現場のお悩み解決!不具合対策バイブルを11年ぶりに刷新 書籍『プレス加工のトラブル対策 第4版』発売

株式会社日刊工業新聞社
2021年1月22日

PRESS RELEASE
書籍『プレス加工のトラブル対策 第4版』発売
2021年1月22日
株式会社日刊工業新聞社

日刊工業新聞社(代表取締役社長:井水治博 本社:東京都中央区)は、書籍『プレス加工のトラブル対策 第4版』を発売しました。
 

プレス加工のトラブル対策 第4版プレス加工のトラブル対策 第4版

 
  • 量産が得意なプレス技術を生かす道はどこ?
近年のプレス加工は、需要先の産業構造や業界動向、加工製品のレベルや要求内容、機械設備ほか工法など、取り巻く環境が一変しました。それに伴い、加工時のトラブル対策は個々の内容変化のみならず、対応方法自体が大きく変わってきたのです。
ここへ来て、現場での個人による対応から、いかに企業・工程単位で仕組みとして対策するかが問われています。
 
  • トラブル対策のノウハウを貯めて活用
個人で保有してきたトラブル対策術を共通・共有・管理し高度化することで、全社での課題解決力レベルアップと再発防止を図ることができます。また、トラブル対策の結果を設計基準や選択基準、作業標準などに組み込み、業務を進める事前段階からのアプローチも有用です。
本書は、「トラブル回避の勘どころがまるごとわかる!」と30年超読み継がれてきたロングセラーを、11年ぶりに改訂しました。
 

P118-119P118-119

 
  • 変えるべきは変え、守るべきは守る
今後のトラブル対策は、変えなければいけない部分は大胆に変え、変えてはいけない部分は大事に守る必要があります。
調査に基づく原因追究と分析による事実の確認、原理・原則など理論との整合性や再現性を重視するのは今後も変わりません。「生産開始後の改善により徐々に良くする」方法から、「開始前の準備をしっかり行い、その後は改善を必要としない」方法に変えることにより成果が大きく変わるのです。その勘どころをやさしく伝えます。
 
  • 目次
第1章 トラブル対策の基本的な考え方と進め方
第2章 プレス加工固有の特徴とその対応
第3章 プレス作業と設備の保守整備
第4章 抜き加工のトラブル対策
第5章 曲げ加工のトラブル対策
第6章 成形加工のトラブル対策
第7章 絞り加工のトラブル対策
第8章 圧縮加工のトラブル対策
 
  • 書籍情報
定価:(本体3,000円+税)
仕様:A5判、並製、272頁
ISBN:978-4-526-08105-7
発行:日刊工業新聞社
発行日:2021年1月22日
 
  • 著者紹介
𠮷田 弘美(よしだ ひろみ)
𠮷田技術士研究所 所長
1939年東京都生まれ。松原工業、アマダを経て1979年𠮷田技術士研究所を設立。現在に至る。厚生労働省職業能力開発局専門調査委員その他の公職を兼務。

山口 文雄(やまぐち ふみお)
山口設計事務所 所長
1946年埼玉県生まれ。松原工業、型研精工を経て1982年山口設計事務所を設立。現在に至る。高度ポリテクセンター講師などを兼務。この間、日本金属プレス工業協会「金型設計標準化委員会」「金型製作標準化委員会」などの委員を歴任する。


【問い合わせ】
日刊工業新聞社
書籍編集部  03(5644)7490
販売・管理部 03(5644)7410

日刊工業新聞社オフィシャルサイト「Nikkan Book Store」
https://pub.nikkan.co.jp/books/detail/00003551
Amazon 商品ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4526081051
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日刊工業新聞社 >
  3. 現場のお悩み解決!不具合対策バイブルを11年ぶりに刷新 書籍『プレス加工のトラブル対策 第4版』発売