搬送ロボ「Relay(リレイ)」とモバイルオーダーサービス「O:der(オーダー)」を活用したデリバリーサービス導入に向け、オフィスビルでのデリバリー実証実験を神谷町で実施

森トラスト株式会社(本社:東京都港区 社長:伊達 美和子)は、城山トラストタワー1階『Café & Deli GGCo(ジージーコー).』(港区虎ノ門)にて、Savioke(サビオーク) Inc.が開発した搬送ロボット「Relay」と株式会社Showcase Gig(ショーケース・ギグ)が手がけるモバイルオーダーサービス「O:der」を活用した、オフィスビル内でのデリバリーとしては国内初となる実証実験を2019年1月7日より開始しますので、お知らせいたします。
また、実験開始に先立ち、神谷町のエリアイベント『TOKYO God Valley WEEK - Kamiyacho 2018 Winter -』(2018年12月13日~15日)内にて、デモイベントを開催します。

 

本実証実験は、搬送ロボット「Relay」とモバイルオーダーサービス「O:der」を組み合わせることにより、注文者はオフィスや1階カフェ周辺のテーブルにいながら、スマートフォンアプリからカフェメニュー(一部メニューのみ)を注文・決済するだけで、ロボットが1階のカフェから目的地まで商品を搬送して受け取ることができる、デリバリーサービスを提供する実験です。
本実証実験を通じて、高層ビルにおけるデリバリーサービスのニーズや、利用者の満足度、店舗の運営効率や事業性などを検証します。

 「Relay」は、米国のシリコンバレーに拠点を置くサービスロボットの企画・開発等を手がけるスタートアップ企業Savioke Inc.が開発を手がける自律走行型搬送ロボットで、センサーマッピングによる自走や、エレベーターを使用した階移動※などが可能です。当社は、2018年9月に同社への出資も行っております。「O:der」は、ソリューション・プラットフォームサービス事業を行っているShowcase Gigが自社開発したモバイルオーダーシステムで、自身のスマートフォンアプリから来店前の事前注文・事前決済を可能にし、スムーズな商品提供が可能です。
※Relay(Savioke Inc.  販売:株式会社マクニカ) との連携に当たっては、株式会社マクニカがエレベーターシステム等の設備とのインテグレーションを担当。

【実証実験 概要】
■実施期間
2019年1月7日(月)~2019年6月(予定)

■実施店舗
城山トラストタワー1階『Café & Deli GGCo.』(東京都港区虎ノ門4丁目3番1号)
※当面の間は一部ドリンクメニューのみの対応。

■利用方法
注文者が「O:der」アプリを使用して注文・決済を実行することで、商品が格納された「Relay」が自走して、店舗から注文者のオフィス入口、または店舗周辺の座席(一部)まで商品を搬送。到着通知が来た注文者は、待機している「Relay」の画面にパスワードを入力して商品を受け取ることができる。

■検証内容
・高層ビルにおけるロボットデリバリーサービスのニーズ・事業性
・ロボットデリバリーサービスによるビル利用者の利便性・満足度
・ロボットデリバリーサービス採用による店舗の運営効率

■スケジュール
・2018年12月13日(木)~15日(土)
デモイベント(1階での搬送のみ)
・2019年1月7日(月)
1階カフェ周辺の一部座席、およびビル高層階へのロボットデリバリー運用開始(順次拡大)
・2019年6月末
実証実験終了
 

『Café & Deli GGCo.』Relayデザイン『Café & Deli GGCo.』Relayデザイン



URL:https://www.mori-trust.co.jp/pressrelease/2018/20181211.pdf

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 森トラスト株式会社 >
  3. 搬送ロボ「Relay(リレイ)」とモバイルオーダーサービス「O:der(オーダー)」を活用したデリバリーサービス導入に向け、オフィスビルでのデリバリー実証実験を神谷町で実施