作に困っているときも、簡単に指示を出して、進行をスムーズにすることができます。


2.コンテンツ管理:CCMS(クラウドコンテンツ管理システム)
クラウド上にあるコンテンツでもコンソール上にあるコンテンツでも、接続している複数のヘッドセットに同時にコンテンツをプッシュ配信できます。また、複数のユーザーに対して、同時にコンテツをスタートしたりストップしたりもできますので、授業や研修であったりビジネスミーティングの場でもスムーズに進行することができます。またコンテンツの登録も名前・カバーイメージ・コンテンツ内容を登録しリスト化することもコンソール上で簡単にできます。

3.データ管理:DMS(データ管理システム)
接続しているヘッドセットの機器番号に紐づけて、各ヘッドセットの接続状態、残電池容量、メモリ残量なども把握でき、またコントローラーの電池容量もリアルタイムでモニタリングできますので、コンソールに接続すればどのヘッドセットの充電が必要なのか、次のコンテンツをプッシュするためのメモリ残量が足りているのかなど、センターですべて把握できます。また、データ収集APIを利用し、基本情報やインタラクションなどの情報収集もでき、後にコンテンツの質向上に役立てることも可能です。

4.VRコンテンツクリエイター:SDK(ソフトウェア開発キット)
直感的なVRコンテンツの作成ツールとしてVRコンテンツコントロールSDKを用意しています。コンテンツのスタート・ストップだけではなく、多彩なコントロールができるようになります。

詳細についてはこちらをご参照ください。
https://enterprise.vive.com/jp/stories/htc-vive-vccp/
  • VIVE Focus Plusについて

■ 没入感のある直感的なコントロール
VIVE Focus Plusのコントローラは6-DOFトラッキングをサポートしており、VRナビゲーションとハンドモーションでより没入感を得られます。また、感圧トリガーにより、仮想環境なかでの相互作用と操作が強化されています。もちろんヘッドセットも6-DOF対応で、ヘッドセットと組み合わせることによって、お客様が仮想世界と現実世界を自由自在に切り替えられ、VRの無限の自由と快適さを実感できます。

■ 強化したVRビジュアル
VRの映像は、レンズが命です。レンズによって、頭を回転させたりした場合の感覚が圧倒的に違ってきます。VIVE Focus Plusでは、旧モデルであるVIVE Focusから一新したレンズを投入することにより、より鮮明に映像をご覧いただけます。また、VIVE Proと同じ有機ELディスプレイを使用しており、VIVE Proと同等のディスプレイ能力を有しています。新しいレンズとの組み合わせで、鮮やかな色やテキストをご確認いただけます。

■ ポータブルで快適、あなたのVR体験を手軽に
革新的な人間工学に基づいて設計されており、快適な重量配分と装着感を実現しました。額に直接当たるパッドは撥水加工されており、使うたびに拭き取れ清潔に保てるので、お客様などに装着して頂くときに安心です。外部センサーも必要ないため、単に装着して頂くだけで簡単にVRの世界に入れます。

■ マルチモード、無限の可能性の創造
強力なCPUを内蔵しておりスタンドアローン用オープンプラットフォームであるWAVE上で動作するコンテンツはすべてご利用頂けます。スタンドアローン用コンテンツもVIVEPORTにて配信しております。
また、VIVE商用リモートレンダリングと組み合わせることにより、PC上で動作する他のVIVEシリーズのコンテンツをストリーミングすることによりワイヤレスPC VRとしてもご利用頂けます。更に、PCやTVの画面をヘッドセット内の仮想大画面でご覧いただいたり、360度のライブストリーミングにもご利用頂けます。
(※専用のアプリやWi-Fi接続が必要となります)
  • VIVEセントラルコントロールプラットフォームに関するお問い合わせ
詳細については、こちらをご参照ください
https://enterprise.vive.com/jp/stories/htc-vive-vccp/

Eメールアドレス:APAC_VIVE_Enterprise@htc.com
にて、製品に関してのお問い合わせを受け付けております。
  • HTC VIVE®について
HTC VIVE®は、企業や消費者に真の VR 体験を生み出す最高の VRプラットフォームとエコシステムです。VIVEエコシステムは、プレミアムVRハードウェア、ソフトウェア、コンテンツを中心に構築されています。VIVEビジネスには、クラス最高のXR ハードウェア、VIVEPORTプラットフォーム、アプリストアを含みます。ビジネス顧客向けのVIVEエンタープライズソリューション、VIVE X:$100Mのビジネスアクセラレータ、VIVE STUDIOS、エンターテイメント、ゲーム、エンタープライズコンテンツスタジオ、そして文化的なイニシアティブであるVIVE ARTSなどがあります。VIVEの詳細については、https://www.vive.com/jp/ をご覧ください。

最新情報はHTC VIVE JAPANのSNSをフォロー
【VIVE Japan Twitter】https://twitter.com/htcvivejapan
【VIVE Japan Facebook】https://www.facebook.com/vivejapan/
  • 製品・サービスについてのお問い合わせ 
VCCPに関するお問い合わせ: APAC_VIVE_Enterprise@htc.com
VIVE Enterprise お問い合わせフォーム: https://enterprise.vive.com/jp/enterprise_inquiry/

※HTCとHTCロゴはHTC Corporationの登録商標です。
※その他の社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。
※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. HTC NIPPON株式会社 >
  3. HTC NIPPON、複数のVR端末をタブレットなどで一斉にコントロールする『VIVEセントラルコントロールプラットフォーム(VCCP)』を、いよいよ商用向けにリリース!