大手前大学 建築&芸術学部 映像・アニメーション専攻 西宮市消防局と連携し火災予防を啓蒙する映像を制作

11月9日(火)~15日(月)まで阪急西宮ガーデンズのデジタルサイネージにて上映

 大手前大学(本部:大阪市中央区、理事長:福井要、学長:鳥越皓之、以下「本学」) は、西宮市消防局と連携し、建築&芸術学部映像・アニメーション専攻の学生が火災予防を啓蒙する映像を制作いたしました。制作した映像は、11月9日(火)~15日(月)まで阪急西宮ガーデンズのデジタルサイネージにて上映いたします。

■本取り組みの経緯
 西宮市は「大学のまち西宮」として、豊かな地域社会の構築に取り組むために、市内大学との連携をより緊密にしたまちづくりを進めることができるよう、2014(平成26)年4月に市内のすべての大学との間で包括連携協定を締結し、本学も締結いたしました。また、2020年度からは西宮市消防局との連携を開始。本学がおこなうPBL+SDL学修(※)の一環として、火災予防を啓蒙する映像作品制作の依頼を受けました。
 2021年7月よりスタートした本プロジェクトは、西宮市消防局からの「火災予防を推進するため、市民目線での教材を作成する必要がある」との提案に応える形で制作することとなりました。

■映像制作について
 今西 啓介教授・和田 淳准教授の指導のもと、建築&芸術学部 映像・アニメーション専攻の合同ゼミ所属の3年生15名が7チームに分かれて、30秒の映像作品の制作を開始しました。西宮市消防局からは「住宅における火災予防/住宅における火災が発生した場合の被害軽減のための広報」として、5つのテーマをいただいており、その中からチームごとに1つテーマを選択する形で制作を進行。教員からは企画書やプレゼンテーション、絵コンテやイメージボードといった各工程の進行指導があったほか、西宮市消防局からのフィードバックに対し、制作者と依頼者両方の視点をふまえての動画制作に関する更なるアドバイスがあり、学生たちの作品がブラッシュアップされていきました。

■今後のスケジュール
 7チームの映像作品のうち、2チームの作品が阪急西宮ガーデンズのデジタルサイネージで上映されるほか、大手前大学のYouTubeチャンネル【大手前チャンネル】でもご覧頂くことができます。

 また、今後は西宮市消防局WEBサイトにて制作した全作品を公開する予定となっており、西宮市消防局での広報活動や市民(児童・生徒)向けの防災教室などでも幅広くご活用いただきます。

 本学の建築&芸術学部 映像・アニメーション専攻では、映像メディアを読み解く「想像力」と、知識を作品に反映する「創造力」を持った感性豊かな人材を養成しています。本学は今後も、実践的な活動の機会創出、周辺地域の企業・大学との連携を行ってまいります。


※ PBL+SDL学修とは?
 PBL(Problem Based Learning)学修は問題解決型学修、SDL(Self. Directed Learning)学修は自己主導型学修であり、教員の講義を「聞く」ことが中心となる授業ではなく、学生が相互に発表やディスカッションすることを通じて学び合う学修方法です。本学では、その2つを掛け合わせて「PBL+SDL学修」を提供しています。学生が問題点・疑問点を見つけ、自ら調べて分析・考察を行い、レポートやプレゼンテーションの資料に自分なりの考えをまとめ、発表・ディスカッションを展開するため、より主体的に学ぶことができます。この学修を通じて、学生はプレゼンテーション力、コミュニケーション力、チームワーク力、リーダーシップ力、行動力などの行動基盤能力を養うことができます。

■実施概要
日程:2021年11月9日(火)~11月15日(月)
場所:阪急西宮ガーデンズ
放映作品:
テーマ 『注意!!IHコンロでも火事は起きる!』 
制作 新津友信、笹田侑太郎、土井陸冶、山下佳寛
URL https://www.youtube.com/watch?v=6RNhSpaUEks

テーマ 『住宅用火災警報器の設置・点検を心がけましょう!』
制作 内本朱香、向井綾望
URL https://www.youtube.com/watch?v=pfTCnV4tPU4

■学生 コメント(新津 友信さん)
IHコンロでの火災危険を注意喚起する映像を制作しました。どんな人にも見てもらえるようなデザインにしました。
火の燃え方にも注目してください!

■大手前大学 建築&芸術学部について
 建築&芸術学部には、建築コース(建築専攻、インテリアデザイン専攻)、芸術コース(デザイン・造形美術専攻、マンガ制作専攻、映像・アニメーション専攻、映画・演劇専攻)、メディアコース(メディアコミュニケーション専攻)があります。
 本学部はモノづくりに関する多様な学びが揃っており、それらを興味に合わせて横断的に学び刺激を受けることで、独自のセンスを確立することができます。卒業後に、即戦力として活躍できる力をつけるため、文理の出身を問わず基礎教育を徹底。4年間で丁寧にクリエイティブな力を養っていきます。
 授業では、地域の行政機関や企業と連携して「空き家再生」「プロジェクションマッピング」といった実践プロジェクトも多く準備されているため、学内で学んだ基礎力を活かした応用力も培われます。

 

 

【大手前大学】
学長              :鳥越皓之
設立年度       :1966年
キャンパス   :さくら夙川キャンパス、大阪大手前キャンパス
学部(学科)    :総合文化学部※1(総合文化学科) 、現代社会学部 (現代社会学科) 、
                      建築&芸術学部(建築&芸術学科)、健康栄養学部 (管理栄養学科)
                      国際看護学部 (看護学科)
                      ※1・・・2022年4月、「総合文化学部」は「国際日本学部」に学部名称変更
通信教育課程:現代社会学部 (現代社会学科)
大学院      :比較文化研究科
学生数           :5504人(2021年5月1日現在)
大学HP          :https://www.otemae.ac.jp/
受験生サイト:https://www.otemae.ac.jp/examinee/index.html
Twitter           :https://twitter.com/otemae_univ
Instagram     :https://www.instagram.com/otemae_univ/
Facebook   :https://www.facebook.com/otemaeUniv
LINE @         :https://page.line.me/bec6240f

2023年4月 経営学部(設置届出予定)
特設サイト: https://www.otemae.ac.jp/special/business/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大手前大学 >
  3. 大手前大学 建築&芸術学部 映像・アニメーション専攻 西宮市消防局と連携し火災予防を啓蒙する映像を制作