「空き家のみまもりサービス」の試行

日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 衣川 和秀/以下「日本郵便」)は、郵便局ネットワークを活用した取り組みとして、「空き家のみまもりサービス」を試行します。これに伴い、本試行にご協力いただける方を弊社Webサイトで募集します。
  • 目的
 日本全国の空き家数は年々増加しており、空き家が及ぼす防災、衛生、景観などの地域住民の生活環境への悪影響が全国的にも顕在化しています。また、空き家の所有者の中には、遠方で暮らしているために、恒常的・定期的なメンテナンスが困難な方々もいらっしゃいます。
 本試行では、空き家近隣の郵便局社員が定期的に現況をチェックすることで、空き家の所有者に「安心」を提供し、空き家問題による地域社会の課題解決に貢献することを目的としています。
 なお、本試行の結果を踏まえて、実運用に向けた検討をさらに進めていきます。
 
  • サービス内容
 郵便局社員が空き家物件を訪問し、外観の状況や戸締りなど、日本郵便が定めた7か所の項目を確認し、確認結果を写真付きの報告書で報告します。また、オプションサービスとして、物件の鍵をお預かりし、物件内の通風・通水や郵便受箱の片付け、災害後見回りサービスも提供します。

 
  • 募集内容
募集内容対象者:全国の空き家所有者100名程度(先着順)
募集期間:2022年10月28日(金)~2023年1月31日(火)
応募方法:弊社Webサイト内の「空き家のみまもりサービス」のページ(https://www.post.japanpost.jp/life/akiya/index.html)から資料請求いただいたお客さまに申込書をお送りいたします。
試行期間:2023年2月1日(水)~2024年1月31日(水)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本郵便 >
  3. 「空き家のみまもりサービス」の試行