ファン待望の“大門軍団”を支えたあのスーパーマシンをモデル化! 週刊『西部警察 MACHINE RS-1 ダイキャストギミックモデルをつくる』2021年2月3日(水)創刊

【公式サイト】https://www.hcj.jp/RS1/p

アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社は、1979年から放映された大人気アクションドラマ『西部警察』シリーズで活躍した大門軍団のスーパーマシン「RS-1」のギミック満載・ビッグスケールモデルを組み立てる、週刊『西部警察 MACHINE RS-1 ダイキャストギミックモデルをつくる』を2021年2月3日(水)に創刊します。

【現存する実車を徹底解析したリアルさ! 1/8スケールの精密モデルをあなたの手で再現】

『西部警察』の撮影で伝説のスーパーパトカーとして使用された「RS-1」は、今なお当時のままで保存されています。ベースカーは、日産自動車が1983年に発表した6代目スカイラインR30型(KDR30型)「ハードトップ2000ターボRS」。当時、スカイラインの最高出力である190ps(140kW)を叩きだし“史上最強のスカイライン”と称号を与えられました。まさに大門軍団に相応しいパワフルなマシンに視聴者も興奮。この貴重な車体を石原プロモーションおよび日産自動車の監修のもと細部にわたり徹底的に調査・解析して手がけた、1/8スケールの精密モデルが制作できるシリーズになっています。

【モデル制作初挑戦でも心配なし! 本格モデルなのに組み立ては簡単】

毎号付属のパーツを組み立てガイドに沿って組み立てるだけで、モデル制作初心者の方でも簡単につくることができます。毎週少しずつ組み立てると、なんと全長58cmのビッグスケール「マシン RS-1」が完成します。



【動く! 光る! 唸る! 心躍る多彩なギミックが満載】

可動、発光、サウンドなど、精巧無比なモデルの魅力をさらに倍増させるさまざまなギミックを搭載しました。各ギミックは専用のコントローラーで操作することができます。モデルを組み立てる楽しみだけではなく、完成後も存分にお楽しみいただけます。





【マシンファンも、ドラマファンも楽しめる充実のマガジン! 】
本シリーズで楽しめるのは、モデル制作だけではありません。多角的な記事でRS-1と『西部警察』の魅力を徹底紹介するマガジンもファン垂涎の魅力です。RS-1や作品のなかで活躍したスーパーマシン軍団を多くの写真で解説する「スーパーマシン・メカニクス」、番組の内容を振り返る「西部警察ストーリー」、制作秘話を知ることができる「スタッフインタビュー」など、モデル完成後には『西部警察』について得た豊富な知識も自慢できるのは間違いありません。

【商品概要】
■商品名   週刊『西部警察 MACHINE RS-1 ダイキャストギミックモデルをつくる』
■価 格   創刊号特別価格    299円(本体   272円+税)
       第2号以降通常価格 1,999円(本体 1,817円+税)
■発売日   2021年2月3日(水) ※地域によって発売日は異なります。
■販売場所  全国の書店・商品ウェブサイトで発売
■刊行頻度  週刊
■刊行号数  全100号
■判型    285mm×220mm
■商品サイト https://www.hcj.jp/RS1/p
■商品に関するお問い合わせ
 アシェット・コレクションズ・ジャパン(株)お客様サービスセンター 0120-073-661

【スーパーマシン 脅威のギミック】

●サウンド:アフターバーナー

エンジン音や排気音が鳴り響きます。アフターバーナーの爆音は、サウンドと発光も併用して炎が吹き上がるエフェクトまでもリアルに再現します。 





●ライト:パトランプ

パトカー最大のアピールポイントを点滅と回転、そしてサイレン音で徹底的に再現。もちろんヘッドライトやフォグランプなども点灯可能です。





●可動:2連装機銃










専用コントローラーのスイッチを押すと、ルーフから単装20ミリ機関砲2門が自動でせり上がります。機銃2門の銃口が断続的に発光すると同時に機銃発射音が鳴り響き、劇中の迫力シーンを再現。スイッチひとつで迫力のバトルシーンが甦ります。

【充実のマガジンコンテンツ】

●スーパーマシン・メカニクス
特写&秘蔵の写真でスーパーマシンを解説

RS-1の魅力と機能を、豊富な写真とともに徹底紹介します。
RS-1以外にもRS-2やRS-3、マシンX、スーパーZ、サファリ4WD、
ガゼールオープンなど『西部警察』で活躍したマシンも秘蔵ビジュ
アルで紹介していきます。




 

 

●西部警察ストーリー
刑事たちの熱き闘いの記録を振り返る

1979(昭和54)年10月から始まった『西部警察』。
その後、1982(昭和57)年『西部警察PART-II』、1983(昭和58)年
『西部警察PART-Ⅲ』の3シリーズで描かれた200話を超えるエピソードを
丁寧に紹介。





 

●スタッフインタビュー
『西部警察』制作陣が熱き時代を語る! 

RS-1、マシンX、スーパーZ、サファリZなどのスーパーマシンを世に送り出 した生みの親・福田正健氏をはじめ『西部警察』の制作にかかわったスタッフにインタビューを敢行。当時の貴重な記憶を披露します。





 

●フォトギャラリー
大門軍団の勇姿をアーカイブ

“団長”こと大門圭介(渡哲也)、”グレさん”こと木暮謙三(石原裕次郎)、
”タツ”こと巽総太郎や”ハト”こと鳩村英次(どちらも舘ひろし)らの作中写
真を掲載。作品世界に没入できること間違いなし!





 

●日産名車列伝
技術の日産が誇る名車をガイド

RS-1のベースカー・スカイラインHT2000 ターボRS 1983年式をはじめ、
歴代のスカイラインシリーズやフェアレディZ、シルビア、ブルーバードな
ど日産が生み出した数々の名車を貴重なエピソードを交えて詳しく解説。






 

●組み立てガイド
3DCGと写真で組み立て方法を丁寧に図説

毎号に付属するRS-1の各部パーツの組み立て方を詳細に解説。3DCGと写真
による組み立て工程を掲載。模型の組み立てが初めての方でも、簡単かつ確
実に完成への道を歩むことができます。






【特典も豪華! お得な定期購読! 】

《特典1》

●特製パーツボックス
毎号組み立てたパーツや取り置きパーツを保管できる特製の収納ボックス
●マグカップ

カップに温かい飲み物を注ぐと絵柄が浮かび上がるユニークなマグカップ。





 


《特典2》
●キーホルダー
『西部警察』のロゴがキーホルダーになって登場。
●スペックプレート
RS-1の性能を金属プレートに刻んだオリジナル銘板。
あなたのお名前も刻印!

 

《さらに!》

4号以降で毎号250円(税込)を追加する「プレミアム定期購読」をお申し込みいただいた方に「オリジナルディスプレイケース」を最終号と同時期にお届け!
※定期購読特典は、デザインや内容が変更される可能性がございます。


【アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社】
当社は、フランスの出版社 アシェット・リーブルの子会社です。1826年に創立されたアシェット・リーブルは、一般書籍部門で世界第3位に位置し、2018年には22.52億ユーロ(約2,728億円)の売上実績をあげました。その世界的出版社が日本に進出したのは2003年3月。子どもから大人まで幅広い年代に愛される様々な趣味の世界を楽しみながら体験できるテーマ別のパートワーク(分冊百科)誌を販売しています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社 >
  3. ファン待望の“大門軍団”を支えたあのスーパーマシンをモデル化! 週刊『西部警察 MACHINE RS-1 ダイキャストギミックモデルをつくる』2021年2月3日(水)創刊