手塚プロダクション公式NFT原稿アート「火の鳥」「ブラック・ジャック」を1月24日から販売開始!

コロナ禍で苦しむ世界の子供たちのためのチャリティーの取り組みも!

double jump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸、以下「double jump.tokyo」)は、double jump.tokyoのNFT事業支援サービス「NFTPLUS」を通じて、株式会社手塚プロダクション(本社:東京都新宿区、代表取締役:松谷孝征、以下「手塚プロ」)初の公式NFTプロジェクト「From the Fragments of Tezuka Osamu(手塚治虫のかけらたちより)」( https://tezuka-art.nftplus.io )において、シリーズ第2弾「火の鳥」とシリーズ第3弾「ブラック・ジャック」のデジタルアートNFTの販売を2022年1月24日から開始することをお知らせいたします。

■プロジェクト概要
手塚プロダクション初の公式NFTプロジェクト「 From the Fragments of Tezuka Osamu(手塚治虫のかけらたちより)」は、手塚治虫が生涯に描いた膨大な漫画原稿を惜しみなく使用したデジタルアートNFTシリーズです。
本プロジェクトでは、手塚治虫の代表作品を題材に、「ジェネレーティブアートNFT」「モザイクアートNFT」の2形態でデジタルアートNFT作品を展開いたします。

2021年12月にシリーズ第1弾「鉄腕アトム」が販売され、ジェネレーティブアートNFTでは、1点0.08ETH(約35,000円)の作品1,000点が販売開始からわずか1時間で完売いたしました。
また、モザイクアートNFTのオークションでは、日本発のアートNFTの1点の落札価格として過去最高額となる120ETH(約5,300万円)で落札されました。

今回、シリーズ第2弾「火の鳥」、第3弾「ブラック・ジャック」を、2022年1月24日より販売いたします。(現時点では以降のシリーズ予定はございません)

■チャリティーの取り組み
手塚プロダクションは、本プロジェクトのデジタルアートNFT(モザイクアート・ジェネレーティブアート双方)の純売り上げを、ユニセフ、および日本の子供のための組織に各10%(合計20%)寄付することを決定しております。

■ジェネレーティブアートNFT
ジェネレーティブアートNFTは、モザイクアートNFTで使用した画像素材をもとにランダム生成されたアート作品です。

・販売形式:定額販売
・販売場所:公式サイト ( https://tezuka-art.nftplus.io )
・販売期間(日本時間):
「火の鳥」        2022年1月24日12:00から2022年1月30日12:00まで
「ブラック・ジャック」    2022年1月25日12:00から2022年1月31日12:00まで
・販売数:「火の鳥」「ブラック・ジャック」各1000点
・販売価格:0.08ETH

■モザイクアートNFT

・販売形式:イングリッシュオークション
・オークションサイト:OpenSea
https://opensea.io/collection/from-the-fragments-of-tezuka-osamu-mosaic-art
・オークション期間(日本時間):2022年1月27日12:00 から 2022年1月29日12:00(48時間)
(ただし終了前10分以降に新たな入札があった場合さらに10分時間延長)
・販売数:「火の鳥」「ブラック・ジャック」各1点
・オークション開始価格:10ETH

 

<背景>
作品の背景には、手塚治虫作品の色彩豊かなカラー原画840枚を配置。 うち8枚は大きめのサイズで各作品固有のカラー扉絵を使用。 ヒーローものをはじめ、心温まる短編、シリアスな青年漫画、妖艶な美女に至るまで、手塚治虫が生み出した多様なキャラクターや作品を一望できます。

 

<キャラクター>
モチーフキャラクターには、各作品の4000枚以上の白黒漫画原稿を4万点以上の断片にカットし、モザイク素材として配置しています。 キャラクターの色合いは、手塚治虫漫画が実際に連載されていた当時のコミック誌で使用されていたカラーせんか紙やカラーインクの色合いのものです。

■コピーライト表記
© 2021 Tezuka Productions, All Rights Reserved.Produced by double jump.tokyo Inc.

■NFT
Non Fungible Tokenの略であり、 代替不可能なトークンのことです。 イーサリアムのERC721規格等で発行されるブロックチェーン上のトークンですが、 暗号資産(仮想通貨)ではありません。ブロックチェーン技術で生成したトークンをデジタルデータに活用することで、本物のデータであることを証明することができ、データの所有者は自由に譲渡を行うことができます。

■株式会社手塚プロダクション

手塚プロダクションは手塚治虫作品、思想、業績の普及により、世界の子どもたちの健全な育成とその環境づくりに貢献し、地域社会から海外を含む人々との相互理解による世界平和の実現に努力します。
会社名:株式会社手塚プロダクション
所在地:東京都新宿区高田馬場4丁目32−11
代表者:代表取締役 松谷孝征
事業内容:『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』『ブラック・ジャック』など、手塚治虫の創作した著作物の版権を管理する。
ホームヘージ: https://tezuka.co.jp/ 

■double jump.tokyo株式会社


NFT・ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、2018年4月3日に設立。「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」などのブロックチェーンゲームの開発や、大手コンテンツホルダー向けにNFTの発行販売やゲーム、メタバース連携を支援するNFT事業支援サービス「NFTPLUS」の提供を行っております。
会社名:double jump.tokyo株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿4-34-7
代表者:代表取締役 上野広伸
事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲーム及びアセットの開発・運営・販売
ホームページ:https://www.doublejump.tokyo/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. double jump.tokyo >
  3. 手塚プロダクション公式NFT原稿アート「火の鳥」「ブラック・ジャック」を1月24日から販売開始!