AIソリューション「AMY」を開発するAutomagi、 荷姿のサイズを簡単に測定できる技術を発表

~運輸・倉庫管理の業務効率化で「スマート物流サービス」実現を推進~

企業の様々な課題を解決するためのAI(人工知能)ソリューション「AMY(エイミー)」を開発・提供するAutomagi株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:櫻井 将彦、以下、Automagi)は、2019年12月に内閣府の「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)第2期スマート物流サービス」に採択されたプロジェクトにおいて、荷姿のサイズを簡単に測定できる技術を一部開発したことをお知らせ致します。
◾️開発中の技術について
 Automagiは昨年12月より、スマート物流を支援するスマホAIアプリケーション基盤技術をテーマに「物流・小売業界の人手不足」、「ニーズの多様化とそれに伴う効率性の低下」を映像処理AI技術にて解決すべく、研究開発に取り組んでいます。
 今回発表する技術は、当プロジェクトにおいて物流作業で自動化・省力化が期待される荷姿のサイズ測定を画像認識を通じて実現するものです。AI(ディープラーニング)と端末側のAR技術を活用し、スマートフォンやタブレット端末で荷物を撮影するだけで対象物の輪郭を自動的に取得します。現在は直方体の定型荷物に限って90%以上の精度で測定を実現しています。

                  開発中の操作イメージ画像


◾️具体的な活用シーン
次のような活用シーンを想定して開発を進めています。
• トラックドライバーの方の料金特定
• コンビニでの宅配収集
• 倉庫管理のためのマスタデータ作成
など
 

                開発中の三辺計測アプリイメージ動画


◾️今後の展望
 将来的には非定型の荷物にも対象を広げて荷物の3辺の長さを検出できることを目指します。Automagiでは2021年にかけてスマート物流を支援する基盤技術研究及びアプリケーションの開発を進め、物流業界の課題ひいては社会課題の解決とさらなる発展へ貢献してまいります。

参考:
1. 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」採択に関するプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000066.000012535.html
2. 「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)第2期スマート物流サービス」についてhttps://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/sip/iinkai2/buturyu.html
内閣府ホームページ「スマート物流サービス」推進委員会

<AI製品や導入事例、セミナーについてはこちら>
画像/映像分析AIソリューション「AMY INSIGHT(エイミー インサイト)」
https://www.amy-ai.com/insight/

<本サービスに関するお問い合わせ>
Automagi株式会社 AIビジネス部 和田
TEL :03-5333-6131
E-mail:pr@automagi.jp
URL :http://www.automagi.jp/
製品ページ:https://www.amy-ai.com/insight/

<Automagi 株式会社について>
Automagi株式会社は、通信キャリア向けの大規模ユーザシステムや、人工知能技術を活用した通信インフラ企業・建設不動産企業・物流企業などへのサービスの提供などを担当し実績としています。これら自社開発ノウハウを活かし、AI(人工知能)やIoTのソリューションの開発・提供をしています。

<会社概要>
会社名:Automagi 株式会社
設立:2010年6月4日
本社:〒163-1428 東京都新宿区西新宿3丁目20-2 東京オペラシティータワー28階
資本金 :545百万円
代表取締役社長:櫻井 将彦
従業員数:77名
事業内容:
・人工知能/データ解析分野でのソリューション提供/システム開発
・通信キャリア/大企業向けの大規模/高信頼性システムの開発・運用
・企業の新規事業/サービスの開発支援コンサルティングサービス
・IoT/位置情報関連サービスのソリューション提供/システム開発
・海外技術企業の日本市場開拓サポート
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Automagi >
  3. AIソリューション「AMY」を開発するAutomagi、 荷姿のサイズを簡単に測定できる技術を発表