「みんなに知ってほしい男性乳がんのこと」啓発リーフレット 製作!

 この度、認定NPO法人キャンサーネットジャパン(以下CNJ)は、男性乳がんの正しい情報をお伝えすることを目的として、公益財団法人正力厚生会ご支援のもと、啓発のための三つ折りリーフレット「みんなに知ってほしい男性乳がんのこと」を作成しました。
 女性ならではの病気と表現されることが多い乳がんですが、罹患者数は少ないものの実は男性も乳がんに罹患するということは、一般的にはあまり知られていません。「乳がんは女性の病気」という一般的な理解から、症状に気づかず医療機関への受診が遅れることや、罹患後も周囲に言いづらく理解が得にくいという患者さんの声も少なくありません。“男性でも乳がんになることはある”ということを、まずは一人でも多くの方に知っていただくことが大切であると感じ、本啓発リーフレットを作成した次第です。

啓発リーフレット「みんなに知ってほしい男性乳がんのこと」は、NTT東日本関東病院 乳腺外科部長 沢田晃暢先生 監修のもと、男性が乳がんになることについて知ってほしい5つのテーマをQ&A方式でご紹介します。CNJ主催で2018年から開催している「男性乳がんの会メンズBC」参加者の皆様にもご協力いただき、“患者さんの声”も掲載しております。

★本啓発三つ折りリーフレットは、CNJ のWEBサイトから無料でダウンロードが可能です。
https://www.cancernet.jp/cancer/breast

★リーフレット製作と合わせて開催する“オンライン啓発セミナー みんなに知ってほしい男性乳がんのこと”は、7月10日(土)14:00開催です。
https://cnj-210710.peatix.com (事前申込制)

 一人でも多くの方に「男性でも乳がんになる」ということを知っていただけるよう、本リーフレットとセミナーについて、周知へのご協力をいただけましたら幸いです。
 

【認定NPO法人キャンサーネットジャパン(CNJ)】
1991年発足。がん患者が本人の意思に基づき治療に臨むことができるように科学的根拠に基づく情報発信を行うことをミッションとして活動。2001年にNPO法人化。2007年1月に専用事務局を開設し、現在は東京と大阪を拠点に全国で活動を行っている。2016年8月認定NPO法人となり、現在主たる活動は、各種がんについての啓発イベント、養成講座や認定試験など教育事業等を実施。これらの活動を通して、がんと向き合う人々が自分らしくがんと向き合える社会を実現することを目指している。希少がんも含め、あらゆるがんに関する最新医療情報発信のため、2014年より毎年開催しているジャパンキャンサーフォーラムは、がん患者・家族のみならず一般市民を対象とした最大級のがん啓発イベントとなっている。
 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人 キャンサーネットジャパン >
  3. 「みんなに知ってほしい男性乳がんのこと」啓発リーフレット 製作!