【セミナー動画無料公開】インドIT人材 × ミャンマー ブルーカラー人材が日本を救う!?外国人雇用セミナー<ミャンマー・ユニティ/WooGWay株式会社共同開催>

インドおよびミャンマーの人材エキスパートが外国人雇用の今と未来について語る90分

2020年11月25日(水)、ミャンマー最大の政府認定送り出し機関ミャンマー・ユニティ(日本駐在営業部:東京都千代田区岩本町/最高顧問:北中 彰)は、同年11月20日(金)にWooGWay株式会社(ウーグウェイ/本社:東京都千代田区/代表取締役:関口 友則氏)と共同開催いたしました「インドIT人材 × ミャンマー ブルーカラー人材が日本を救う!?~インドおよびミャンマーの人材エキスパートが語る~」のセミナー動画の無料公開を開始いたしました。お申込みは、以下の申込ページから受付中。

 

  • ご好評いただいたセミナー動画を無料で公開

11月20日(金)にミャンマー・ユニティとWooGWay株式会社が共同開催いたしました「外国人材雇用インドIT人材 × ミャンマーブルーカラー人材が日本を救う!?~インドおよびミャンマーの人材エキスパートが語る~」のセミナー動画の無料公開を開始いたしました。
IT高度人材とブルーカラー人材という対極的な人材をテーマに実践的なノウハウ・外国人を定着化させるコツなどを詳しくご紹介しております。

また、楽天で外国籍人材育成を担当しているチャンドラー 彩奈氏をはじめとした、実際に外国人を雇用している企業の方を迎え、外国人の定着化のコツを徹底討論したパネルディスカッションの様子もご覧いただけます。
 


▼セミナー動画視聴お申込みはこちら
https://www.myanmarunity.jp/pages/10839/


★このような企業の人材採用・人材会社のご担当者様におすすめです

・外国人雇用のメリット・デメリットが知りたい方
・実際に外国人を雇用している企業のお話がききたい方
・外国人雇用の推進に興味のある方
・外国人材を定着させるコツが知りたい方
・ミャンマー人の受け入れに興味のある方
・インド人の受け入れに興味のある方
・企業の人材採用担当者の方

 
  • 注目のインドとミャンマー、2か国の外国人雇用を学べるセミナー

本セミナーは、第1部 講義、第2部 パネルディスカッションの形式で行いました。

第1部は、日本の取り巻く環境から人材雇用の課題をブラッシュアップし、その中で外国人雇用制度を有効に活用していく方法を、インドおよびミャンマーの人材エキスパートであるWooGWay株式会社関口友則氏とミャンマー・ユニティ最高顧問北中彰が解説。インド人とミャンマー人の特徴や良さも取り上げる、外国人雇用の講演です。

第2部は、楽天で外国籍人材育成を担当しているチャンドラー 彩奈氏をはじめとした実際に外国人を雇用している企業の方を迎え、外国人の定着化についてパネルディスカッションを行いました。「外国人を雇うメリット」や「外国人を雇った際の苦労話」などのリアルなお話も聞ける内容となっております。


 
  • インド人材・ミャンマー人材の特徴

《 インド 》
世界の超優良IT企業のGoogleやMicrosoftなどのCEOはインド出⾝であり、インドIT/AIエンジニアは世界のIT企業で⼤きな存在感を発揮し、数多くのイノベーションを起こしております。
元々、数字に強く優秀層は大学や大学院を卒業後、アメリカに渡り仕事をすることも多くアメリカのIT業界を支えているのはインド人と言われるほどでした。しかし、アメリカのビザの発行が厳格化されたことにより渡米の壁が高くなりました。日印国交も良好かつ外国人材の受け入れに積極的で技術力が高いことからインドIT人材にとって日本が選択肢に入るようになりました。そんな背景もあり、インド人IT人材はこれから期待できる点が多数あります。

《 ミャンマー 》
ミャンマーはアジアの中でも経済力が低く、田舎の農村部は未だ日本円で平均月給8000円程度。しかし、ミャンマー人は日本との親和性が高く最も好ましい人材と言えます。高い就労意欲を持つことや国民の90%が仏教徒であること、また識字率と教育水準が相対的に高い若年層の人材が多いことから、今後の成長が見込まれる「ラストフロンティア」として注目されています。AIによる雇用の消失がささやかれる中、近年改めてブルーカラーの仕事にも注目が集まっています。

 
  • セミナー概要
★講演アジェンダ
《 第一部 講義 》
1. 人口激減!統計からみる日本の将来像
2.外国人雇用は有効な手段なのか
3. インドIT人材 × ミャンマー ブルーカラー人材が日本を救う!?
4. Why インド? Why ミャンマー?
5.外国人雇用を上手くいかせるコツ

《 第二部 パネルディスカッション 》
外国人を実際に雇用している企業の方にお話しを伺います。
1.外国人を雇うメリット
2.外国人を雇った際の苦労話
3.定着化させるコツ
4.その他

