女子柔道 ダリア・ビロディド選手情報 最新コメント入手!出場大会について

エステティックTBCとパートナーシップ契約を結ぶダリア・ビロディド選手(女子柔道48㎏級/ウクライナ)の出場予定大会情報をお知らせいたします。

 

  • 出場予定大会
2021年1月11日~ DOHA MASTERS 2021(ドーハ マスターズ2021)
 
  • ダリア選手からのコメント
親愛なるファンとサポーターの皆様
まず、今回は再び闘う機会を与えてもらえたことに感謝しています。このトーナメントは、私にとって非常に重要です。
私の目標は金メダルを獲得することです。 
いつも応援ありがとうございます、とても支えられています。
より強くなるよう、頑張ります!

ダリア・ビロディド
柔道家の両親のもと6歳から柔道を始める。2015年世界カデ女子44㎏級を弱冠14歳で制覇し、2018年世界柔道選手権(女子48㎏級)ではこれまで谷亮子(旧姓田村)選手が持っていた最年少記録を更新する17歳345日で優勝。同年の世界ジュニア選手権も制し、史上4人目となるカデ・ジュニア・シニアの年代別3カテゴリ世界制覇を達成。
IJF(国際柔道連盟)女子48㎏級世界ランキング1位(2020年2月3日時点)、世界柔道選手権 2連覇中(2018年、2019年)

2019年12月からTBCグループ株式会社とパートナーシップ契約を締結。
日本の親切なおもてなしや、お互いを尊重し合うことに共感している。
尊敬する柔道家:谷亮子さん
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TBCグループ株式会社 >
  3. 女子柔道 ダリア・ビロディド選手情報 最新コメント入手!出場大会について