■スピーカー紹介

ミャンマー・ユニティ 最高顧問
北中 彰

1960年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学卒業後、コンピューターサービス株式会社(現SCSK株式会社)に入社。のち1990年12月に株式会社オフィックス(現株式会社スリーイーホールディングス)を創業し、代表取締役就任。トナーカートリッジにおける環境問題に着目し、リサイクルトナー事業のパイオニアとなる。
2012年よりミャンマーに進出。のち2013年5月ミャンマーに「ミャンマー・ユニティ」を設立し、最高顧問に就任。2019年12月にミャンマー国内での総送り出し人数No.1となり労働大臣より表彰を受ける。現在までに累計1210名の技能実習生を日本へ送り出している。現在では、ラスト・フロンティアと呼ばれるミャンマーで有数の日本企業最高顧問として、日本の少子高齢化による人材不足問題に着目し、全国で技能実習や特定技能など外国人雇用に関する講演会および情報発信を精力的に行っている。
そのほか、3E Global Co.,Ltd Chairman、3E Yangon Co.,Ltd Chairman、株式会社サップ代表取締役、オフィネット・ドットコム株式会社代表取締役。 

 

WooGWay株式会社 代表取締役
関口 友則 氏

成蹊大学経済学部を卒業し、アメリカの大学院でMBA取得後、アクセンチュアに入社。
アクセンチュアで約10年間勤務し、数多くのグローバルプロジェクトを経験。日本の大手企業に対し、経営戦略策定・業務改善・新規ビジネス立ち上げのコンサルティングを実施。既に20ヵ国以上を訪問。
2010年に「日本と世界の架け橋になる」という志でWooGWay株式会社(WorldとGatewayを掛け合わせた造語)を設立し、独立。2014年にナイジェリア社を設立し、2016年にインド社を設立。
インドでは日本食を広げ、胃袋から日本人を支えるため「味のキッチン」という日本の弁当屋を展開したり、日本の若者向けに短期間で日本の常識が通じないインドでビジネス経験させる「カイトレ」というサービスを立ち上げたりとインドマーケットに根差したビジネスを行い、現地との太いパイプを構築。現在は、「IT Jobs Japan」および「IJJ Remote」という日本の課題である人材不足(取り分けIT人材不足)を解決するため、日本とインドを人材で繋ぐビジネスに注力している。

■パネリスト
楽天株式会社 グローバルテクノロジー統括部CTOオフィス
チャンドラー 彩奈 氏

2016年より、楽天の開発人事グループにて、エンジニア向けの研修を企画運営。その後、楽天技術研究所を経て、2020年より現部署に。半数以上が外国籍社員という環境で、現場のニーズに合わせながら、語学研修、異文化研修、技術研修など、幅広いジャンルの研修を企画してきた。

社会福祉法人幸知会 営業部長
佐藤昌親 氏

技能実習生の受け入れにかかる環境の整備を担当(法人内外への周知、現場教育、及び
現地面接への参加、在留資格取得の手続き、宿舎の準備、生活支援等技能実習制度の運用管理を行う)。現在は介護職のミャンマー人技能実習生3名を雇用中(技能実習生の受け入れは2019年6月から)。

株式会社Elpmis 代表取締役
鈴木友也 氏

慶應義塾大学経済学部在学中にアメリカ・オレゴン大学に交換留学。卒業後、株式会社ヨドバシカメラ入社し、観光客を含めた約30か国の方々の接客を担当。2019年3月に株式会社Elpmis創業し、外国人材定着支援サービスを実施中。

 
  • 無料オンラインセミナー・イベントのご案内

ミャンマー・ユニティでは日本の監理団体・登録支援機関・人材会社の皆様を対象に、定期的に無料セミナーを実施しております。
開催は新型コロナ対策として全てオンラインでの開催です。
セミナーでは、技能実習や特定技能に関する内容や、ミャンマー・ユニティの日本語教育に関するご案内、コロナ禍における最新の送り出し状況などの情報発信もいたします。

▼セミナー・イベント情報
https://www.myanmarunity.jp/pages/9284/


 
  • ミャンマー・ユニティについて


会社名:ミャンマー・ユニティ(Myanmar Unity Co.,Ltd)
所在地:Unity Tower, YS 3, Kandawgyi Yeik Mon, No.137, Upper Pansoedan Road, Mingalar Taungnyunt Township, Yangon, Myanmar
代表者:代表取締役 チョー・ミン・トン
ライセンス:ミャンマー国政府公認送出ライセンス License No.54/2016
設立:2013年5月
資本金:5,500,000円

【日本駐在営業部】
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-2-11渡東ビルディングアネックス303
MAIL:info@m-unity.com
TEL:03-5809-2216
FAX:050-5577-5664

会社HP:​​
https://www.myanmarunity.jp/


ミャンマー・ユニティは、今まで1210名(うち介護142名)の優秀な人材を日本企業へ送り出しており、ミャンマー政府より、2019年のミャンマーNo.1人材送り出し機関として表彰されました。ミャンマー・ユニティ運営の「UJLAC日本語学校」および「UKWTC介護学校」では、「1人ひとりを大切に」という教育ポリシーのもと、日本で働くために必要な“生きた日本語教育・日本の介護現場に通用する介護技術の習得”に力を入れた独自のカリキュラムを実施しています。これまで日本へ送り出した技能実習生の職種は、介護、建設、溶接、食品加工、金属加工など多岐にわたり、ミャンマー国民がひとつでも多くのことを学べる社会づくり、もっと多くのことを学びたいと思える環境づくりを創造していけるよう活動しています。
 


■本件に関するお問い合わせ先
ミャンマー・ユニティ
日本駐在営業部(担当:島根)
MAIL:info@m-unity.com 
TEL:03-5809-2216
 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 人材送り出し機関ミャンマー・ユニティ >
  3. 【セミナー動画無料公開】インドIT人材 × ミャンマー ブルーカラー人材が日本を救う!?外国人雇用セミナー<ミャンマー・ユニティ/WooGWay株式会社共同開催>